レンタルボートでの盗難問題 持ち主が気をつけるしかないのか

ビッグフィッシュシーズン到来で各地のフィールドがにぎわってるようですが、人が増えると残念ながら盗難被害も増えるようです。

 

それはレンタルボートでも気をつけたいところですね。

 

【ページへのいいねを押してもらえると最新記事をお届けできます】

レンタルボート桟橋

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

自分が通う亀山湖ではマイボート&エンジン禁止のフィールドです。

 

レンタルボート&エレキが主流の、いわゆるエレキレイクなんですが、ここでは桟橋に隣り合って船が並んでる形なんですよ。

 

で、そこでは残念ながら盗難被害に合われてしまう方がいるんですよね。

 

自分が乗ってれば当然被害は無い訳ですが、ちょっと船から離れてしまった時にタックルなどを盗まれてしまうようです。

 

この場合、やっぱり同じレンタルボートを借りてる釣り人の仕業という事になるのでしょうか。

 

とても悲しい現実です。

 

トイレにもロッドを持って

 

自分もそうなんですが、基本的に1人での釣行なんですよね。

 

そうなると朝の準備が終わったタイミングや、出船後にトイレに行きたくなる時は船から離れる事になります。

 

で、誰もいない桟橋にタックルを置きっぱなしにしておくと、盗難被害に合いやすい状況だと言えますよね。

 

桟橋に船屋の方がいれば良いですが、タイミング的に誰も居ない場合も良くあります。

 

そういう時は面倒でもタックルと最低限の貴重品はもっていった方が安心でしょうね。

 

大きい方の用を足すときなど、非常に面倒ですが、これも盗まれてからでは遅いですからね。

 

こういう時に仲間がいてくれるとありがたいんですけどね。

 

船を離れない

 

それにしても、盗難目的でレンタルボートを借りてる人がいるという可能性もあるんですよ、悲しいですが。

 

そういうヤツに狙われると、どんなに気を付けてても、持って行かれる時は持って行かれてしまうのかもしれません。

 

トイレに行くだけでイチイチ船のものをすべては持っていけないです。

 

なので、盗ろうと思えば魚探でもタックルボックスでも、簡単に動かせるものなら持って行かれてしまいます。

 

そのあたりのセキュリティーに関しては、何か考えないといけないですよね。

 

でも監視カメラを船に設置する訳にもいかないですしね。

 

何か良いアイデアはないでしょうか。

 

知人のケース

 

じつは親しい友人が亀山湖でタックル一式を盗まれたという事件があったんです。

 

その時は自分は一緒ではなくて、その友達は1人で行ってた時でした。

 

聞いた話では、よりともボートの桟橋手前の土手になってるところにタックルを置いて、その場から離れた時にやられたそうです。

 

本当に一瞬の出来事だったそうですよ。

 

何年も前の話ですが、その時は完全に盗難目的の客に装ったヤツがいたという事らしいです。

 

もちろん警察に被害届けを出したみたいですが、残念ながら未だに出てきてないようです。

 

ちなみにその後よりともさんには防犯カメラが設置されたという事です。

 

なんでそんな事になってしまうんでしょうか。

 

釣り仲間

 

やはり盗難防止に一番効果があるのは人の目ですよね。

 

なので釣り仲間と一緒に行くのが一番安心なのではないでしょうか。

 

トイレに行くとしてもどっちかが船に残れば安心ですよね。

 

もしも別々の船で出るにしても、タイミングが合えば自分の船が見えるところで釣りをしててもらう、という事も出来なくもないというか。

 

少なくとも朝の準備の時にちょっと船から離れる時に見ててもらえますからね。

 

自分は現在1人で釣りに行く事がほとんどなんですが、なるべく出船後に船から離れる事がないように気をつけてます。

 

でも自然現象は防ぎようがないし、本当に1人だとハラハラします。

 

人を疑いたくは無いですが、自分のものは自分で守らないといけませんから。

 

悲しいですが、盗難には細心の注意を払いながら釣りを楽しみましょう。

 

おわります。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。