【SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG】借りてきたので使う前にガン見した

カルカッタコンクエストBFS借りてきました。

 

ジャパンフィッシングショーで実機を見るまでは、正直どうかな?と思ってました。

 

しかしこうして間近で見ると、やっぱり良いです(笑。

ほぼノーマルをガン見

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HGをHEDGEHOG STUDIOから借りてきて、次の釣行で使ってみる予定なのですが、その前に外観を確認してるところです。

 

2017ジャパンフィッシングショーでも触ってきたんですが、やはり手元にあるものをじっくり見るのとは違いますよね(笑。

 

そんな訳で画像中心ですが、自分目線で紹介していきたいと思います。

外観は14カルカッタコンクエスト101とほぼ一緒なんですよね。

 

大きな違いはボディーカラーとスプールでしょう。

それとハンドルはノーマルで85mmになってますね。

 

これはやはりハイギヤというのが関係してるのでしょうか。

 

最近新しいリールをいきなりカスタムするのは止めるように気をつけてます(汗っ。

 

メーカーさんの初期設定には敬意を表して、ちゃんとノーマルを使ってみる事って大事ですよね。

 

ボディーサイズ

 

今もってる14カルカッタコンクエスト101もそうなんですが、今回の17カルカッタコンクエストBFS HGも、旧カルカッタコンクエスト50とボディーサイズは同じなんですね。

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0302_170012_001

 

これ知らなかった、恥ずかしい(汗っ。

 

もちろん自分では持ってなかったのですが、結構手に持った事あったんですけどね(笑。

 

まあ、フシ穴ですわ。

 

どうりでパーミング感良いと思ったんですよね(と、いまさらフォローを入れてみる)

BFSスプール

 

17カルカッタコンクエストBFS HGが14カルカッタコンクエストと一番違うところはやはりスプールですよね。

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0302_170329

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0303_083845

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0303_100917

↓ジャパンフィッシングショー2017で見たとき

17カルカッタコンクエストFTBブレーキユニット

ブレーキユニットが無い分本当にシンプルです。

 

これは見るからに立ち上がり良さそう(笑。

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0303_083421

ブレーキユニットはサイドプレート側にまとまってます。

 

他のメーカーのマグネットシステムとはまた違う感じですよね。

 

じつは16アルデバランをじっくり見た事ないので、今回がこのシステムをちゃんと見るの始めてぐらいです(笑。

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0303_100652

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0303_100711

 

14カルカッタコンクエスト101との互換性

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0302_170258

 

パーツの互換性は概ね同じようです。

 

画像の17カルカッタコンクエストBFS HGはノーマルハンドルですが、これは上に書いたように、あえてノーマルを試してみるつもりです。

 

まあこの後いろいろイジり倒す事になるかもしれませんが(笑。

 

とりあえずスタードラグとクラッチは交換してあります。

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0303_095122

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0303_084112

ガンメタのボディーにブラックのパーツは結構シブいでしょ?(笑。

 

もちろんスプールは互換性ないです。

 

ためしにセットしようとしても、完全に寸法が合わないですよね(笑。

 

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0303_083529

SHIMANO17カルカッタコンクエストBFS HG0303_083544

 

そもそもブレーキシステムが全然違うので、交換する意味もないですしね。

 

でも手持ちの14カルカッタコンクエストの方は浅溝スプールをセットしてるので、これにAvailのマグネットブレーキシステムを組んだら同じになるのかな?

 

それも今度試してみますね。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表