房総チャプター2017第3戦 トップは驚愕の5865g!

房総チャプター第3戦終了しました。

 

自分は3キロ超えたけどお立ち台寸止めの6位で、惜しいような気もしましたが、優勝がとんでもないスコアだったので、只の人という感じですね(笑。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

 

スポンサーリンク

58cm×2本

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukass)です。

 

まずは優勝ウエイトが凄すぎるのでザックリと説明します(笑。

 

今回の優勝者・北川政勝さんですが、5865gと言うウエイトの内訳は2500g2700g650g(確か)で、二本の58cmが入ったとの事です。

 

20170614_151645

もう次元が違い過ぎて訳がわかりませんね(笑。

 

ちなみにこの二本ともまったく同じ場所で釣ったらしいです。

 

見えてるヤツだったらしいですが、凄い釣りですよね。

 

まあ、お話を聞いた限り、来る途中の高速道路でスピード違反で捕まったらしいので、そのおかげ?と本人は仰ってました。

 

詳しい釣り方は後日別記事でアップする予定ですが、果たして再現性があるのかどうか(笑。

 

スポンサーリンク

減水と気温低下で悪戦苦闘?

 

さて今回の房総チャプターですが、自分は前日から入りまして、珍しく色々と試したのですが魚を触れず(汗っ。

 

前日の気温はおそらく20度なかったと思います。

 

一日防寒着を着るほどの寒さでしたね(防寒の下は短パンTシャツ)。

 

今回は魚を探すためのルアーやメソッドを開拓するべく、虫系ワームやデカ羽根モノも導入したのですが、いかんせん気温が低すぎるせいか、まったく反応がありませんでした。ま

 

他の方に聞いても、難しいとの事。

 

500gまでなら数は釣れるけど、キロフィッシュをどうするのかがまったくわからず。

 

ちなみに自分にはその500すら釣れず(泣。

 

まあ好きな時期だし、カバーで通しちゃっても良いかな、と言う思いはあったので、真剣カバー撃ちで感触だけ確かめてみた訳です。

 

今回は先端をカットした完全プラ用フックで、もしも深く食っても物理的にフッキングしないようにしました。

 

いつも前日釣ってしまって失敗するので(笑。

 

で、感触は非常に良く、話をした強豪選手がカ「バーはダメですね」と言う中、自分はカバーでバイトが取れてたので、自分だけの魚かもしれないと、淡い期待をしてしまってました。

 

感触としては、咥えたワームをグイグイ持って行くほどアクティブだったので、これはカバーだけで三本行けそうだな、と。

 

咥えて持って行く時の首の振り方で、そんなにチビではないのでは?、と。

 

後はフッキングしないようにロッドを揺すって優しく?外してやりました。

 

「今日はダメだから、明日遊ぼうね」、と約束して(笑。

 

1.5m減水の影響

 

今回難しいと皆さんが口を揃える原因の一つが約1.5mの減水です。

 

20170613_043142

ここに気温低下がプラスされて、見えバスがどんどん下がってしまったようです。

 

結果的に優勝の北川さんは見えてるデカバスを仕留めた訳ですが、その他の上位選手の方達はサイトではないようでした。

 

今回サイトを得意とする上位常連組がお立ち台を逃してる事からも上流域のサイトフィッシングが厳しかった事を物語ってますよね。

 

とにかくここ数日間で日に日に状況が悪化したらしいです。

 

自分は二週間ぶりで先入観もなく、厳しいと言われる状況もいつもの事なので気にならなかったですね(笑。

 

そしていつになく前日練習をちゃんとやったおかげで目標の三キロを達成したのですが、周りが釣れ過ぎて悲しい結果に。

 

でもまあ、中々しびれる展開で試合ができたので良しとします。

 

詳細は後日タップリと(笑。

 

気温上昇が明暗

 

試合当日は昼前から急激に天候が回復。

 

朝は寒いくらいだったのが、昼からは真夏の様相(笑。

 

この気温差は試合の展開に大きく影響します。

 

優勝の北川さんがデカバス2本を立て続けに取ったのが昼過ぎからですから、天候の回復を味方につけたと言ってよいでしょう。

 

対する自分は天候の回復にアジャストできず、小さいのを最後まで入れ替えられずでした。

 

試合は本当におもしろいですね。

 

久々にしびれましたが、まだまだ足りない事だらけでした(笑。

 

一旦まとめます

 

さて、そんな感じのチャプター房総第三戦でしたが、優勝者のウエイトがズバ抜けてましたが、二位以下は例年通りと言って良いでしょう。

 

二位が3790g、三位3335g、四位3095g、五位3050g。

 

そして自分が3035gと、トップ集団の最後尾と言った感じでしょうか(笑。

 

20170614_141720

 

毎年ハイウエイト戦になる6月ですが、去年はトップウエイトを出してるように、自分としては好きな季節です。

 

カバーの中層シェイクがハマりやすい時期なんですよね。

 

ちなみに今回は折木沢上流組は相当に苦戦したようで、2015・2016年と連続で年間タイトルを取っている絶対王者の鶴岡克則さんは2695gとまったく本来の破壊力は発揮できなかったようです。

 

房総房総チャプター第3戦_142833

 

そして年間同率首位で迎えた馬場孝介選手も2610gと、これまた本来の実力ではなかったようです。

 

房総房総チャプター第3戦_143021

 

上のお二人は今回折木沢上流で勝負したようですが、前日に降った冷たい雨の影響で狙っていたサイズがいなくなってしまったという事を仰ってました。

 

それと今季仲良くさせてもらってる亀山湖スーパーロコの板山さんですが、どうもキロフィッシュをバラしてしまい、本人曰く大外しの2225g/16位と不本意な結果だったようですね。

 

これで今季ここまでの年間順位は入れ替わって、この日お立ち台4位になった大塚高志さんがトップに踊り出た格好です。

 

さて残り二戦果たしてどうなるのでしょうか。

 

自分はすでに年間争いは関係無い立場なので、一戦の優勝だけを狙って、でも自身のレベルアップのために他の方の釣りを見て勉強させてもらおうと思ってます。

 

参加者のみなさん、大会関係者役員の方々、お疲れさまでした。

 

次戦も宜しくお願い致します。

 

 

亀山湖と房総チャプターのルールに関する記事

● 亀山湖(亀山ダム)のすべてのボート店桟橋が釣り禁止に

● もうすぐ亀山湖(亀山ダム)でライブウェル禁止期間が始まります

● 桟橋近くはスローダウンしないと船が揺れて危ないよ

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表