人生初バスの思い出 前編

自分が始めてブラックバスを釣った事って鮮明に覚えてますか?

 

自分はあまり覚えてません(笑。

 

ただ、人生初のバス釣りで、その最初のキャストで釣れてしまったという事だけは良く覚えてます(笑。

 

そんな思い出話です。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

レアなケース

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

突然ですが、初めてバスを釣った時の事ってハッキリ覚えてるでしょうか。

 

自分と同じ世代(昭和44年生まれ)の人に話しを聞くと、人生初バスを釣るまでに結構な時間を掛けたという人も少なくないようです。

 

当時日本では芦ノ湖か相模湖くらいしかバスの生息がちゃんと確認されてない時代でしたしね。

 

自分はというと、なんと初のバス釣りの最初の一投目で釣れちゃったんですよね(笑。

 

これはかなりレアなケースかもしれません(笑。

 

中2病

 

中学一年か二年の春休みでした(記憶が定かではない←ココおかしいかも)。

 

バス釣りが大好きな人にとっては人生初バスを釣った時期とか初バスゲットしたルアーとか、もちろん地名とか場所はハッキリと覚えてるものなんでしょうね。

 

でも自分の場合は記憶が曖昧です(笑。

 

たぶんあっけなく釣れ過ぎてしまったので、感動が薄かったのかもしれないですね(笑。

 

ただ、誤解の無いように補足しておきますが、初のバス釣りをするまでは妄想半端なかったんですよ。

 

なんせリアル中学二年生(たしか)でしたから、バス釣り入門に出てくるようなブロンズバッカーをでかいプラグで釣るようなイメージしかなかったですからね。

 

ドキドキしながら投げた第一投目で釣れちゃったもんだから、なんと言うか茫然自失という感じだったと記憶してます。

 

千葉県房総半島の野池

 

過去記事にチョロっと書いたような気がしますが、中学の同級生が千葉県房総半島の館山市に田舎があったんです。

 

その友達の実家の近く野池でブラックバスが釣れるという話を聞いた当時の自分はメチャメチャ興奮して、その友達に頼んでその野池に連れて行ってもらったんですよ。

 

その友達もバス釣りをやっていて、まあ色々事情はあったのですが、Abuの記念限定モデルなんかを使ってるヤツでした(苦笑。

 

自分は近所の上州屋で買った竿とリールがセットになった980円くらいのヤツに渓流用のスピナーを一個、当時はバラ売りしていたジェリーワームと鉛のシンカー、イーグルクロー(確か)のストレートフックを何セットか用意していったのを覚えてます。

 

ちなみにラインは買ったセットのリールに最初から巻かれていた真ッピンクの太いラインをそのまま使ってましたね(苦笑。

 

一見ストレーンのナイロンラインに見えなくもない?レベルの太さでしたが、それにスピナーを結んで投げてました。

 

あ、もちろんスピニングリールですよ(笑。

 

それの第一投目から釣れるんですから、ホント拍子抜けも良いところですよね。

 

たぶん爆釣

 

今から30年以上前の千葉の野池ですから、それはそれは爆釣だったと思われるかもしれませんが、そんなに甘くなく(笑。

 

いや、今の自分がやったらアホほど釣れたと思うのですが、当時中学二年の男子はバス釣りの事を本でしか見た事が無かったですから。

 

ラインの結び方(確かクリンチノット)やキャストの仕方は何となく分かってたのですが、三秒待ってリールを巻いて、一気にロッドをアオってフッキングを決める、みたいなイメージをスピナーでやろうとしてましたから(爆。

 

使ってるうちに根がかりして、トリプルフックのひとつが折れ、またもうひとつが折れ、トリプルフックなのにシングルフックみたいになったスピナーを投げ続けましたからね。

 

でもとにかくバイトやヒットは飽きない程度に合ったんですよ。

 

それが全然釣れないんですけどね。

 

つまり生命反応はバリバリあるんですが、キャッチできない訳です(爆。

 

ただでさえフックポイントが全然立ってない当時のルアーで、しかもトリプルフックのうち2本折れてる状態ですから、そりゃあ釣れる訳ないですよね。

 

でも魚の当たりが無限とも言えるほど続くのは本当に楽しかったです。

 

数年後の夏

 

人生初めてのバス釣りで、しかも最初の一投目でブラックバスが釣れてしまった少年は、数年後の夏にも同じ場所に行く事になります。

 

この時は高校の友達との卒業記念に旅行に行ったんですよ。

 

旅館や乗り物など、数人で割りカンすれば多少でも安くなるかと考えたんですよね。

 

でも自分の目的はもちろんバス釣りで、4人で行った中のもう一人がやはりバス釣り好きなヤツで、でも他の二人は全然興味なかったんですけどね(笑。

 

ほとんど詐欺でしたが、まんまと千葉の房総まで行ってバス釣りをしてきたのですが、その時はもう全然釣れませんでしたね。

 

おそらく噂が広がり、人が沢山来てプレッシャーが高くなってたのでしょう。

 

そこまでの釣り人生で、ワームというものはほとんど使ってないんですよ(笑。

 

自分的創成期

 

まだバス釣りを始めて間もない頃の思い出ですが、憧れて、沢山妄想して、ドキドキしながらキャストした最初の一投目で釣れてしまうなんて、逆に残酷なのかもしれません(笑。

 

バス釣りにハマる人は基本ドMなはずなので、釣れないから色々考えて、結果釣り上げる事に喜びを感じる部族なはず。

 

自分の場合、本当の意味で釣れたドキドキや達成感を得るのはもう少し後になった訳です。

 

この話はもう少し続いて、18歳で初めて車を買って再び同じ野池に行くところまで飛びます。

 

そして霞ヶ浦の良い時代にオカッパリでメチャメチャ釣った話もしたいと思いますので、もう少しお付き合いください。

 

では一旦終わります。

 

● 【まとめ】チャプター房総(亀山湖)で上位になったルアー達 2015年~2017年

● 自分が今チャプター房総に出る理由 ローカルトーナメントも良いけどやっぱり公式戦がおもしろい

● 【NBCチャプター】エコルールまとめ 申し込み・参加手順も

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表