房総チャプターとバス釣りブログ なぜか今自分の釣りを振り返ってみる

長文です。

 

自分の釣りにハッキリと確信が持てるようになったのはここ1~2年の事です。

 

それって房総チャプターに参戦を始めて、そしてブログを書き始めてからなんですよね。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

突然ですが…

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

なぜか突然書きたくなってしまいました(笑。

 

今自分の釣りにハッキリと確信を持って、輪郭が見えてきたように感じてます。

 

それまでも同じようにやってきたのですが、これまでの点が繋がって線になってきたと感じてるんですよ

 

まあ、また勘違いかもしれないですが、釣れる気しかしないというか(笑。

 

もちろん得意な時期があれば苦手な時期もありますし、一年を通して自信を持って釣れると言う訳ではありません。

 

ただ、これから本格的な夏に向かって自分の釣りは勢いが増すように感じてます。

 

スポンサーリンク

房総チャプター

 

2015年からエントリーを始めて今年(2017年)で房総チャプター参戦三年目です。

 

その前まで釣りブランクが丸6年ほどありまして、その間はまったくロッドを握ってませんでした。

 

そして今のリールカスタムパーツを作る仕事になったおかげで、また釣りができる環境になった訳ですが、復帰したばかりの頃はまったく釣れませんでした。

 

復帰とほぼ同時くらいで房総チャプターにエントリーしたのですが、まあFecoルールの事もあって相当に戸惑ったんですよね。

 

これは過去記事で何回も書いてますが、とにかくライトリグがまったく釣れなくなってしまいました(笑。

Feco(エコ)タックルについて言わなくては ぼくらはどうすれば良いのだろう?

2016.06.08

 

タックルも全然足りなくて、最初は借り物でやってたんですよね。

 

ただ一本だけ、ブランク前にどうしても手放せなかったロッドがハリアー80で、フリッピングという自分のスタイルは死んでなかったというか。

 

それでも思ったように出来なくて、初年度は散々でしたが、最終戦に少しだけキッカケを掴んだように感じてました。

 

しかし自分の思い描いた釣り方に全然届いてなかったので、納得がいかないまま初年度が終わった感じでしたね。

 

それは逆に、もっとちゃんとできれば釣れる、という自信の裏返しだったようにも思いますが。

 

そしてその年の最終戦(九月)がある頃、ほぼ同時期にこのブログが立ち上がったんですよ。

 

自分の釣りが進化を始めるのはここからでした。

 

釣りノート

 

約30年バスフィッシングをやってきて、それまで一度も釣りノートを付けた事がなかったんですよね。

 

なのでそれまでの自分の釣りは全然パッとしないものでした。

 

過去にはJBプロトーナメントに参戦していた時期もあったのですが、そこでも全く泣かず飛ばず。

輝けなかったあの日の試合 人生を変えたかもしれない一日

2016.09.01

 

その後の亀山湖でのローカルトーナメントではかなり自由に楽しくやったおかげで、バスフィッシングそのものはレベルアップしましたが、それでも思ったようには釣れてませんでした。

 

そこから結婚して子供ができて、いろいろあってブランクに入ります。

バスフィッシング休業中のお父さんへ 子供が三歳になったら復活しよう

2016.01.12

 

そしてまたいろいろあって復帰する訳ですが、復帰直後は試練の連続でしたね(笑。

 

自分が知ってる亀山湖ではないようで、まったく釣れませんでしたから。

 

そして房総チャプター1年目はフル参戦して一度もリミットが揃わないという酷い結果

 

そしてその年の秋から始めたブログに亀山湖の自分の釣りを公開するようになりました。

 

記事にするために過去の自分の釣り方を細かく思い出して、見た人に釣ってもらいたくて思ってるすべてを公開したんですよね。

 

途中精神論まで書いたりして(笑。

 

これが自分の釣りノート的なものとして機能し始めます。

 

環境を整える

 

房総チャプターに参戦した目的は段々と変わってきてます。

 

最初は単純に釣りをするためでした。

 

自営業で家族で仕事をしていると、休みというものを自分で決めないと延々と仕事をしてしまうんですよ

 

なので年間の予定を先に決めてしまい、その日は何があっても絶対に釣りに行くと自分に課した訳です。

 

それは功を奏して、試合とその前日で二日間釣りができるようになりました。

 

ブランクの間まったく釣りに行けなかったので、そこから考えると夢のような環境だと思えたんですよね。

 

そして連続で釣りができるのは大きかったです

 

二日間釣りをすると、月に二回釣りをするのでは絶対に見えないものがありますからね。

 

やりこんでる人と比べれば全然ですが、自分の中では大きな進歩になりました。

 

そうなると目的は大きく変わってきて、ハッキリと勝ちたいと思うようになっていくんですよ。

 

読者に証明してもらうため

 

ところで、亀山湖でフリッピングというのはキワモノ枠だと自覚してました(笑。

 

でもブログのキャラ設定だと思われるのが悔しくて、読んでもらってる人になんとか釣ってもらおうと必死に書きましたね。

 

書いてる事が嘘じゃないと言う事を証明するのが公式のトーナメントで結果を出す事であり、ブログを見てくれた人が本当に釣課をあげる事だと考えたんですよ。

 

まあ、それは今でも変わってませんが。

 

とにかくそれまでの色んな経験を記事に落とし込みました。

 

それは自分でも忘れてた事を思い出して書きなぐったので、書き始めは本当に苦労した記憶があります。

 

やはり不特定多数の人に見てもらって、実際に釣ってもらおうとする為には内容に気を使って書くようになっていったんですよ。

 

感覚的な部分は活字では伝わらないですから、理論立てて整理した事を書かなくてはならないですからね。

 

そうやって書き留めてるうちに、自分で自分の釣りを理解していったんですよ

 

そう考えると、ブログで一番恩恵を受けたのは自分自身だったのかもしれません(笑。

 

二年目の躍進

 

ブログを書き始めて半年が過ぎた頃、翌年(2016年)の房総チャプターが始まります。

 

初戦こそノーフィッシュでしたが、二戦目には初のリミット達成で6位に食い込みます。

チャプター房総2016 第二戦ノリーズCUP 後編 ついにテキサスが火を吹くも結果6位

2016.05.20

 

そして三戦目には待望のトップウエイトを叩き出すのですが、ここはペナルティーがあり三位まで落としてしまいます。

チャプター房総第3戦 トップウエイトでしたが三位でした(ノ_-。)

2016.06.15

 

でも房総チャプターに参戦して初のお立ち台に乗る事ができました。

 

その後の試合はミスもあり不本意な結果に終わりましたが、逆にまだまだ伸びしろがあると思えたんですよ。

 

それでもこのシーズンは13位でフィニッシュ

 

まあノーフィッシュが二試合(五戦中)もあった事を考えると上等でしたね(釣った試合はすべてシングル)。

 

確信

 

三年目の開幕戦はまたしてもノーフィッシュでしたが、これは想定内(笑。

チャプター房総2017開幕戦レポート まずは結果速報

2017.03.22

 

いや、絶対に克服しないといけない課題ですが、問題は二戦目も参加点のみだった事です。

 

これは悲惨な結果でしたが、しかしこの試合でハッキリした事は、プラクティスのやり方が間違ってるという事。

【房総チャプター2017第2戦結果】 参戦レポートです

2017.05.17

 

これまでは前日プラクティスを自分を釣りに慣らすための練習と位置づけてきました。

 

なので関係なく前日も釣ってしまってたのですが、3戦目の前日プラクティスは徹底して魚に触らなかったんですよね

 

結果3キロオーバーで僅差の6位と、まあまあ納得の結果が出るんですよ。

【カバーフリップで3キロ超え】房総チャプター2017第3戦自分の結果

2017.06.15

 

この時結果的に三本カツカツでしたから、前日にフックアップしてたらノーフィッシュだったかもしれませんよね(笑。

 

そのくらいシビアに考えないと試合で結果が出ないんだと確信しました。

 

復帰当時プラクティスでは魚に触れない事が多かったんですよね。

 

それが段々自分のレベルが上がってきたのか、プラクティスでも魚が見えるというか。

 

なので試合のためのプラクティスとしてキッチリ意識すれば、自分は本番で釣る事ができると言う自信がついたキッカケとなった試合でした。

 

釣る自信

 

自分の中で最近決定的に確信を得た釣行がありました。

 

じつは先日サブイズムさんと亀山湖に浮いた時、ちょっとしたやり取りがあって、自分の釣りに自信を深めたエピソードがあったんですよ。

 

それは釣ろうと思えば釣るという自信が出てきたという事。

 

このブログに書いてる技術的な部分とか、これまでの経験の話は自分の釣りのほんの少しなのかもしれません。

 

活字で伝えきれてない部分こそが核心なのかもしれないですね。

 

いや、その部分は頑張って記事に落としていこうと思ってますが、それはほんの些細な事の積み重ねなんですよ。

 

先日の釣行でも、バックシートに乗ってもらってるので、どうしても1人の時よりステルス性が低くなるんですよね。

 

ちょっとした船の揺れ方で食いが浅くなったりするのを、ハッキリと感じる事ができました。

 

で、パートナーにその事を説明して、「次釣ります」的な事を言った後に本当に釣れて、そういう事なんだなと安心できました。

 

いや、サブイズムさんには何の落ち度も無かったですよ。

 

これは自分の中の事であり、フリッパーとしての感性の部分の話です。

 

ここ数ヶ月の間は、これまでと比べて釣りに行く頻度が上がってたので、釣りがキレてるのかもしれません。

 

今なら普通に釣れるような気がしてしょうがないというか(笑。

 

おわりに

 

バス釣りブログを書いてる事が確実に自分のバスフィッシングに良い影響を与えてると確信してます。

 

そしてそれが見てくれる人にとっても有益な情報であるなら、これほど嬉しい事はありません。

 

自分はただの一般人であり、エラそうな事を言っても所詮アマチュアです。

 

もっと通いこんでるローカルの人は本当にレベルが高いですからね。

亀山湖のプロガイドを受けてきたけどメリットしかなかった件

2017.02.01

 

そのレベルの人達に試合で勝とうと思ったら、下手に守りにいったのでは太刀打ちできません。

 

やっぱり三振かホームランのような試合をしなければならないでしょうね。

恐れ多くもトッププロに勝とうと思ったらどうするのか考える

2016.09.18

 

ただ、いつまでもそんな事をしてるつもりま毛頭なく、近い将来は必ず年間通して争えるようにしたいと思ってます。

 

そのために今は環境を整えてる最中ですね。

 

それにしても、釣りに行く時間が無いと嘆いていたのはすべて自分のマネジメントの問題だと自覚しました。

 

釣りに行きたい気持ちを抑える事なく、無理やりにでも釣りに行くとやっぱり釣りがキレてきます(笑。

 

ここから試合が続くので、このマインドを下げる事なく望みたいと思います。

 

まあ、実際の試合ではどうなるかわかりませんが、失うものもないので思いっきりやってきますね。

 

応援してくれる方の期待に応えられるよう頑張ってきます!

 

長々と長文にお付き合い頂きありがとうございました。

 

おわります。

 

釣り人的思考について他の記事はこちら

● フワフワした釣りを止めたらデカバスが釣れるようになった話

● 【大会本番でデカバスが釣れる人】 アマチュア目線で考えてみます

● デカバス攻略のための考え方 その2 次の一投で来ると思えるか

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表