3・5・7万円で揃える格安ロッドとリールの組み合わせ(ベイトタックル編)

バス釣りの道具の組み合わせは無限ですが、ロッドとリールの値段での組み合わせについて考えてみます。

 

新品中古織り交ぜて、どこに一番お金をかけるべきなのでしょうか。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

タックルの値段バランス

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

今回はタックルセッティングを値段で考えた時のバランスについて考えてみました。

 

自分の持論ですが、ロッドは中古もアリですが、リールは絶対に新品という考え方です。

 

これについては賛否両論あると思いますが、もちろん出来れば両方新品の方が良いと言う方が多いのではないでしょうか。それは重々承知してるんですが(汗っ。

 

でも釣り道具はいくら持っててもまた次が欲しくなってしまうという無限ループですよね(笑。

 

チャプター房総2017開幕戦プラクティス_071940

 

なので出来る限り価格は安く収めたいという気持ちはみなさん同じではないかと。

 

その部分を踏まえて、中古も視野に入れたロッドとリールの購入方法とセッティングのバランスについて、値段設定ごとに考えてみたいと思います。

 

ちなみに今回はベイトタックルでお考えください。スピニングリールはまた別記事で。

 

スポンサーリンク

基準が3万円の場合

 

まずは設定価格が合計で3万円の場合です。

 

これは無条件に格安ロッド&リールの組み合わせか、中古を購入するかになりますよね。

 

3万円という時点で高級ロッドもしくはリールを新品で買うはありえないですから(笑。

 

初心者の人にとってはこれでも安い買い物ではないので、それなりに考えないと無駄に散財する事になってしまいますね。

 

この場合の自分の考え方は、ロッドを新品で購入、リールを中古から選定というコース?がおすすめです。

 

理由としては、合計3万円でロッドとリール両方を揃えるとなれば、どちらも格安なものを購入する事になりますよね。

 

ロッドはSHIMANOゾディアスなど、一万円台でもコスパにすぐれた良いものがありますが、残った金額(実質15000円ほど)で買える新品のリールには性能的にも耐久性の面でも、長く良い状態で使えるものはハッキリ言って無いと思います。

 

SHIMANOZIDIAS6

【SHIMANOゾディアス166ML-G】巻き偏差値を上げてくれる良いロッドだと思った件

2017.03.17

 

ここではリールはとりあえず中古から適当なものを見繕って、バス釣りを続けていく先にもう少し良いものに取り替えるという考え方が良いかと思います。

バス釣りの中でのリールの位置づけ

2017.07.17

 

その場合はネットオークションなどで探すのも良いですが、3万円という値段設定で探すと言う事は初心者に近いレベルの人だと思うので、最初は中古を取り扱ってるショップさんに相談するのが良いでしょう。

 

プロショップ maniacs 12.55.04

こんなプロショップはイヤだ! 二度と行きたくないと思う店20選

2017.06.23

 

良いお店なら親切に相談にのってくれるはずですから。

 

対応が悪いお店に当たる可能性もありますので、その場合は購入を保留して、面倒でも別のお店に足を伸ばした方が良いですよ。

 

意外と掘り出し物に出会うかもしれませんからね(笑。

 

基準が5万円の場合

 

次に総予算が5万円の場合です。5万円となると選択しは一気に増えますね。

 

自分の場合ですが、ここは迷わずロッド・リールともに新品を購入します。

 

肝心なのはその内訳で、ここでもロッドは格安モデルを選んだ方が間違いないと思います。

 

理由は3万円の時と同じで、今は安くて良いモデルが沢山選べるので、その分リールに予算を取る事が出きるからですね。

 

もちろん投げたいルアーが決まってれば良いですが、ちょっと特殊な釣りをしたい場合は予算オーバーの可能性もありますけど。

 

広い意味で、例えば巻物をオールラウンドにやりたいならSHIMANOゾディアスのグラスロッドに同じSHIMANOの16メタニウムMGLか16アルデバランBFSで実売価格5万円以内に納まるのではないでしょうか。

 

SHIMANO16メタニウムMGL XGノーマル

SHIMANO 16メタニウムMGL 買ってもうた

2016.08.22

別の選択肢で中古で揃えるという考え方もありますが、格安ロッドの場合、実売価格がすでに安いので、中古でもそれほど安くないんですよね。

 

だったら格安ロッドを新品で買う方が間違いないです。

 

そして高級リールを中古で買うという選択もありますが、SHIMANOで言うと16メタニウムMGL以上のグレードだと使用感でそこまで違いがわからないと思います。

 

最上位機種を中古で買うなら、まずは中堅機種を新品で買う方が現実的だし、じつは一番使いやすいと思ってます。

 

逆にリールをもう少し落として、たとえばSHIMANOなら17スコーピオンBFSなら新品の実売価格で25000円以内なので、ロッドをもう少し上のグレードに出来ますね。

 

SHIMANO Scorpion BFS XG 16.06.41

【SHIMANOスコーピオンBFS XG】亀山湖で使ってみた感想です

2017.06.30

 

そこにSHIMANO17EXPRIDE(エクスプライド)の巻物用モデル・163ML-Gを組み合わせるのは良いセッティングだと思います。

 

SHIMANO SCORPION BFS XG

【シマノ17エクスプライド163ML-G】 グラスなのにスゲー軽くてビビった

2017.05.14

 

さらにDaiwa17タトゥーラSV TWなら実売で2万円以下なので、そこにWILD SIDEの巻物用超人気モデル、WSC66MLあたりを組み合わせると、かなりレベルの高い組み合わせと言えるのではないでしょうか。(WSC66ML持ってなくてごめんなさい)

 

Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L11_113409

【Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L】フリップ用リールに最適と思えてきた

2017.06.15

 

基準が7万円の場合

 

総額7万円となると、相当選択肢は多くなるので、ここではもう中古は一切考えません(笑。

 

思い切って好きなロッド&リールを選びましょう。

 

ただし、逆に新品で7万以上のセットとなると、意外に選択肢は狭くなるように思います。

 

自分が知る限り、現在のバス釣り用ロッドの価格は二極化していて、3万円以下のリーズナブルなロッドは沢山ありますが、それ以上になると5万円以上のロッドが極端に多くなるように感じます。

 

そしてハッキリ言ってよほどの熟練でない限り、その値段の違いを使う前に体感する事は無理だと思うんですよね。

 

メーカーさんに怒られてしまいますが、高いロッドの必要性がイマイチわかりづらいんですよ。

【安いロッド】を使わないと【高いロッド】の価値もわからない

2017.03.03

 

そう言う自分も基本的に新品で5万円以上するロッドを新品で買った事はありません。

 

ハリアー80が当時の売値で5万円以上だったと記憶してますが、今持ってる二本とも中古(一本は新古品)で買ったもので、後はすべて3万円以下のものです。

 

20160623_080659

「TD BATTLER LIMITED HARRIER80(ハリアー80) 」 ついに二本目現る

2016.06.24

 

でもコストパフォーマンスは最高だと思ってますから(笑。

 

例えばSHIMANOなら17カルカッタコンクエストBFS HGにSHIMANOゾディアス166 ML-Gとかでしょうか(7万でおつりがきますね)。

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG

【17カルカッタコンクエストBFS HG】は文句無く高次元ベイトフィネス巻物リールだった

2017.03.16

 

あるいはDaiwaなら17スティーズA TWで、ロッドはDaiwaブラックレーベルから選ぶとか。

 

DaiwaスティーズA TW

Daiwa【STEEZ(スティーズ) A TW】 フルメタルボディーで堅牢なのに4万円台の価格

2017.01.23

 

そう言う訳で、まずはお好きなリールを選んでもらって、その残りの予算でロッドを選ぶのが良いかと思います。

 

まあ自分が最初に選ぶなら、絶対にリール2台・ロッド2本にすると思いますけどね(爆。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW×SHIMANOゾディアスを2セットかな。

 

基準が10万円以上の場合

 

予算10万円で選ぶのは各メーカさんの上位機種になりますでしょうか(汗っ。

 

これについてはまともなアドバイスは出来かねます(笑。

 

もうお好きなセットを購入ください、としか言えません。

釣り道具はなぜ高いのか、というお話

2017.01.27

 

自分の場合はもちろん2セット以上で買う事になるでしょう(爆。

 

ただしある程度タックルが揃ってれば、一本思い切って最上位機種を買ってみるかも知れませんが。

 

さいごに

 

ここまでお話してきて、もちろん例外は存在します。

 

知り合いから格安で譲り受けるとか、たまたま良い中古の出物に出会うとか。

 

でもロッド&リールはできるだけ新品を買う事をオススメします。

 

それは初心者の方が最初に買うタックルだとなおさらです。

 

やはり中古はリスクがありますから、釣り場でトラブルになった場合、その日の釣りが終わりになってしまいます

 

バス釣りを続けていけば必ず二本目三本目のタックルが欲しくなります。

「なぜそんなに釣竿が必要なの?」と聞かないで欲しい

2017.03.12

 

その時はお試しで中古を試すのも良いでしょう。

 

でも最初は出きる事なら新品を買うのが望ましいと思うのですが、みなさんはどう思いますか?

 

そんなお話でした。

 

終わります。

 

ロッドに関する記事はこちら

● じゃあ折れないロッドってあるんですか ロッドを折らずに使う3つの心得

● バスロッドのメーカーミックス 各社の相性について考えてみる

● 巻きと撃ちを同じロッドでやるのはアリか?

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
    東京都足立区在住
    ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表