黒いカスタムパーツが売れている理由

バスフィッシングをやってる方の年齢層も幅が広くなってきたようで、自分も含めて年配のアングラーが多いように感じてます。

 

その影響があるのかわかりませんが、今ブラックのカスタムパーツが売れ筋なんですよね。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

大人の黒

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

リールパーツのデザイン・設計製造の仕事をしてて思うのですが、ここ数年HEDGEHOG STUDIOはカラーアルマイトにブラックを必ずラインナップさせてます。

#ベアリングチェックツール #カラーアルマイト #二部品組み上げ #HEDGEHOGSTUDIO #Kakedzukadesignworks

欠塚実さん(@kakedzuka)がシェアした投稿 –

これは年齢層が高い世代の方が黒いパーツを好むのと関係してるように推測してるのですが、どうなんでしょうね。

 

前回ためしにカラーをセミオーダー製にしたラダーも、なぜかブラックがほとんどだったんです。

 

まあ、そこには若い方もいましたが(笑。

 

羊の皮を被った狼

 

リールのカスタムパーツでは、以前はスカイブルーやパープルも良く出ていたのですが、今はブラックの支持率が高いですね。

 

今年になってじわじわ売れているabu revo ltx bf8のクラッチですが、一番多く作ったブラックから売り切れてますし。

 

やはり渋い感じに仕上げたいと思うんでしょうかね。

 

ノーマルリールが派手?

 

今時のリールはノーマル状態で派手なものが多いように感じます。

 

なので逆にカスタムパーツはシックな感じを求めるのかもしれないですね。

 

時代は巡ると言いますが、単色で性能重視の時代には派手な色のカスタムパーツでドレスアップするのが流行り、それが当たり前になって、ノーマルリールでさえもカラーパーツが標準装備になると、逆にブラックのパーツが好まれると言う。

 

いやまあ、わからないですけどね。作ってる本人としてはあまりブラックのパーツを付ける事はないんですが(笑。

 

最後に

 

自分が作ったパーツは当然自分でも使うのですが、基本的には一番多く残ってるカラーのものを選択します。

 

それが最近パープルやスカイブルーになってきてるんですよね(笑。

 

ブラックは良く売れるので自分で使う事は無いです。みなさんブラックが好きみたいで。

 

確かにどんな形にも合うし、他のカラーとも合わせやすいですしね。

 

有名なファッションデザイナーさんが、世の中で一番派手なのは黒と白の組み合わせと言ったとか。

 

そう言う意味では黒はもっとも目立つ派手なカラーなのかもしれないですね。

 

とにかく今、黒いパーツが良く売れてるというお話でした。

 

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表