レンタルボートラダーSのフィン部破損は狙い通り?

年に1~2台依頼がくるレンタルボートラダーSの修理依頼。

 

今回も一台修理(もちろん無償)させてもらいましたが、やっぱりフィン部の破損でした。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

無償修理

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

本日は一昨年に購入頂いたレンタルボートラダーSの修理作業をいたしました。

 

あまり大々的には言ってないのですが、じつはこれまで購入頂いた方に対しては無償で修理を承っております。

twitterでも言ってますが、ステンレスラダーって超頑丈なんですが、フィンの部分だけは弱くしてあります、あえてね。

 

最近レンタルボートでもリヤの取り付け板が弱いものも多く見かけるので、そこは大事にしないと。レンタルボートあってのバスフィッシングですからね。

 

スポンサーリンク

弱いと言っても強い

 

 

当社のレンタルボートラダーPRO・レンタルボートラダーSに関しては、現在のところ修理は無償ですが、これは逆に壊れないという自信の表れでもあります。

 

通常の使用においてはまずフィンが破損する事はありません。

 

ただし、稀にフィンに船の全重量がかかってしまったりして破損する事もあるんですよね。二人乗りで桟橋の下にラダーのフィンが入っていて、同時に二人とも下船すると浮力で一気に船の喫水が上がってしまう、とか。

 

でもその時にラダーが破損しなかったら、船の方が破損の危険があるので(汗っ。

 

ここはステンレスの頑丈さが仇になると考えてしまうんですよ。

おまけ

 

今現在亀山スーパーロコのイタヤマン(板山雅樹氏)にラダーを提供させてもらってるのですが、先日の房総チャプター最終戦の前日プラクティスの時に貴重なご意見を頂きまして。

亀山湖のスーパーロコにガイドについて聞きまくってきた

2017.02.02

 

彼が使ってるのはモーターガイドの109ポンドエレキなのですが、そのエレキで旋回した時にフィンの向きが変わってしまうとの事。

 

自分は超安全走行派?なので気になった事がなかったのですが、イタヤマンは気になる時があるらしく、どうも改善の余地がありそうだと思ったんですよね。

 

そこでちょっと思いついた方式で今プロトを作ってます。

 

 

これをイタヤマンに渡して、良かったら製品化するかも知れません。

今後のラダー

 

今回のように修理を受けて、狙い通りな部分を確認できるのは安心なんですし、イタヤマンのように連日湖に浮いてる人から貴重な情報を頂けるのもありがたいです。

 

そしてマイナーチェンジを繰り返して、より良いものを作っていきたいと思っています。

 

これが小さいメーカーの最大のメリットですし、作ってても楽しいですからね。

 

最後になりますが、くれぐれもラダーを落水させないために船とラダーはロープなりワイヤーなりで繋いでおいてくださいね。

 

H-1GPX_7579

レンタルボート用ラダーの落下&盗難防止対策を考える

2017.06.30

 

サブイズムさんのように最初の釣行で落水という事にならないように(笑。

 

それでは。

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表