【初心者が始めて買うバス釣り道具】の罠に気をつけろ

何かを買おうと思ったらネットで何でも調べられる時代になりました。

 

でも釣り道具に関しては、顔の見えないサイトから買うのは大間違いだと思ってます。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

キュレーションサイト

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

自分には小学校3年生の息子がいます(長女は5年生、次男は4歳)。

 

その長男にタックルを買ってあげようと思ってるのですが、いきなり高価なものは買えないので、適当な価格帯の初心者でも使えそうなものを探してるところなんですよ。

 

ところがネットでいろいろ調べてるうちに、本当に信頼できるサイトが中々出てこないのがショックでした。

 

自分もバス釣りブログをやってる訳ですが、割とやりこんでる中級者から上の人にはヒットしそうだけど、本当の初心者の方には見てもらってないかもしれないと思ってしまいました。

 

と言うのも前回の記事で書いた通り、カタログスペックをただ写しただけの薄いサイトが検索上位を独占してる状態だったからです。

 

本当にその商品を自分で買って、実際に自分のホームフィールドで試したインプレッションを書いてる個人ブロガーさんは、ビッグワードにはヒットしないんですよ。

 

さながら少し前に話題になったDeNAの「WELQ(ウエルク)」の問題と同じ状態になってるんですよね。

 

これは非常に危険な状態だと思ってしまいました。

 

スポンサーリンク

身銭を切ってるかどうか

 

例えばバス釣りをこれから始める方にとって、信頼できる情報源には釣り雑誌や釣りメディアがあると思います。

 

でも意外と専門用語が多く、本当の意味での初心者向けでは無いように感じますよね。

 

それは自分のような個人ブロガーも同じで、つい使い慣れたバスフィッシング用語を乱用してしまい、知らない人が見たら何を言ってるのかわからないでしょう。

 

でも釣り雑誌も個人ブログも共通して、使ってる道具や釣りの情報にウソはないんですよ。

 

個人ブロガーは実際の道具を身銭を切って購入しているし、釣り雑誌に出ているバスプロやメディアプロも普段その道具で釣りをしている訳ですからね。

 

なので大量のメーカーや機種を一気に紹介してるようなサイトは信憑性に欠けると言わざるを得ない訳です。

 

個人ブロガーなら好きなメーカーの好きな機種、あるいは実際に使ってみたけどイマイチ自分には合わなかった的な事を書いてるはず。

 

それがカタログスペックを丸写しで、ありきたりの良い事しか書いてないサイトは逆にウソだと思ってしまいます。

 

いや、カタログスペックに嘘は無いですが、実際に使った事は絶対にありえないという意味ですね。

 

というか、バス釣りをした事無いんじゃないでしょうかね(笑。

 

厳選記事

 

バス釣り雑誌はその点で初心者の方に貢献してきたと思います。

 

ただ、時代は変わり、今はまずネットで検索をかけて探しますよね。

 

それが初心者の方が罠にはまる要因になってるのが残念でなりません。

 

本当なら過去にあったバス釣り雑誌の神記事を個人ブロガーがリンクを貼って推奨したいところですが、まだ釣り雑誌の方がデジタルに対応しきれてないのが現状です。

 

その点はぜひ改善を急いで頂きたいと切に願っております。

 

そうなると、自分の知ってる限りの個人ブロガーさんや、メディアで解説しているバスプロやメディアプロの方々の記事や動画を紹介する事に全力を注ぐ他ないかと。

 

特に自分自身非常に参考になった他のブロガーさんの記事は、もっと初心者の方の目に止まってもらいたいと本気で思ってます。

 

優良記事は数え切れないほど存在する訳ですから、それをもっと検索上位に表示させて偽バス釣りブログと比べてもらいたいですね(笑。

 

おわりに

 

今小学生に初めてバス釣りをさせるためのタックルを探してるところですが、中々明確な探し方が見つからなくて戸惑ってます。

 

これは逆にチャンスで、自分が本当の初心者に必要な記事を書かせてもらえるかもしれないと思ってます。

 

ただ、この作業はとても個人が1人で出来るものではありませんので、どうか他の個人ブロガーさんに協力してもらいたいのです。

 

我々はなんと言っても身銭を切ります。

 

その上で良くも悪くも真実を自分の言葉で伝える訳ですよね。

 

それがこれからバスフィッシングを始める初心者の方にとって、もっとも有益な情報になると信じてます。

 

釣り道具の好き嫌いは誰にでもありますが、その理由も一緒に、時に思いっきり主観的にインプレッション記事を書けば良いと思います。

 

それは釣り雑誌やバスプロにすら出来ない、釣りアマチュアの絶対的な強みですからね(笑。

 

今後初心者の方に向けて、タックルの探し方を提案していければと考えてます。

 

どうぞご協力頂ければと思っております。

 

いや、ただ楽しくインプレ記事を書けば良いだけなんですけどね(笑。

 

じつはそこが一番の強みだったりします(笑。

 

釣りが好きじゃない人が釣り道具についての記事を書くのは苦痛でしょうからね。

 

そんなお話でした。

 

おわります。

 

ブログ関連記事はこちら

● ホーム画面からワンタッチでブログページを開く方法

● 【バス釣りブログの未来】 書き続けた先に何があるのか

● 【ブログのPVを増やす方法】更新頻度が高いとバズは出やすいが

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク