釣りの帰り道 【車で仮眠する時に使えそうなアイテム】

先日、釣りにとって睡眠は非常に相性が悪いという事を記事にしたら意外に読んでもらえました(笑。

 

やはりみなさん釣りの前日や帰りの運転時に仮眠する時は苦労されてるのでしょうか。

 

そこで今回は自分も気になっている車で仮眠する時に便利そうなものをピックアップしてみましたので、参考までに見てもらえればと思います。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

釣り帰りの仮眠

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

今回は車での仮眠をテーマにアイテムを紹介したいと思います。

 

ただし、それっぽいものを片っ端から購入して試してたらお金がいくらあっても足りないので、ここでは自分が調べてヒットしたものを紹介する事にしますね。

 

でもその中からいくつかは実際に購入してみようと思ってますけど。

 

本当ならシートをフルフラットにして、体をしっかり横にして寝るのが間違いないんでしょうけど、それだと車中泊レベルになってしまいますからね(笑。

 

まあそれはまた別の機会に調べてみますが、自分は車中泊はオススメしません。

 

その理由は別記事に書きますが、今回は仮眠する時に快適なアイテムを調べましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

エアーピロー系が主流か

 

自分調べでは車で仮眠を取るのにオススメのアイテムはエアーピロー系が主流のようです。

 

というか、「車・仮眠」で調べてもあまりヒットしなかったんですよ。

 

アマゾンや楽天を調べても、大型のマットや寝袋系ばかり出てきてしまいます(笑。

 

今回はあくまでも仮眠がテーマなので、少ない簡易アイテムの中から目についたものを貼っておきますね。

 

まず以前から気になってた顔を埋めて眠れるタイプのピロー

 

 

 

おやすみピロー

amazonより

 

これだと前かがみになって眠れるので首が痛くなりにくいらしいです。こちらは空気を入れて使用するタイプで、使わない時は空気を抜いて畳んでおけるみたいですね。

 

たぶんこの形状のものひとつ買ってみます。デスクでも使えますし、あとレンタルボートのバックシートで仮眠する時とか良さそう(笑。

 

値段は2000円~3000円くらいが相場?みたいです。上の黒い方が約2000円

 

ただし間違ってクラクションを鳴らしてしまいそうなのが気になりますが(笑。

 

実際に買ったらインプレ記事書きます。

 

横向きタイプのネックピロー

 

次にたすきがけにして横向きで寝るためのピロー。

 

Travelrest - 究極のトラベルピロー

amazonより

 

このタイプはシートベルト的な感じで襷がけ状にするようです。

 

なんかアマゾンで売り上げ一位とか書いてあるけど、何と比べて一位なのかは謎。

 

値段は上に書いたエアーピローよりの高めで、現在約3660円となってます。

 

助手席や後部座席でリラックスできそうなので、運転手以外の人にも良さそう。

 

うちの場合は絶対嫁か子供たちに強奪されます(笑。

 

エアー

 

そして調べてると必ずオススメとして出てくるのが電動のポンプです。外で使うマットやピロー系は空気を入れて使うものが多いですからね。

 

まあ仮眠の時に使うような小物には必要ないのかもしれませんが、本格的?な車中泊をする時に使うエアーマットを膨らませる時には重宝しそう。

 

車のシガーソケットに差し込んで使えるタイプ。

 

 

値段的にも高くないものがありますので、ひとつ持ってても良いのかも。

 

お子さんがいるご家庭では海やプールで遊ぶ浮き輪やエアーを入れて使うタイプのボートを膨らませる時に使えるようです。

 

そう言えばリゾート地の親子連れが良く使ってるの見るな…。

 

アイマスク

 

昼間はもちろんですが、夜の仮眠でもヘッドライトや街灯などの光で眠れない事ありますよね。

 

顔を伏せるタイプのピローなら良いですが、やはり仮眠には光が入らないようにアイマスクはあった方が良いかも知れませんね。

 

これもそれほど高いものではないので、ひとつ持ってても良いのではないでしょうか。

 

↓寝てると気づかれないヤツが鉄板ですよね(笑。これでなんと送料無料で95円となってます。本当かな(笑。

 

性能重視ならこちらなんかどうでしょうか。遮光性アイマスクなので光を通さないと思われます。ちょっと高くて1360円

釣りの帰り道は疲労困憊ですから、少しでも疲労回復効果とリラックス効果を期待してこちらなんかどうでしょう。

 

サンシェード

 

車の窓やフロントウインドウを外からの光を遮断する以外にも、車で寝てるところを外から見られたくないものですよね。

 

カーテン・日よけ系のアイテムも沢山リリースされてますが、車の前面に施工するのは非常に大変なので、ここでも簡易的にできるサンシェードを紹介します。

 

まずは定番のサンシェードから。

 

我が家でもこれまで普通に似たようなものを使ってきました(笑。

 

まあすでに利用してる方も多いと思いますが、簡単に装着できて良いですよね。

 

続いては窓を開けっぱなしでも虫などの侵入を防いでくてるタイプ

 

 

車用サンシェード

amazonより

 

似たタイプをもうひとつ。

 

ウインドーネット2枚入り

amazonより

 

どちらも窓にスッポリ被せるタイプです。一応UVカットもうたってますが、その信頼性の程はわかりませんが(笑。

 

でも二枚入りで取り付けも簡単なので、エンジンを停止して仮眠する時は窓を開けても虫が入ってこないので良さそう。

 

これもひとつ購入してみようかな。値段も上のものが899円、下が1325円と安いです。しかも2枚セット。

 

まあ防犯的な意味では効果薄いでしょうけどね。車中泊の時に使うのは注意が必要かも。

 

高速道路のサービスエリアでもエンジンをかけっ放しで停車してたのがトラブルになるケースもあるようなので、出来るならエンジンは切って仮眠するのが良さそうです。まあ夏場は熱中症の危険もあるので無理は禁物ですが。

 

最後に

 

車・仮眠で色々検索したらヒットしたものを紹介しましたが、似たタイプのものが沢山出てました。

 

今まであまり気にしてなかったのですが、意外と安くて便利そうなものがあるんですね(笑。

 

特にサンシェード系のアイテムは知らなかったのですが、この値段なら窓に貼るタイプより被せるタイプの方が良いと思ってしまいました。

 

でもとっさに貼るなら簡単な方が良いのか…。

 

とにかくここは一回使ってみようと思ってます。子供を乗せた時にでも試してみよう。

 

今月は後半にかけて釣りに行くので、その時に使ってみてレポートしますね。

 

それでは。

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク