『depsブルフラット』 もFeco認定 それさぁ、早く言ってよぉ~

反省してます。これまでNBCで使えないワームをあえて使わないようにしてきた事を。

 

亀山ダムで激釣れと言われるワームは、Feco関係無く今後どんどん使っていこうと思ってます(もちろん試合以外で)。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

Fecoルール

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

これまでも何となく使った事はあったのですが、まだ一度も釣れた事がないデプス・ブルフラット。

 

亀山ダムでは鉄板と言われるワームですが、今期途中から【deps ブルフラット】のFeco認定品が出るみたいです(もう店頭にあるのかな?)。

 

deps BULLFLAT3.8 23.25.57

5~6月の亀山湖 頼んだぞ【スタッガーワイド】 ブルフラットもフリップギルも房総チャプターで使えないんです

2017.05.29

 

今期はゲーリーヤマモトのレッグワームもFeco認定品がリリースされるなど、これまで亀山ダムでは鉄板と言われながら房総チャプターなどNBCの大会では使えなかったワームが続々とリリースされてます。

 

自分としては今期最もその恩恵を受けてるのがゲーリーヤマモトのFecoモコリークロー。

 

房総房総チャプター第3戦_055249

【エコ・レッグワーム】と【エコ・モコリークロー】を入手したんだけど

2017.04.26

 

しかしながら、レッグワームもモコリークローも、そしてブルフラットも、それまで一度も釣った事がないワームだったんですよ。

 

ブルフラットに関しては未だに釣った事がない(笑。

 

亀山湖5月31日 17.48.15

 

釣れる気がするメンタル

 

亀山ダムで激釣れと言われるワームはこれまでにも沢山あり、レッグワームもブルフラットもその中のひとつですよね。

 

deps BULLFLAT3.8 23.25.26

 

でも自分には釣れる気がしなかったんですよ。

 

これは誤解の無いように説明しますと、試合で使う事が出来ないとわかってるので、試合以外でも気持ちが入らないんですよね。

 

心のどこかに、「どうせ試合では使えないのだから、ちょっと試すくらいで良いかな」、という心理があったのだと思います。

チェック亀山ダム用一軍ワーム  でもチャプターで使えないのが多いんだよね

 

釣りはメンタルが大事ですから、いざ本番になったら使えないワームには魂は籠りません(笑。

 

そんな感じでこれまで真剣に使おうと思った事が無かったんですよね。

 

房総チャプターに参戦を始めてからは、ずっとそんなメンタルでした。

 

ルアーやその他のアイテムに関しても、房総チャプターで使えるものが基準になっていったんですよ。

 

解禁

 

とりわけゲーリーヤマモトのレッグワームに関しては、亀山ダムに行くなら必ずもって行くべきワームと言われて久しいくらい鉄板だったようです。

 

GaryYAMAMOTO LEG WORM2.5

あの【レッグワーム】がついにエコ認定に!

2016.12.08

 

しかし自分は去年くらいまで釣った事はおろか、使った事さえありませんでした。

 

理由はもちろん試合で使えないからですが、それがいざFeco認定品が出て、誰もが使える状況になってくると、あわてて自分も取り入れようとする訳です(情けないですが…)。

 

特にライトリグが苦手になってしまっている今の自分にとっては、何でも良いから一本欲しい時の頼みの綱になってくれる可能性が大だったんですよね。

 

こんな事ならもっと早くから使っておけば良かったと思っても、もう十分に遅い訳です(苦笑。

 

しかしながら、それも含めて試合の一部なんですよね。

 

バストーナメントは湖の上だけが戦いの場とは限らない、という事です。

 

そしておそらく今回のブルフラットも入手困難なワームという事になるのかもしれません(苦笑。

チェックFeco(エコ)タックルについて言わなくては ぼくらはどうすれば良いのだろう?

 

ルアーの勉強

 

よく釣れるルアーには共通性があるように感じるのは誰もが思う事ですよね。

 

自分としても、もしも試合にFeco縛りが無かったら関係なく使ってるルアーはもっと膨大にあると思います。

 

ただ、房総チャプターだけではなく、他のローカルトーナメントに参戦している人は、自分が良いと思ったルアーはどんどん試してる訳ですよね。

 

今の自分はそういう部分が欠けていたと言わざるを得ません。

 

ひとつのルアーを信じる事は大事ですが、新しいルアーを導入する基準が試合で使えるものに限定していると、本当に釣れる要素を見逃してしまってるように思えてきました(苦笑。

 

釣れるルアーに共通する動きとか波動とか水押しみたいなものを感覚的に覚えておかないと、今後のルアー選びに支障をきたすのではないか、と。

 

ホント、何事も勉強ですよね…。

 

最後に

 

それにしても、ここに来てブルフラットを含めたデプスのワームもFeco認定されるとは。

 

それさぁ…、早く言ってよぉ~」、って感じです(笑。

 

こうなったら仕方がないので、今更ですが頑張って使ってみようと思います。

 

これまで使い込んで武器にしてる方には適わないでしょうが、使わないと余計差が開いてしまいますしね。

 

フィールドはすっかり秋から冬の様相ですが、今期ラストのカバーフィッシュ釣れるのかな。

 

そんなお話でした。

 

終わります。

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから