【カケヅカドットコム】2017年で読まれた記事ベスト5を上げておく

正直今年は浮き沈みが激しく、年末恒例のランキング形式ネタはやりたくないのですが、それでもいつも読んでくれる読者の方への感謝の意味で一応書いておこうと思います。

 

kakedzuka.comの中で2017年に最も読まれた記事ベスト5を紹介します。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

はじめに

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

2017年9月でブログを書き始めて丸2年が経ちました。今期はブログ的には本当に苦しい一年だったように思います。

 

2017年の初め頃まではアクセス数が前月を越えない事は一度もなかったのに、今期は書いても書いてもジワジワと下がり続けると言う、真綿で首を絞められるような仕打ち(ぐーごー先生からのねw)。

 

まあ自分の認識不足や勉強不足で色々やらかしてた事がわかったんですけど(苦笑。

 

それについてはブログ仲間に教えてもらったり、自力で色々調べたりして大きな山は越えたように感じてます。

 

でも一番はいつも読んでくれる読者の方がいたから苦しい時も書き続けられました。

 

本当にありがとうございます。

 

この先も読んでくれる読者の方を向いて書いていきたいと思います。

 

でも落ちたPVを取り戻すために本意ではない記事も書くかもしれません。そのあたりはどうぞナマ暖かい目で見てやってくださいね(笑。

 

それでは行ってみましょう!

 

第5位:左ハンドルか右ハンドルか? 超基本的はベイトリールのハンドル考察

 

まずは5位の記事からですが、特に変わったタイトルではないように思いますよね?

 

しかしながら、これって多くのゴミ記事に埋もれていたものを大幅リライトとタイトル変更で生き返らせた奇跡の記事なんですよね(笑。

 

確か最初は「ベイトリール」というワードをタイトルに入れてなかったんですよね。なので検索にまったく引っかからずw、何か外車のハンドルと同じ枠に見られてたみたいで(笑。

 

自分としては結構頑張って書いた内容だったので、もっと多くの人に読んでもらいたいという思いでリライトしたのが良かったんでしょうか。

 

内容は普通に濃いと思います(笑。

 

第4位:【Daiwa ZILLION(ジリオン) SV TWの分解】 カラーパーツを作るための工程

 

こちらもリライトを繰り返してる記事ですね。まあ内容が分解手順を解説したものですから、結構ロングテールっぽく読み続けてもらってます。

 

分解手順を解説した記事は他にもあるのですが、これがダントツに読まれてます。

 

やはりジリオンSVTWという人気のリールだからでしょうね。

 

 

最初に書いたのが2016年の3月ですから、ジリオンが発売されてすぐだったんですよ。

 

これは現在も「ジリオン 分解」で検索1位になってます。

 

でもこの記事を一番頼りにしてるのは他でもない自分自身だったりするんですけどね(爆。

 

第3位:Daiwa【STEEZ(スティーズ) A TW】 フルメタルボディーで堅牢なのに4万円台の価格

 

続いて年間3位は今でも人気のDaiwaスティーズA TWを書いた記事。でもちょっと罪悪感があります(汗っ。

 

 

このリールに関しては使った事が無いんです。ジャパンフィッシングショー2017で触っただけなんですよね。

 

その後HEDGEHOG STUDIOに借りようと思っても、スタッフの誰かや関係者の方が使っていて、自分が借りる事が出来なかったんです。

 

それだけ注目度の高いリールだった訳ですが、なおさら買ってもいない使ってもいない記事が上位に来るのは申し訳ない気持ちがありますね。

 

でもまあ、今後機会があるでしょうから、ちゃんと使ってみて感想を書こうと思ってます。

 

それも超いまさらですけどね(苦笑。

 

第2位:ダイワ【17タトゥーラSV TW】の両サイドカップは樹脂製だった

 

自分的には絶対に1位だと思っていたDaiwa TATULA SV TW 8.1Lに関する記事。

 

 

自分でも購入して、気に入ってソッコーで二台目も購入するという溺愛ぶり。

 

もちろん分解もして、それも記事にしてますし、現在もフリッピングのメインリールとして今年最も魚を釣っているリールになりました。

 

自信をもって色々と記事を書かせてもらいましたが、まさかの2位とは(苦笑。

 

ではいったい1位になったのはどんな記事だったのでしょうか…!?

 

第1位:【ベイトフィネススプール】に最適なラインはPEラインという超いまさらな話

 

ある意味自分的にもっとも嬉しい結果となった今回の1位記事。

 

他のブロガーさんの記事を見ても、大体その当時の話題のリールが上位に来るものですが、自分の場合は何故かベイトフィネス×PEラインという題材が1位でした(笑。

 

いやまあ、これってブログあるあるで、自分としてはそこまで力を入れて書いた訳でもない、その場のノリみたいな感じで軽く書いた記事が良く読まれるという。

 

タイトルを見てもらうとわかる通り、自分でも超いまさらだと思ってた訳ですから(苦笑。

 

でもこういうシンプルでわかりやすい内容の記事が沢山読んでもらえたのは素直にうれしいです。

 

意外と文字数は多いのですが(約3600文字)、結構短時間であっさり書き上げた記事だったのを覚えてます。

 

さいごに

 

毎日記事を更新していると、どの記事がバズる(短時間で一気に拡散する)のか自分でも読めない時があります。

 

予期せず沢山読んでもらった時は、嬉しい誤算で素直に喜んでるのですが、その逆で、頑張って書いた記事がまったく読まれないと結構メンタルがキツいです(笑。

 

でも読むのは自分ではなく読者の方ですから、そこは書き手にとって操作できるものではないんですよね。

 

そして嬉しい誤算があるのも、日々書き続けてるからだと思うので、これからも基本的に毎日書き続けようと思います。

 

それでは一年間お世話になりました。

 

2018年もkakedzuka.comをどうぞ宜しくお願いします。

 

2017年12月31日 欠塚実

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表