理想のバス釣りブログってどうしたら良いんだろう

今見てもらってるココの部分って、ブログで言うリード文って言うんですけど、ココの書き方ってブロガーさんによって違うんですよね。

 

自分の場合は支離滅裂な事が多いです(笑。

 

そんなブログの内容のお話です。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

他のブログにはメチャメチャ影響を受けます

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

毎日読んでくれる方は気づいてると思いますが、このブログもこれまでいろいろ変えてきました。

 

基本的な内容はバス釣りに関する事で一貫してるのですが、それでも管理人である自分カケヅカの日常だったり、釣りと直接関係ない事も書いたりしてます。

 

でも他のブロガーさんを見ると、とにかくバスフィッシングに関する事だけで統一されてる方もいますし、自分の強みに特化した記事を前面に出してるブロガーさんもいます。

 

その人達の影響を自分はモロに感じながら日々書いてるんですよね。

 

スポンサーリンク

リード文

 

冒頭にも書きましたが、SNSでブログの更新をお知らせする時に表示される部分がリード文と言います。

 

自分のブログではこの部分が一貫性無いんですよね(笑。

 

このリード文はブログの色と言うか、書き手の性格が良く出てるように思うんですよ。

 

例えばhebinumaさんとかサブイズムさんのように日々の時事ニュースだったり、内容とあえて違う事を書いたりしてる方は個性があると思います。(hebinumaさん最近更新少ないですけどね(笑。)

 

逆に本題に引き込むため?の疑問を投げかけるタイプのリード文を書いてるのはDeeePSTREAMさんが代表的ですね。

 

こちらのブログの書き方は本当に上手いし、そして中身も濃く有益なものしかありません。

 

こちらは真似しようと思っても文才が無いと陳腐な感じになるので、ものすごくレベルの高い書き方と言えます(筆者のKenDさんは元々作家志望だとか…)。

 

自分は、と言うと、ただのオッサンなので日々研究実験の繰り返しですね(笑。

 

まあ長い目でみてもらって、書き続けてれば少しは見れる(読める)ようになっていくのではないかと…。

 

強み

 

ブログ、それもバス釣りブログを書く上で強みがないとキツいです。

 

でも、個人ブロガーの場合メチャメチャ凄腕のバスプロレベルの人ばかりではありません。

 

もちろん自分も普通の一般人ですから、釣りの腕はたいした事はありません、残念ながら(笑。

 

なのでブログを書く上で自分の強みを無理やり見つけて書いてるだけなんですよね。

 

自分の場合はものづくりを絡める事とチャプター房総に参戦しながら亀山湖の事を書く事ですね。

 

これはあの有名な牛久沼たまやオープントーナメントやH-1グランプリの創世記から発信を続けているナマローブログNEO(旧ナマローブログ)のナマローさんなどがアマチュアローカルトーナメンターとしては先輩になります。

 

関東レンタルボートスタイルとしても良く情報交換させてもらってます。書き回しが独特でメチャメチャおもしろいので、まだご存知無い方はぜひ一回読んでもらいたいですね。

 

絶対的な強みと言えば、最近フリーランスとして活動されているサブイズムさんは次元が違うなあと思います。

 

翻訳の相場を考えた時、英語の和訳記事一本を文字数で金額に直すと一体いくらになるんだか見当もつきません。

 

読者さんに対してサービス良すぎですよね(笑。もうお得過ぎ。

 

タックルインプレ

 

自分が一番弱い部分がこのインプレ記事ですね。

 

なんせ釣行回数が極端に少ないですから(泣。

 

その部分でメチャメチャ強いのが北畠蘭知亜さんことMr.NoBiteさん(どっちが本名なんだ)の書く「釣りリアルを求めて」でしょうね。

 

この方の釣行回数はハンパではなく、ほぼ毎日のようにどこかのフィールドで出てますから、タックルやルアーのインプレッションには定評があります。

 

そしてその内容はわかりやすくアマチュア目線で書かれていて、そして書き回しがとても楽しい(笑。

 

とにかく釣る事に特化してるので、釣課が伸び悩んでる方は参考にしてみては如何でしょうか。

 

自分(筆者)にはこれだけ沢山のフィールドやタックルのインプレはとても無理なので、細々と亀山湖に浮いた時の事をほじくり返して記事を何本も書く感じですね(苦笑。

 

アマチュア目線と言えばikahimeさんもインプレ中心の記事を毎日発信されてます。

 

こちらも毎週の釣行での経験を記事にして発信してる事が多いので、買う際の参考にしてみると良いのではないでしょうか。

 

ちなみにこの方は一眼レフで撮影されてますので画像が非常にきれいなのも特徴ですね。

 

ナマローさんもそうですが、スマホとはちょっと違った感じになるので、そこも強みですよね。

 

そう言う自分もたまに一眼レフなんですが、そこって気づいてもらってますでしょうか(笑。

 

問題提起

 

バス釣りブログでも色んな問題を取り上げてますが、ゴミ問題を取り上げてる方は多くいますよね。

 

その中で自分が一番目にするのが雄蛇ヶ池 蛇の道は蛇-バス釣りブログのつかじーさんです。

 

タイトルの通り千葉県雄蛇ヶ池をホームレイクにオカッパリからデカ羽根ものルアーなどでデカバスをバンバン釣ってるという、それだけでもインパクトがものすごいブロガーさんです。

 

それでいて毎回必ずフィールドのゴミを拾ってるんですよね。

 

現在のバスフィッシング事情は深刻ですが、ゴミ問題も後を絶たない中、自らが率先してゴミを拾う事をブログで発信するのは頭が下がります。

 

ゴミを拾う事はあっても、画像付きで公開するのは手間だし、心無い人からのツッコミもある事でしょう。

 

それでもこちらのブログの影響でゴミ拾いをする方は増えたのではないでしょうか。

 

少なくとも自分は影響を受けて、せめて自分が釣りに行った時にはなるべくゴミを回収しようと努めるようになりました。

 

ゴミを出さないのはあたりまえですが、積極的に拾うまではしてませんでしたからね。

 

影響力ってこういう事なんでしょう。

 

さいごに

 

理想のバス釣りブログ=個性・強み、と言う内容になってしまいましたが、いろんな意味でそれが結論でしょうね。

 

でもその強みって、じつは一番大事なものではありません。

 

一番の強みは「書く事が好き」、これでしょう!

 

ブログを書く上での強みと言うかコツがあるとすれば、無限にあるネタではないでしょうか。

 

それは生きてる限り尽きる事はないですよね(笑。

 

正直PVを上げるために狙った記事を書いたりしますが、好きで毎日続ける中での事です。

 

書くのが好きじゃない人は続かないと思います。

 

今回紹介させてもらったブロガーさんは世の中に沢山あるバス釣りブログのほんの一握りで、自分が知らないおもしろいブログはまだまだ沢山あると思います。

 

みなさん書くのが好きで続けてる訳ですから、その時点で強みになってるんですよね。

 

自分もそこだけは負けないので、書く事を止めずに続けて行きたいと思います。

 

読者の方にはこのブログの成長を見守ってもらえれば幸いです。

 

そんなお話でした。

 

終わります。

 

 

ブログ関連記事はこちら

● ホーム画面からワンタッチでブログページを開く方法

● 【バス釣りブログの未来】 書き続けた先に何があるのか

● 【ブログのPVを増やす方法】更新頻度が高いとバズは出やすいが

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表