チャプター房総2017第2戦タックル準備

ようやくゴールデンウィークも終わり、やっと仕事に集中できる時期がきますね。

 

今月からはチャプター房総が3ヵ月連戦になるので、ようやく釣りの体になりそうです(笑。

 

そんな訳で急ピッチで試合の準備を進めてます。

 

内容は薄いですが、お時間のある方は覗いてみてください(笑。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

タックルセレクト

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

これまであまり悩む事はなかったタックルセレクト。

 

というのも、これまでの試合ではほぼフリッピングでしか魚をキャッチしてないんですよね(笑。

 

浮き袋

 

2016年の後半はまさかのスモラバで念願のキーパーキャッチャー用の手駒が増えたところでしたが、相変わらず他が弱い。

 

ベイトフィネス&アバカスシャッド2.8

 

特にサーチベイトとしての手駒が圧倒的に弱いので、何とか巻きを絡めた展開を成立させたいと思ってるんですよね。(ただ巻きをやってみたいという噂もあるらしい)

 

そんな訳で今期はなるべくタックルの種類を増やそうと企んでる訳です(笑。

 

スポンサーリンク

主砲は3本に

 

今期の自分的トピックとして、SHIMANO EXPRIDEシリーズにガチのフリッピングロッドがラインナップされたのは嬉しい驚きでした。

 

SHIMANOEXPRIDE 1711XH_174400

 

これまで愛用してきた旧TDバトラーリミテッド・ハリアー80はとっくの昔にデッドストック状態。

 

2016年に奇跡的に新品状態のものが入手できたのですが、この先何かあれば換えが利かない訳でした。

 

20160623_080740

 

その穴を埋めて余りあるEXPRIDE1711XHの登場には本当に心が躍りましたね(笑。

 

早速ポチって手元に来た実機をみて、この値段でこのクオリティーのロッドが買える時代になった事にビックリでした。

 

そんな訳で今期はなんと自分の主砲であるフリッピングロッドが3本体制になりました。

 

思えばチャプター房総に参戦し始めた頃はハリアー80一本でやってましたから、精神安定剤的な意味でも大きいですね。

 

TDバトラーリミテッドハリアー80

 

実売一万円台のロッド達

 

今期の構想として手駒を増やしたいので、ロッドの本数は多いほど良いと考えてます。

 

そうなると無闇にミドル~ハイエンドクラスのロッドは買えないですよね(笑。

 

まずはローエンドモデルで一通り揃えてから、突っ込んだロッドを検討するのが最良の策だと思うんですよ。

 

まあ、単に高いロッドが買えないだけなんですけどね(笑。

 

でも実売一万台のロッドのクオリティーがすばらしいんですよ。

 

特にSHIMANOゾディアスシリーズは評判も良いし、最初の一本としてチョイスしたゾディアス166ML-Gはとにかく扱いやすいんです。

 

SHIMANOZIDIAS6

 

特に何も考えずに購入したんですが、後でいろいろ聞いたところ、コストパフォーマンスは群を抜いてるらしいですね。

 

まあ当分使う事になりそうですが、これが一万台前半で買えるなんて、本当に良い時代になりました。

 

今期投入するロッドは今のところ、

SHIMANOゾディアス166ML-G(グラスロッド)

SHIMANO EXPRIDE(エクスプライド)1711XH

Daiwa CRONOS(クロノス)621ULSの3本。

【Daiwa CRONOS(クロノス)621ULS】を使ってみた正直な感想

 

これにあと数本足して試合に臨む予定です。

 

今期のNEWリール達

 

別記事で今期投入するリールはまとめてみたいと思ってるのですが、その前に今シーズンから使う予定のリールを改めて(笑。

 

まずは一番使い勝手が良いと期待しているDaiwa17タトゥーラSV TW。

 

Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L11_113343

 

じつはフリッピング用としてハリアー80にセットする予定。

 

このリールも実売一万円台という事で、価格破壊も甚だしいですよね(笑。

 

それにしてもエクストラハイギヤの設定があるのが嬉しいです。

 

ボディーもコンパクトで、ベースの性能はそれなりに良いでしょうから、本当にコストパフォーマンスが凄いですよね。

 

そしてNEWリールではないですが、久々に実戦投入するSHIMANO09アルデバラン。

 

09アルデバラン_mss4uz

 

ギヤ比は7:1と言うことで、自分的には巻きに使用する感じです。

 

そしていざとなったらベイトフィネスの撃ち用にも使いまわせると踏んでます。

 

さらにSHIMANOスコーピオン1001は完全に巻き用に復活させようと考えてまして。

 

SHIMANOスコーピオン1001825_155044

 

重量はあるのですが、逆に手元に重心がくるのでグラスロッドなどと相性が良いのではないかと思うんですよね。

 

さてどうなるんでしょうか。

 

タックルの充実

 

まだ全然整ってないですが、でもブランク前からすればなんとも贅沢なタックルセレクトです(笑。

 

チャプター房総投入予定タックル

 

ロッドの本数もリールの台数も、ここまで使えた事は自分史上無かったですからね。

 

今の仕事になってまた釣りに行けるようになったし(月イチですが)、道具は好きなように使えて本当に幸せです。

 

若い頃は釣りの幅を広げて、逆にどっちつかずになってしまってた時期がありました。

 

そしてカバー撃ちばかりやってた事で見えたものができて。

 

今はそれが軸になって、やっと幅を広げられるようになったのかもしれません(笑。

 

なんか意味もなく書き散らかしてしまいましたが、とにかく嬉しいという事です。

 

さて、来週はやっと釣りにいけるので、準備をすすめます(笑。

 

失礼しました。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★