【努力は必ず報われるのか】ひねくれたオッサンはそうは思わない

「夢はかなえる為にある」とか、「努力は必ず報われる」と言います。

 

でもそれは絶対とは言えないと思ってます、50歳近いオッサンの経験として(笑。

 

ちょっとした言葉遊びになってしまいますが、自分の考えを書かせてくださいね。

辛い自覚症状

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

ちょっと悪びれた言い方をしてしまいますが、自分は「努力必ず報われる」という無責任な言葉は嫌いです

 

それは自分が見当違いの努力を重ねて、結局何も成し遂げられなかったからなんですけどね(笑。

 

で、叶う時って何も苦しまずにあっさり夢が叶ってる感じなんですよ。

 

まあ、そこまで壮大な夢が叶ったという訳ではないですが。

 

自分には昔バスプロになるという夢というか目標があったんですが、それはまったくダメでした。

 

まあ、名前だけはバスプロだった頃がありましたが、事実上ただのワッペンプロでしたね

 

その時の努力は自分でも相当にキツかったと自覚してます。

 

多分その時点でダメなんですよ。

 

辛いと自覚してる時点でもうダメ。

 

努力してる自覚無し

 

夢が適うプロセスって、結局後付けなんですよ

 

結果的に夢が適ってただけで、その過程は誰にも計算できない。

 

かなり運の要素が入ってくるし、自分では努力してる自覚ないですよね。

 

夢にも色々あって、それは人それぞれ違います。

 

大きな夢もあるし、小さな夢もある。

 

たしかに努力して手に入れられる夢もあるのかもしれないですが、それは本来その人の求めてるものではないんです。

 

だって本当に欲しいものは本能レベルで脳が欲してるので、努力して手に入れるという感覚は無いです

 

人に苦労自慢をするような夢はちょっと違うのかもしれないですね。

 

人から見た努力

 

こんな自分でも、人から褒められる事があります。

 

今の仕事の内容はリールパーツのものづくりです。

 

が、図面の書き方や3D CADの使い方マシンの段取りの仕方やプログラムは誰かに手取り足取り教わった訳ではありません。

 

もちろん完全に自分だけで覚えた訳ではないですが、基本的に独学で身に付けました。

 

それもなんの努力もしないで、毎日楽しく自然と覚えたんですよね。

 

自分の中では。

 

でも人から見ると、「いつ寝てるの?」とか、「良くそんなに集中してできるね」とか、「こんな短期間でよくそれだけ覚えたよね」みたいな事を言われます。

 

振り返ってみると、初めてマシニングセンターが工場に入って、全くのゼロからCAD CAMを覚えたんですよ。

 

並行してマシンのプログラムから刃物の段取りを覚えて、切削条件もトライ&エラーを繰り返して。

 

で、三ヶ月後には最初の製品を作ってましたから。

 

さらに三ヶ月後には最初のクラッチを削ってましたね(笑。

 

でも自分ではそれを努力した感覚はないです。

 

夢中でやってるうちに出来てた、という(笑。

 

辛い努力は実らない

 

どんなバカげた夢でも見るのは自由です。

 

そして叶える人は叶えてしまいます。

 

でも一つ思うのは、その人にとって努力してる感覚は薄いのではないでしょうか。

 

つまり楽しいんですよ。

 

楽しいから出来てしまうのではないか、と(笑。

 

自分はよく風邪を引いた事に気が付きません。

 

仕事が終わって寝る前くらいに気が付きます。

 

そういえば今日は一日なんか調子悪かったな」、くらいなもんです(笑。

 

まあ、比べる次元が違いますが、バスプロとして成功する人の感覚ってそんな感じなのかもしれません

 

自分にはバスプロになる努力を楽しんではできませんでした。

 

そういう夢はいくら頑張っても叶わないと思いましたね。

 

夢を追うなら

 

これから何かを成し遂げようと思ってる人がいたら、とにかくやってみると良いと思います。

 

でも、深層心理的に無理だと思ってしまったら、その夢は最後まで叶わないと思います。

 

本当に本能レベルでやりたい事なら、辛い努力をしている事に自分が気付かないんです(笑。

 

夢が叶うってそんな感じなのかな、って思うんですよ。

 

努力をする理由はいろいろあります。

 

世間的に地位や肩書きが欲しいからとか、生活のためにお金を稼ぎたいからとか。

 

でも、無くなった漫画家の水木しげるさんの名言を見ると、そうじゃないと思ってしまうんですよ。

幸福の七ヶ条

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条 しないではいられないことをし続けなさい。

第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条 好きの力を信じる。

第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条 怠け者になりなさい。

第七条 目に見えない世界を信じる。

 

自分は40歳をいくつか過ぎてから努力をしなくても良い事を知りました。

 

でもそれは人から見ると拷問の如く努力してるように見えるらしいですよ(笑。

 

まあ、これってまさに釣りそのものなんですけどね。

 

みなさん釣りに行くのが辛い努力だと思いますか?

 

違いますよね。

 

もう前の晩から楽しみでしょうがないじゃないですか(笑。

 

まあ、叶う夢のための努力ってそんな感じなんだと思う訳です。

 

またしても好き勝手な殴り書きにお付き合い頂きありがとうございました。

 

おわり。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表