【レンタルボートのハイデッキ】 セッティングはちゃんとしなきゃダメだと反省した話

まあまあ大事件でした(笑。

 

いまだから笑って書いてますが、下手したら大惨事でしたからね。

 

あやうくタックル全部と自分ごと落水するところだったという…。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

セッティング間違い

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

先日の房総チャプター2017第2戦の前日プラクティスの時でした。

 

この日自分がお誘いして、人気釣りメディアBURITSU編集長・北畠蘭知亜さんに同船頂いてたんですが、そこで事件は起きました。

 

二名乗船と言う事で14フィートをレンタルしたのですが、そこにいつも使っているハイデッキをセットしてたんです。

 

これまでも14フィートにこのハイデッキで釣りをしていて、特に問題は無いと思ってたのですが、思いっきりひっくり返りそうになってしまいました。

 

IMG_7142

 

上の画像をみてもらうとわかりますが、体重を後ろに預けすぎてデッキごとひっくり返ってしまいました。

 

この日は珍しくタックルを10セットも積んでたのですが、奇跡的に一本も落とさずに済んだという(汗っ。

 

久しぶりに背筋が凍りつきました。

 

この画像は自分が無理やり頼んで同船の蘭知亜さんに撮影して頂いてます。今後誰かの事故防止に繋がれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ハイデッキのセッティングは慎重に

 

この日同船して頂いた北畠蘭知亜さんには本当に申し訳ない気持ちで一杯でしたが、とりあえず自分もタックルも無事だったのでこの後普通に釣りをしました。(蘭知亜さん本当にごめんなさい)

 

房総チャプター2017第2戦 09.31.21

 

でも一歩間違えたら落水&タックル全部水没だったかもしれません。

 

ここでの原因はハイデッキの下に十分なスペーサーを入れてなかったということ。

 

ブロック型の発泡スチロールを二つだけしか敷いてなかったんですよ。

 

いやはや、軽率でした。

 

その後はいつも必ず船に積む衣装ケースを敷く事で対応しましたが、次回からはもっとしっかり対策しないとダメですね。

 

この日の釣り

 

ちなみにこの日の釣りですが、あまりにも大きなアクシデントがあったので記憶が前後してます(笑。

 

前日プラクティスとして記事に書いてますが、蘭知亜さんにファーストヒットしてから自分もボイル撃ちで一本。

 

房総チャプター2017第2戦 06.10.55

 

その後の移動中にハイデッキ事件、そしていろいろと見て回って、本湖のカバーでナイスサイズが出るという展開でした。

 

IMG_7167

 

自分のプラクティスにお付き合い頂いた関係で蘭知亜さんはほとんど魚に触らず。

 

自分のプラクティスを優先してくれてありがとうございました。

 

房総チャプター2017第2戦 05.32.12

 

にも関わらず本戦は大惨敗で合わせる顔が無いです…。

 

でも色んなお話をしながらの釣りは楽しかったですね。

 

また機会があればご一緒したいです。(次は別のフィールドも楽しそう)

 

そんな北畠蘭知亜さんの癒し系釣りブログはこちら↓

 

まあ、とにかくハイデッキのセッティングは慎重にやりましょう。

 

終わります。

 

関連記事はこちら

● BURITSU編集長・北畠蘭知亜さんと亀山ダムで釣りしてきた

● 台風接近の亀山ダム ベイトフィネスで数を釣ってわかった事

● B-1スケールゲットだぜ! とある要人との釣行

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
    東京都足立区在住
    ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表