【SHIMANO18Bantam(バンタム)MGL】 コアソリッドボディーにシマノの本気を推察してみる

先日JB TOP50プロの黒田健史さんがご自身のブログSNSで画像をリークされたシマノ・バンタムMGLの塗装組立前の画像から、噂の剛性感と使い勝手を勝手に想像してみます!

 

今回の記事中の画像は黒田健史プロのfacebookからお借りしました。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

シマノ・バンタムMGLとは

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

自分も情報が少なくてこれまで書いてなかったのですが、上にも書いた通り黒田健史プロのSNSでSHIMANOさんの本気を感じ取り、重い腰を上げたという感じです(笑。

 

言ってみればSHIMANO公認で、個人ブロガーが画像を使ってSHIMANOリールの情報拡散する事を容認しているという事かと(笑。

 

そんな本気SHIMANOのリアルガチな2017NEWリール、シマノ・バンタムMGL。聞くところによるとギヤ比はローギヤからエクストラハイギヤまで4種類(左右ハンドルアリ)をラインナップとの事。

 

SHIMANO-Bantam-MGL-3

画像は黒田健史プロのfacebookからお借りしてます。

 

個人的にはボディーサイズがそのままに、ギヤ比が違うモデルで揃えるのは理想的とも言えます。

 

実際に使ってみないと性能のほどはわかりませんが、これだけ話題になってると言う事は、みなさんそれだけリールの剛性やコストパフォーマンスに興味があるという事ではないでしょうか。

 

細かいスペック表をサブイズムさんが作成してますので、気になる方はそちらをご覧ください。

チェックシマノ「バンタムMGL」が2018年2月遂に降臨!これでBantam(バンタム)シリーズも完成か!?(゚∀゚)

 

スポンサーリンク

コアソリッドボディー

 

塗装前の無垢の状態の画像を公開されたので、ありがたく拝借させてもらいます。

これが実際にはどんなカラーに塗装されるのかも楽しみな部分ですね。

SHIMANO-Bantam-MGL

一体整形という事で細かい装飾等は無いようです。塗装前の無垢の状態という事ですが、金属的な配合がどうなってるのかも気になるところ。

アルミと言ってもその種類は沢山あり、今回のバンタムMGLの素材が何で出来てるのかはまったく分かりません。

あくまでも想像の粋ですが、表面の黒光りを見る限りチタン・コバルト系の含有量が多いのではないかと推測してます。一体成型の方法にもよりますが、粉末状の素材を結晶させて成型したのか、溶かした素材を型に流し込んだのか。

ただ、バス用ベイトリールの生産量からして、溶かして型に流し込む方法は考えにくいです(笑。精度も出ないですしね。ここは粉末を結晶させたのだと思います。その方が素材の堅さも出せますしね。

SHIMANO-Bantam-MGL-1

サイドプレート方式を無くして、ハッチ式を採用してますね。旧カルコンや07メタニウムにも採用されてる方式。ただし外部プレートまで廃止したのは英断かも。これは剛性あるに決まってるw。

微妙にわかりませんが、サイドハッチはジュラルミンの削り出しでしょうか。ココが樹脂でも剛性に影響少なそうですが、でも拘ってアルミ切削という事みたいです。コストかけてますね。

SHIMANO-Bantam-MGL-2

リールは小さい方が剛性を出しやすいと言う事ですから、今回のモデルもかなりコンパクトなのでしょうか。噂ではメタニウム系より小さいとか。

メインギヤ側のオフセット具合から見てもコンパクトな事が予想されます。実機を見るのが楽しみですね。

リールフットはどうか

 

ここまで剛性を重視した作りですが、問題のリールフットがどうなってるのかハッキリ確認できません(笑。

 

剛性に徹底的に拘るならリールフットもセパレートではなく、一本足になってると凄いと思うのですが、果たして。

 

画像を見る限りセパレートの可能性が高そう。

 

でも09アルデバランのように、太さが変わって繋がってる可能性もありますから、現時点では何とも言えないですけど。

 

SHIMANO09ALDEBALAN

SHIMANO【09アルデバラン】があったので使えるようにしてみた

2017.02.04

 

さいごに

 

リールカスタムパーツ製造屋目線で見る限り、このリールの剛性感はここ十年で一番ではないかと推測します。

 

ただ、見た目的にはかなりシンプルというか、まさに無骨(笑。

 

剛性感とキャスタビリティーの両立を狙ったガチのシリアスモデルなんだと思います。

 

それだけに今後カスタムパーツ、ドレスアップパーツの組み合わせは楽しみが膨らみますね。

 

特にカスタムスプールは需要があるのではないかと推測します。ライン巻き量を見ても、ベイトフィネス寄りではないだけに、浅溝中溝のスプールが求められてくるのではないかと。

 

定価から推測する実売価格(2万円後半くらい?)からしても、相当に玉数が出る事が予想されますので、それだけカスタムにも広がりを見せるのではないかと期待してます。

 

カスタムパーツ業界から見ても、SHIMANOバンタムMGLが楽しみで仕方がありません!

 

では。

 

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★