OSP大塚高志さん【驚愕の亀山湖レコード更新!】63cm/5270g!?

昨日記事に書いた予想通り、亀山湖レコードでましたね!

 

もう各方面で伝えられてますが、正式にOSPのホームページでご本人がブログアップされてました。

 

【ページへのいいねを押してもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

OSP大塚高志さん

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

今年も亀山湖から景気の良い話題が飛び込んできました。

 

ここ連日のロクマルラッシュでしたが、そのうちの一本がチャプター房総にも参戦しているOSPの大塚高志さんが釣り上げた63cm!

 

亀山湖レコードフィッシュ

 

亀山湖レコードフィッシュ5270g

画像はご本人のブログからお借りしました

 

このバスのウエイトが亀山湖レコードを更新したという事でさらに驚き!

 

自分のホームレイクであり、おなじチャプター房総に参戦している身としては、面識がほとんどないのにメチャメチャ嬉しいという(笑。

 

大塚さんおめでとうございます!

 

スポンサーリンク

増水のタイミングか

 

SNSの情報では、このバスが釣れた日の翌日がOSP代表・並木敏成プロの取材との事。

 

大塚プロは並木プロと同船していたという事ですから、取材のためのプラクティスだったのでしょうか。

 

大塚高志さん&並木敏成さん

画像はつばきもとボートさんのブログから拝借しました。

 

それにしても亀山湖レコードが出るタイミングに取材をするという事が偶然ではないでしょうね。

 

雪代で増水したタイミングを狙って取材を慣行する予定だったという事ではないでしょうか。(前々から決定だったのかもしれませんが…)

 

そして見事にレコードフィッシュを釣るあたり、本当にスゴい!

 

ブログでも書かれてますが、自身二本目の亀山湖ロクマルらしいですね。

 

それが亀山湖レコードとは、ある意味持ってますね(いやいや、実力はもちろんですが)。

 

テキサスのカバー撃ち

 

今回のレコードフィッシュですが、テキサスリグのカバー撃ちではないかと囁かれてます。

 

釣れたエリアは道路跡とありますが、これは道路下とよばれる場所で良いでしょうか。

 

チャプター房総2017開幕戦プラクティス_071921

 

自分も場所と名前がイマイチ一致しなくて申し訳ないのですが、つばきもとボートさんから出船して、トキタボートさんで撮影されてるという事はおそらくそうだと思われます。

 

そして釣り方ですが、ご本人のブログからタックルデータを拝借しました。

【テキサスリグ】

ロッド:テクナPMX610CMHJ

リール:アルファスSV105SHL

ライン:FCスナイパー フロロ12

ルアー:HPシャッドテール4.2 (ピンクワカサギ)

シンカー:TGシンカー5g

フック:FPPオフセット2/0 

偏光レンズ:CLT Polarized  Schwartzi

 

なんとフロロの12ポンドで獲ったんですね(驚っ。

 

これはFCスナイパーはさらに株をあげました(笑。

 

そしてルアーはOSPのHPシャッドテール4.2 (ピンクワカサギ)を5gシンカーオフセットフック2/0ですか。

 

自分から見ると結構軽いテキサスです。

 

ロッドがフェンウィック テクナPMX TPMX610CMHJという事で、かなり強めのロッドだと推測されます。

 

まあお値段がかなりなので(定価74,628円)、ここは簡単には入手できませんが(汗っ。

 

そしてリールがDaiwaアルファスSV105SHL という事で、ものすごくヘビータックルという訳でもないんですね。

 

どちらかというとライトテキサスといった感じのセッティングですが、そこにロクマルが食ってきても獲れてしまうという(驚っ。

 

もちろんスキルがあっての事でしょうけど、このタックルなら物理的に可能だという事でしょう。

 

自分も参考にさせてもらいます。

 

これは今週末の亀山湖では、みんながHPシャッドテール4.2 (ピンクワカサギ) の5gテキサスをやってるかもしれないですね(笑。

 

終わります。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★