レンタルボートのバウデッキに付ける振動子用ポールの構想

レンタルボートに魚探を二台セットするための振動子用ポールを考えてます。

 

移動中に簡単にはずせて、なおかつ自在に動かせるものになる予定なんですけどね。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

ラムマウントを研究

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

またまた今さらなんですが、ラムマウントを研究中でして、振動子用ポールに使えるマウントを色々取り寄せてます。

何となく見栄えが良くなるように、スッキリしたデザインにしたいと思ってるんですけどね。

 

インスタにある図面の画像は、実際にこれでレーザー加工に出してみます。

 

さあ果たしてどんなプロトが出来るのか。

 

スポンサーリンク

タイプ色々

 

ラムマウントにする理由としては、自由にいろんな場所に取り付けが可能になるように、という事ですね。

 

エレキのシャフトにセットしても良いし、バウデッキでも良いし。

 

そして船の縁にタフクローでセットも出来るらしいんですよね。

 

これは次回実験して見ます。

 

1.5インチで検討

 

ラムマウントは1.5インチが適当だと考えてます。

 

2017-08-30 23.18.17

 

じつは現在GARMIN ECHOMAP CHIRP 95SV には1インチのラムマウントを使ってるんですが、ちょっと弱いんですよね(笑。

 

2017-08-30 23.19.28

 

他の方を見ても、1.5か2インチを使ってる人が多いですし、その方がしっかり止まるんだと思います。

 

まあ、レンタルボートなので2インチまでは必要ないかな、と。

 

とりあえずHONDEX HE5700用とGARMIN ECHOMAP CHIRP 95SV 用の振動子がセットできるようにしていきます。

 

追ってLowranceやハミンバードも使えるようにしていく予定です。

 

さてどんなものが出来るかお楽しみに。

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表