バス釣りブログで同じネタを繰り返し書く事の意味とは

このブログでは同じ事を何回も繰り返し書いてます。

 

それについては決してネタに困って使いまわしてる訳ではないんですよ(笑。

 

こう見えても意外と長期的な視点で考えてるものですから。

 

【ページへのいいねを押してもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

常連さんと一見さん

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukass)です。

 

過去数回を除いて必ず毎日記事を更新してるこのブログですが、それでも必ずその日初めて見てくれる人がいるんですよ

 

むしろその日初めて訪れた方の方が多いのかもしれません。

 

つまり最新記事を毎日読んでくれる固定読者よりも、巡り巡って過去記事のどれかに辿り着いた一見さん(面識なく初めてお店に来た客の意)の方が多いという事です。

 

初めて

 

新しい記事を投稿して公開すると、その時は良く読んでもらえるのですが、翌日には落ち着いてそれほど読まれません。

 

自分が芸能人や有名人ならそれで良いのですが、一般人が書いているバス釣りブログの場合はそれでは全然伸びないと思ってます。

 

最新記事を毎日公開する事や固定の読者さんも大事なんですが、過去記事を読んでくれる初めての読者さんも同じくらい大事なんですよね。

 

その初めての人に対してブログの方向性を明確に、それでいて簡潔に伝えるために同じ内容の記事を繰り返し書いてる訳です。

 

スポンサーリンク

一貫性

 

自分のブログの方向性はハッキリと提示しておくべきだと考えてます。

 

このブログの場合はバスフィッシングとものづくりが大好きな管理人が、自身の経験やものづくりの現場からリールパーツを作る工程を記事にして公開するというもの。

 

そこにホームレイクである亀山湖での自分のスタイルであるフリッピングについての考え方も書いていくという感じになってます。

 

でも毎日書いてると、時には仕事に対する考え方とか家族の事も書いてみたくなるんですよ。

 

むすこ_170148

 

あるいはほとんど釣りに関係ない管理人の趣味の話だったり(笑。

 

なのでブログに一貫性が無くなってしまったと感じた時は、原点に戻る意味でも改めて本筋である釣りとものづくりについて書くようにしてます。

 

意識づけ

 

このブログを始めてから少しずつ「亀山フリッパー」という呼び名が浸透してきたように感じてます。

 

ブログやSNSで絡んでくれた方々がそう呼んでくれるのが大きいと思ってるのですが、非常にありがたく思っております。

 

DeeeP STREAM(言わずと知れたバスフィッシング界のモンスターブログ。いつも紹介頂きありがとうございます。個人的にも仲良くさせてもらってます。)

雄蛇ヶ池 蛇の道は蛇 バス釣りブログ(雄蛇ヶ池をホームレイクとしたデカ羽モノ使いのつかじーさんが書くマニアックなブログ。過去に神記事多数なので絶対に読んでおくべき!)

黒田健史のいろはにほへと(現JB TOP50プロの黒田健史さんがメーカーの垣根を越えてリアルな製品インプレなどを書いている希少なブログ。こちらに紹介頂いたのが最近一番びっくりした事。)

サブイズム(アメリカのトーナメントやUSバスプロのコラムなどをアングラー目線で翻訳して記事しているブログ。個人的にこの方はもっと読まれるべきだと思ってます)

ナマローブログNEO(牛久沼のたまやオープントーナメントやH-1トーナメントに自ら参戦してレポート記事を書いている熱いブログ。個人的に近いものを感じてます。)

ikahime(一般アングラー目線と美しい画像でまとめたザ・バス釣りブログと言った感じの記事多し。柔らかそうに見えて、実は結構攻めた記事が多いので個人的に注目してます。)

釣りリアルを求めて(自己紹介が完全に詐称レベルの釣りウマさん、Mr.NoBiteこと北畠 蘭知亜さんのブログ。有名人登場率が半端ない。)

hebinuma(今は亡き…、いやいや、まだ死んでないみたいです(笑。去年くらいから更新が控えめになってますが、元祖バス釣りブログで筆者の師匠的存在です。またガッチリ書いてくれる日が来る事をみさなん待ち望んでますよ)

 

などなど、有名どころのブログで紹介して頂いております。

 

まあ、ある時から自分で「ほぼフリッパーの~」と名乗ってしまってるんですけどね(笑。

 

でもブログを書いていて、自分が何者なのかを読者の方に伝えるのは凄く大事だと思ってるんですよ。

 

自分の場合は顔も名前も公開するスタイルで書いてる訳ですが、逆にキャラがわかりにくいというか(笑。

 

カケヅカ顔出し

 

画面の向こう側で読んでくれてる方に対して、この顔とこのシルエット、そしてこの釣りのスタイルとこの文章で1人の人間を想像してもらってるという。

 

このブログを知り合いに読んでもらうと、まさに本人そのものだと言ってもらえます。

 

どうやら読者の方に対しての意識付けは成功してるみたいです(笑。

 

最強じゃないフリッパー

 

亀山湖に長く通っていて(途中6年のブランク有り)、自分以外にガチのフリッピングをしてる人を見る事がありませんでした。

 

7フィートくらいのロッドでフリッピングの動作をしてる人は見たかもしれませんが、8フィート近いロッドでクラッチを全く切らないカバー撃ちをしてるのは本当に見た事がないんです。

 

自然相手

 

なので亀山湖でフリッピングをしてるのは自分だけかと思ってましたが、まあ他にもいますよね(笑。

 

ただ自分が見てないだけで、同じようなスタイルで、しかも自分より通い込んでやってる人もいるんだと思います。

 

でもこうしてブログに書いて、自分の事をフリッパーだと言う人はまだ居ないのではないでしょうか。

 

だから自分(管理人)が亀山フリッパーと呼ばれるんだと思います。

 

そしてそう呼んでくれる人も、別にこのブログの管理人が亀山最強のフリッパーだとは思ってないのではないかと(笑。

 

ただ亀山湖でいつもフリッピングしてる人、という感じで見てくれてるのかな?、と思ってます。

 

それはその通りで、だからこそ記事に繰り返しフリッピングフリッピングと書くんですよね。

 

キャラクターとしてのフリッパー?

 

ブログの為にキャラを立てようとしてるんでしょ?、と言われると否定はしません(笑。

 

確かに分かりやすくキャラ設定するには亀山湖でフリッピングしてるのは多少インパクトがあるかな、と考えました。

 

でもラッキーな事に、長年亀山湖に通ってきたのは事実ですし、そのうちのかなりの時間をフリッピングに費やしてきたのも事実です。

 

亀山ダム崩落フリッピング

 

たまたま自分にそういう地盤があったんですよね

 

ならばそれを前面に出して記事を書こうと思ったんですよ。

 

なので事あるごとに亀山湖とかフリッピングとか、カバーテキサスとか中層シェイクというキーワードが出るんですよね。

 

逆にこの先、記事の中にこのキーワードが全く出てこなくなったら、初めて読んでくれた方は管理人がどういう人物かわからないでしょう。

 

そして固定読者の方も、「もうフリッピングはやらないのかな?」とか、「亀山湖には行かないのかな?」と思うでしょうね。

 

自分はフリッピング意外の釣りをしない訳ではないし、亀山湖しか行かない訳でもありません。

 

なので逆に自分の原点である亀山湖とフリッピングについては今後もしつこく書いていくと思います(笑。

 

キーワードを育てる

 

亀山湖とかフリッピング以外にも繰り返し書いているキーワードはあります。

 

例えば「リールメンテナンスアマ」とか、「バス釣りブログ」とか、「チャプター房総」とか。

 

毎日書かない「ほぼ日刊むすこ」とかね(笑。

 

この手のキーワードは繰り返す事で、読んでくれる人に対して意識してもらいたいんですよ。

 

あ、またこのキーワード使ってる」というように、何を書きたいかを明確に伝えたい訳です。

 

一つのキーワードを繰り返し使う事で、そのキーワードを育てていきたいんですよね。

 

そうする事でブログ全体に一貫性が出るし、読む人が安心してくれるのではないか、と。

 

繰り返さないのは悪

 

最後になりますが、どんなジャンルのブログでも特定のキーワードを繰り返すのは大事な事だと考えてます。

 

逆に繰り返すキーワードが無い方が問題ではないでしょうか。

 

バス釣りブログで言っても、自分のホームレイクとか、自分の基本スタイルってある訳ですよね。

 

それをコロコロ変えてしまうのはブログとして一貫性に欠けるのではないでしょうか。

 

特に個人ブログは個性が命ですよね。

 

思いっきり主観的に、そして成功体験と失敗体験を生々しく、繰り返し書くところが面白いのではないか、と。

 

ブログを書いていてネタが無くて困っているという方がいたら、同じネタを繰り返し使う事を悪と思ってるんですかね?

 

それは全く逆でしょう。

 

自分が本当に伝えたい事は何度でも繰り返し書きましょう、書いて良いんです(笑。

 

自分が何者で、何が言いたいのかを常に盛り込んで記事を書いた方が絶対に良いです。

 

まあ熱くなってしまいましたが、個人ブログってそういうものだと思うんですよね、というお話でした。

 

おわります。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★