今日の削りもの

年末年始に向けてリールメンテナンス専用ツールのリピート品作りに追われてます。

 

今日からハンドルノブキャップリムーバー。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

無駄に綺麗に

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

リールメンテナンスに何かと便利な専用ツール、ハンドルノブキャップリムーバー。

 

主な用途はハンドルノブキャップを無理なく外すためのものですが、ベアリングを外したり、グリスでベト付くパーツをウエスに取る時に手を無駄に汚さないなど、使いどころは多いツールなんです。

 

その専用ツールですが、ハッキリ言って見た目は機能に何の関係もない(笑。

 

でも無駄に?挽き目を綺麗に削りたくなっちゃう。

 

2017-11-17 14.53.01

ハンドルノブキャップリムーバーを削る

2017.11.16

 

スポンサーリンク

進化の途中

 

以前に比べてリピート品を削るのは楽になってきました。

 

2017-11-17 14.53.40

 

最初の頃はイチイチ無駄な苦労をしてたからなぁ(笑。

 

今はマシンの段取りやプログラムは時間かからなくなってきましたが、挽き目や打痕は超気になる。

 

ほとんど目でわからないレベルだけど、拡大鏡で見ると微妙にあったりするんですよね。

 

2017-11-17 16.58.57 2017-11-17 17.00.26

 

ホントにモノ作りは終わりがない(笑。

 

削るより管理

 

数年前にはマシンの段取りやプログラムの方が大変だったけど、今は製品を管理する方が大変になってきました。

 

せっかく綺麗に削っても、削り終わった後の製品を並べてる時にぶつけたり落としたり(笑。

 

アルマイト処理後なら少々ぶつけても表面硬度が高いので問題ないですが、削りたて直後は本当に気を使うんですよ。

 

傷や打痕がそのまま製品になっちゃいますからね。

 

装飾品

 

リールメンテナンスの専用ツールという位置づけではありますが、自分にとっては装飾パーツと変わらない気持ちで作ってます。

 

やっぱり見た目が綺麗な方が愛着も沸くんじゃないでしょうか。

 

お金を出して買って頂くものなので、(どうせ)手間が同じならより綺麗な仕上がりを目指すのが職人魂でしょう(笑。

 

そんな訳で今日もより仕上がりの綺麗な切削条件を研究します。

 

そしてこれが楽しかったりするという(笑。

 

ではでは。

 

リールメンテナンスツールに関する他の記事はこちら

● リールメンテナンスでEリングやストッパーリングを絶対に無くさないで外す方法

● スプールベアリングリムーバーを自慢したいのです

● 【リールメンテナンス】ベアリングにオイルを差す時に注意したい事

● ぶっちゃけ、リールメンテナンスってやった方が良いの?

● 【まとめ】 バス用ベイトリール メンテナンス関連記事 便利アイテムや専用ツール紹介

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★