バス釣り初心者向け【おすすめベイトロッド】自分が短いロッドを激推しする理由とは

これからバス釣りを始める方に限らず、短いロッドは無条件に楽しいんですよ。

 

初心者の人にも聞いて欲しい、自分のショートロッド推しの理由を熱く書いておきます(笑。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

最初に

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

さて、タイトルに短いロッドが良いと書いておいて何ですが、自分が普段メインに使ってるのは8フィート(2.5m)近い超ロングロッドです。

 

ハリアー80

 

しかしそれは自分の釣りのスタイルの問題であり、これから釣りを本格的に始める方におすすめするものではありません。

 

自分が長いキャリアの中で、いろんな釣りをして辿り着いた結論なんですよね。

 

フリッピングDaiwa17タトゥーラSV TW

 

自分もバス釣りを始めた当初はいろんなロッドを買いましたが、良く使ってたのは短いロッドでした。

 

そしてもちろん今でも平均よりも短いロッドは良く使いますし、非常に使いやすく感じてます。

 

現在所有しているロッドが12本ほどあるのですが、その中の5本が6.3フィート(約1.9m)です。

 

6.3 フィートロッド 17.36.47

レンタルボートのバスフィッシングに6.3フィートが使いやすい

2017.05.27

 

ちなみに残りのロッドのうちの三本はフリッピングロッドと呼ばれる特殊な超ロングロッドなので、持ってるロッドのほとんどが極端に長いか短いかのどちらかですね(笑。

 

それではその理由を説明していきますね。

 

スポンサーリンク

自分から近い距離を狙う

 

バス釣りには無限の釣り方があり、どういう釣りをするのかはその人によって全く違ってきます。

 

自分の場合、千葉県房総半島にあるリザーバー亀山湖というところがホームフィールドなんですが、そこでは小さなレンタルボートが主な移動手段です。

 

房総房総チャプター第3戦_055859

 

岸からも釣りができる場所はあるのですが、ダム湖なので基本的に岸際は切り立った岩盤が多いので、釣りが出来る足場は限られてます。

 

chiba-lake-kameyama2

 

自分の場合はやはりボートでの釣りが好きなので、大型のボートよりもお手軽にできるレンタルボートの釣りを選択してる形ですね。

 

で、そのレンタルボートの場合、極端に遠い場所までルアーを投げなくても釣りは出来るんですよ。

 

細かいノウハウはもちろんありますが、距離よりも狙ったところにルアーを投げられる精度の方が大事だと考えてます。

 

Bass fishing short rod

 

その時にロッドは短い方が狙ったところにルアーを投げやすいんですよね。

 

もしも遠くを狙う必要がない状況なら、ロッドは短いほど良いと考えます。

 

それは例えばバスの管理釣り場なども含まれます。

 

長男初バスフィッシング 07.50.31

【宮城アングラーズヴィレッジ】の足元カバー撃ち

2016.10.25

 

初心者がバス釣りの基本的な動作や、釣れる楽しさを体感するならバスの管理釣り場は非常に有効な手段と言えます。

 

その管理釣り場でも短いロッドの方が有利に働く状況は多いです。

 

限られた範囲の中に人工的なカバーが設けられてるので、遠投よりも精度が求められますからね。

 

長男初バスフィッシング 08.21.53

初めてのバスフィッシング 小学校三年生の長男は拘りが強かった ほぼ日刊むすこ

2017.04.16

 

逆にレンタルボートや管理釣り場で長いロッドが有効な条件は少ないと思いますよ。

 

適度に曲がるロッド

 

さて、そんな訳で短いロッドのメリットはおわかり頂けたでしょうか。

 

しかし短いと言っても色々ある訳で、短ければ何でも良い訳ではありません。

 

微妙なニュアンスを活字で伝えるのは難しいのですが、一言で言うと「硬くないロッド」と言う感じでしょうか。

 

ルアーを結んだらベナンベナンにしなってしまうロッドではダメですが、キャスティングの時にルアーの重さでしっかりと曲がってくれるロッドが気持ち良くキャストできますよ。

 

まあルアーにも重さが色々あるので、どのルアーに合わせるかで違うんですけどね(笑。

 

TACKLE-BOX

【タックルボックスの肥やし】その② 亀山湖で拾ったルアー偏

2017.02.07

 

なのでここでは、完全に自分の主観でおすすめルアーとそれに合ったロッドを紹介してしまいます。

 

ズバリ、エバーグリーンの【D-ZONE3/8oz】と言うスピナーベイトに【SHIMANOエクスプライド163ML-G】というロッドの組み合わせはバランス的に良いのではないかと。

 

SHIMANOエクスプライド163ML-G13.26.43

【シマノ17エクスプライド163ML-G】 グラスなのにスゲー軽くてビビった

2017.05.14

 

スピナーベイトで3/8ozは標準よりもやや軽めなんですが、キャスト後に巻いた時の根がかりなどを考慮すると、このくらいの重さが使いやすいと思うんですよね。

 

D-ZONE-FISH

画像は1/2ozで釣った50cmオーバー↑

 

そしてSHIMANOエクスプライド163ML-Gというロッドは一部グラス素材を使用してる、いわゆるコンポジットロッドというヤツです。

 

これは自分も使ってるのですが、全体的にシャッキリしてる中に、キャスト時に適度に曲げってくれるので、非常にキャストがしやすいんですよ。

 

この手のロッドは長くバスフィッシングを続ける中で、一本持ってて絶対に損の無いロッドです。

 

軽いリールと愛称が良いが

 

ちなみにリールは割と何でも良いので、まあ別記事で紹介しているDaiwa17タトゥーラSV TWをおすすめします。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW

バス釣り【おすすめのベイトリール】 まちがいの無い一台はこれだ!Daiwa編

2017.06.26

 

ただロッドとリールのメーカーが違うと気になる人もいるかもしれませんね。

Daiwa製ロッドにSHIMANO製リールはおかしいのか?(笑

2016.11.15

 

その場合はリールをSHIMANOから選ぶのもありですよ。

 

値段的に手ごろなのはスコーピオンBFS(ギヤ比6.3の方)あたりでしょうか。

#SHIMANO #scorpion #BFS #XG #軽い #けど安っぽい(笑)

欠塚実さん(@kakedzuka)がシェアした投稿 –

 

実売価格で25000~26000円台ですね。

 

これならDaiwa17タトゥーラSV TWの方が5000円以上安いので絶対お買い得なんですけど、そこはお金を出す人の判断です(笑。

 

ちなみにこのレベルより安いものを求めるのはおすすめしません。

 

ベアリングの数が少なかったり、ボディーの剛性感が安っぽかったりするので、使ってるうちに飽きがくると思いますよ。

 

まあ、いずれ取り替えるつもりで思いっきり安いのを買うのはアリですけどね。

 

短いロッドと合わせるリールは軽い方が良いんですが、スピナーベイトのように投げて巻くを繰り返す、いわゆる巻物には適度に重量があった方が安定します。

 

これはロッドを寝かせた状態でリールを巻く事に関係してるんですよ。

 

ロッドを立てるワームの釣りではリールは軽いに越した事はないですけどね。

 

結論

 

バス釣りの道具に関する話はキリが無いんですよね(笑。

バス釣りには何でそんなに釣竿が必要なのか

2017.06.06

 

なのでこの辺で無理やり結論を出してしまう事にします。

 

初心者はショートロッドを使って巻物をやるのが良い、という事でまとめてしまいますね(笑。

 

じつはこれはうちの小学校三年生の息子にタックルを買ってやる事と重ねて考えてまして。

 

長男初バスフィッシング 11.27.26

 

バス釣りの楽しさっていろいろあって、釣るだけじゃなく、好きなルアーを選んでそれをキャストする楽しみもあるんですよね。

 

投げて巻くだけでも楽しいんですよ。

 

でも硬くて長いロッドを持たせたら、全然投げられなくて可愛そうだったんです。

もっと投げやすいロッドだったらよかったな、とその時思ったんですよね。

 

なので初心者の方はまずキャストの感覚を体で覚えて欲しいんです。

 

そのためにはよく曲がる短いロッドに、適度に重さのあるルアーが良いと思うんですよね。

 

ここでは以下のタックルを強く推奨します。

ロッド:SHIMANOエクスプライド163ML-G

リール:Daiwa17タトゥーラSV TW7.3L(右で巻きたい人はR)

ルアー:エバーグリーン D-ZONE3/8(またはOSPのハイピッチャーやノリーズ・クリスタルSなどもエサレベルと言われてるスピナーベイトです)

ライン:フロロカーボン12ポンドクラス(自分はシーガーフロロマイスターと言うラインを使ってます)

 

おわりに

 

かなり主観的な記事でしたが、自分の考え方を大まかに書かせてもらいました。

 

バス釣りは人によって考え方が全然違いますから、別のもっとレベルの高い方が見たら違う意見があるかもしれません。

 

それはそれで違う正解なんだと思いますが、今このブログを見てもらったのも何かの縁ですから、良かったらブログ内のほかの記事も覗いてみてください。

 

筆者である管理人カケヅカの考え方が沢山詰まってます。

カケヅカさんてどんな人? 詳しいプロフィールを書いてみた

2016.08.13

 

自分が心配してるのは、初心者の方がただのカタログスペックをコピーしただけの中身の無いサイトを見て、考えなしに適当なものを買って後悔する事が怖いんですよね。

 

バス釣りは一生をかけて遊べる楽しい遊びですから、そのスタート時に後悔するような買い物をして欲しくないだけです。

 

今回紹介した釣り道具はほんの一部で、この先続けていけば無限に道具の選択肢があります。

 

その第一歩は、実は何でも良いと思ってます(笑。

初めてのベイトタックル二本目のベイトタックル ロッド偏 (超主観)

2017.04.21

続・初めてのベイトタックル リール偏 (超主観)

2017.04.26

 

でも、せめてバランスの取れたコストパフォーマンスの良いタックルを買ってもらいたいと思ってます。

 

今後良い釣りをするお手伝いになったのなら、これほど嬉しい事はありません。

 

早く最初の一本を手に出来ると良いですね。

 

そんな記事でした。

 

おわります。

 

ロッドに関する記事はこちら

● じゃあ折れないロッドってあるんですか ロッドを折らずに使う3つの心得

● バスロッドのメーカーミックス 各社の相性について考えてみる

● 巻きと撃ちを同じロッドでやるのはアリか?

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク