Daiwa TATULA ZILLION(タトゥーラ ジリオン)用ブレーキダイヤルスクリュー

地味なパーツですが、こまめにリールメンテする方に好評頂いてるパーツです。

 

Daiwaタトゥーラ・ジリオン他に取り付け可能なブレーキダイヤルスクリューを紹介します。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スリ割りにひと工夫

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

自分も今期から使ってるDaiwa17タトゥーラSV TW8.1Lですが、サイドカップを開けてスプールを取り出すときに緩めるネジがありますよね? ブレーキダイヤルスクリューって言うんですが、それをカスタムパーツとしてジュラルミンで削ってます。

 

Daiwaタトゥーラ・ジリオン系の多くのリールに、ブレーキダイヤルスクリューはこの方式を採用してますが、ノーマルはスリ割りの溝が浅くて回しにくいんですよね。

 

Daiwa17TATULA-SV TW8.1L44

 

溝の幅も広いのでコインを使っても舐めやすい。そこで一円玉の幅とRに合わせた溝を切ってやる事で、より使いやすくしてみました。

 

Daiwa17TATULA-SV TW8.1L09.56.59

 

ドレスアップパーツ

 

ブレーキダイヤルスクリューのカスタムパーツを作ったのは、確か2014年の事だったと記憶してるのですが、その当時はノーマルに近い形状で作ってました。

 

Daiwa17TATULA-SV TW8.1L08.22.18

 

その方が加工は楽だったんですが、実際に取り付けをしていて不満を感じたんですよね。

 

ノーマルがステンレスだったので、ジュラルミンで作る事で多少の軽量化になりますが、それよりもドレスアップパーツとしての要素の方が大きかったかもしれません。

 

Daiwa17TATULA-SV TW8.1L08.30.20

 

Daiwaリールは結構派手なカラーリングのパーツが多いですからね。

 

でもコインで回す事が多いパーツという事で、もう少し溝を深く出来ないか考えました。

 

機能部品に昇華

 

今Daiwaリールのノーマルスプールがかなり売れてるみたいなんですよ。おそらくスペアスプールとして需要があるのではないかと推測してます。

 

スプールを頻繁に交換すると言う事は、それだけサイドカップを開け閉めするという事な訳で、つまりその回数だけブレーキダイヤルスクリューを回すという事ですよね。

 

Daiwa17TATULA-SV TW8.1L08.55.55

 

なら開け閉めしやすい形状にマイナーチェンジしなければと思い、スリ割りを深くする事を考えた訳です。

 

でもそのまま溝を深くするとネジの形がおかしくなってしまいます。なのでコインの丸に合わせた形状でスリ割りを入れる事で見た目もスタイリッシュにする事を思いつきました。

 

ノーマルのステンレスに比べて強度が弱いジュラルミンを、形状を工夫する事で傷つきにくくして、特殊な工具が無くても作業できるようにしました。

 

Daiwa17TATULA-SV TW8.1L31.53

 

ホント地味なんですが、結構重要な部分なんですよね(笑。

 

ブラッシュアップ

 

リールのカスタムパーツを作っていて、後から作るロットの方がより完成度が高くなっていくんです。が、同時に最初に買ってもらった方には申し訳ない思いもあったりします。

 

今回のブレーキダイヤルスクリューも、最初はスリ割りの溝は平らで浅かったんですよ。それを買って使ってくれてる方は実際多くいる訳で…。

 

でも、最初に使うからこそ受けられる恩恵は必ずあるし、まだ多くの人が使ってない部品を使える優位性は確実にあるんですよね。

 

そして作る側の言い分としては、より良いものになる可能性があるのに、初期のものに気を使ってブラッシュアップしないのはモノ作りを生業にする者として怠慢だなと。

 

Daiwa17TATULA-SV TW8.1L07.48.50

 

今回もリピート品という事で、前回とまったく同じに作れば良かったのですが、思うところがあってマシンのプログラムをイジって切削条件を変えてみたんです。

 

これまた申し訳ないのですが、挽き目がすごく綺麗になり、ネジの精度も格段に良くなってしまいました(苦笑。

 

さいごに

 

地味だけど重要なパーツであるブレーキダイヤルスクリュー。もう三年以上リピート品を作り続けてますが、まだまだ良くなるような気がしてます(笑。

 

もちろん機能や強度は大きく変わる事は無いのですが、見た目の美しさやちょっとした手触りなど、少しの積み重ねが大きな差になっていくと思ってるんですよね。

 

タトゥーラは2017年にDaiwa17タトゥーラSV TW8.1Lとしてモデルチェンジしましたが、ブレーキダイヤルスクリューはこれまでのものと互換性があったので、規格自体は同じものです。

 

これまで自分はDaiwa製のベイトリールを個人的に持ってなかったのですが、今期はDaiwa17タトゥーラSV TW8.1Lを2台も買ってしまいました(笑。

バス釣り【おすすめのベイトリール】 まちがいの無い一台はこれだ!Daiwa編

2017.06.26

 

その関係もあって今回のブレーキダイヤルスクリューは特に力をいれて宣伝してます(爆。

 

これからアルマイト処理をして、カラーが付いたものはインスタなどにアップすると思うので、気になる方はカケヅカさんのインスタをフォローしてもらえたらと思います。

ではでは。

 

タトゥーラ/ジリオン他・ブレーキダイヤルスクリューの購入はこちらから

リールメンテナンス作業効率アップで見た目の良いドレスアップパーツブレーキダイヤルスクリュー

 

合わせて読みたい

● リールメンテナンスでEリングやストッパーリングを絶対に無くさないで外す方法

● スプールベアリングリムーバーを自慢したいのです

● 【リールメンテナンス】ベアリングにオイルを差す時に注意したい事

● ぶっちゃけ、リールメンテナンスってやった方が良いの?

● 【まとめ】 バス用ベイトリール メンテナンス関連記事 便利アイテムや専用ツール紹介

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから