なるべくオートマティックに釣りたいというオッサン的思考

人間誰でも年を取りますが、それは経験に対する対価でなければいけないと思っております。

 

小難しい事を言うつもりはないのですがw、楽して釣りたいというお話です。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

体力の低下

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

自分の場合ですが、若い頃はテクニックを駆使して人に釣れない魚を釣る事がカッコ良いと思ってました。

 

しかーし、年を取ってくると動態視力が落ちたり、老眼で近くが見えなかったりで、中々時間の使い方が若い頃みたいに行かなくなるんですよ。

 

チャプター房総2017開幕戦_070134

【40歳からのフリッピング】 オッサンにフリッピングは無理なの?

2016.12.19

 

これは自分だけかもしれないけど、船を流す速度なんかも遅くなっちゃうんですよね。動体視力が落ちてるのと関係してるように感じてます。

 

狙うスポットの見極めが遅いのです。だから船を固定してカバーに接近して撃つのが楽なんですよね。

 

集中力の無駄使いをしない

 

自分が若い頃、今よりずっと釣りが下手で知識も無い頃は、1日中集中して釣りをしようとしてたように思います。

 

もしかしたら狙ってる場所に魚がいないかもしれないのに、無駄に集中して疲れてしまうというか(笑。

 

年を重ねて経験を積むと、魚が居る居ないとか、食う食わないの判断が的確になってきます。そうすると、釣れないかもしれないケースでは良い意味で集中力を使いません。

 

もちろん100パーセント読みきれる訳がないので、当てが外れたりもしますが、闇雲に集中する事が無くなるんですよね。

 

ココ一番のために本気の集中力は取っておいて、あとは肩の力を抜いて釣りが出来るようになりました。

 

Kameyama lake

 

釣りの動作は体が勝手に反応するので、そこまでは適度に惰性で流せば良いと考えてます。

 

まあ、キャリアだけは無駄に長いので、動作はそれなりに無駄が無いと自負してます(当人比w)。

 

釣れるという事実

 

自分がナイロンの30ポンドで、カバーに超接近してフリッピングするのも、この先もっと年を取ってもできる釣りだと思ってる~です。

 

竹カバーフリッピング

ナイロン30ポンドで攻めるフリッピングがフィネスってどういう事?

2017.08.09

 

いや、長年慣れ親しんだスタイルであれば、その人に取っては一番楽なスタイルと言える訳ですけどね。

 

自分の場合はそれがレンタルボートで超接近してフリッピングするスタイルという事になるんです。

 

苦手なサイトフィッシングを練習していても、どんどん目が悪くなるし、動体視力も低下してくる中で、人より釣れるようになる気がしないです(笑。

 

いやいや、まだまだやる気ありますけどね(笑。 サイト好きだし。

食わず嫌いでサイトをやらないあなたにも釣れるベビーシャッドの使い方②

2016.06.11

 

結局その人が釣れる釣りじゃないと意味がないですから、魚を手にできる確率の高い釣りに力を入れるべきだと考えてます。

 

まあ、それって好きな釣りって事になるんですけどね(笑。

 

オートマティック

 

例えば真冬のディープの釣りとか、いかに自動的に釣れるシステムを構築するかが重要だと考えてます。

 

超ロングリーダーダウンショット

ディープのドラッギング ダウンショットを超ロングリーダーにした訳

2016.12.02

 

ロッドとルアーのバランスだったり、フックのセレクトだったり。

 

船の流し方もそうだし、ラインのセレクトやドラグのセッティングなんかもすべて楽に釣れてくれる事を考えたものですよね。

 

適度な集中力は必要ですが、メチャメチャ集中したからといって釣れるものでもないですし、気を抜いてても釣れるシステムが理想的ですね(笑。

 

カケヅカ的まとめ

 

誤解を恐れずに言うと、一番楽して釣ってる究極のところに居る人達ってトッププロじゃないかと思ってます。

続・トッププロと自分達は何が違うのか?

2016.11.12

 

実際にプロって簡単そうに釣るじゃないですか(笑。

 

楽して」と言うと、サボってるイメージが強いかもしれませんが、決してそう言う意味ではありませんよ(笑。

 

膨大な経験値と、とてつもない練習量で身に付けたスキルのおかげで、周りで見てる人には簡単な事をしてるように見せてるんだと思うんですよね。

 

自分が言いたい「オートマティックに釣る」というのはそれが究極です。

 

焦ってミスしたり、魚を見失ってアタフタしたり、魚の動きを予測できなくてバラしたり。これらは経験値を積めば克服できる事ですよね。

 

つまり集中してなくても自然に体が動いてくれたら、それがオートマティックに釣ってるという事なんじゃないかと。

 

まあ、そうは言っても未だに魚を掛けるとドキドキするし、しょうも無いミスを連発したりしてますけどね(笑。

 

それでも周りの人が見て、簡単そうにやってるけど、良く釣ると思われるくらい楽に釣りがしたいと思ってます。

 

皆さんはどうですか?

 

そんなお話でした。

 

では。

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表