【リールメンテナンス】で余ったパーツの保存にチャック付きポリ袋が便利

以前はリールのメンテナンスを自分でやった時にパーツが良く余りました(苦笑。

 

で、そのパーツを失くしてしまうという悪循環になるんですよ。

 

細かいパーツの保存方法は人それぞれですが、自分はチャック付きポリ袋に入れて保管します。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

リールメンテナンス&オーバーホール

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

ほとんど仕事レベルの話ですが、リールのメンテナンスやオーバーホールの際に、交換したパーツが余る事ないですか?

 

自分の場合はリールパーツを作るのが主な仕事なんですが、ノーマルパーツとカスタムパーツを交換する訳です。

 

そうなると外したノーマルパーツは使わないのですが、だからと言って捨てる訳にはいかないんですよ。

 

後で互換性を調べなおしたりするのに使うんですよ。

 

なので保管しておくのですが、どれがどれのパーツかわからなくなってしまうんですよね(泣。

 

ただでさえパーツの名称や形を覚えるのが大変なのに、リールのパーツって機種によって微妙に寸法が違うんですよ。

 

なので単体で保管しておくと、確実にどの機種から外したものかわからなくなります。

 

スポンサーリンク

パーツ名がわからない

 

そんな訳で、自分の場合は残ったパーツをチャック付きのポリ袋に入れて保管してます。

 

チャック付きポリ袋_134101

 

自分の場合はハードケースだと確実にゴッチャになって、どれがどれだかわからなくなりますから(笑。

 

でも無色透明のポリ袋だと中身はわかりやすいですが、パーツ名がイマイチ見えにくいんですよ。

 

チャック付きポリ袋_134327

 

なので名前を書き込めるポリ袋を愛用してます。

 

チャック付きポリ袋_133756

 

ここではサイズ違いで二種類くらいですね。

 

チャック付きポリ袋_131442

 

 

あまり小さすぎると中身がわかりづらいので、まあ100×70(mm)と50×70(mm)の二種類あれば便利です。

 

リールパーツで言うと、ちいさなパッキン類は小さい袋、サイドカバーとかハンドルとか少し大きいのは大きい袋。

 

まあロングハンドルとかは無理ですけど、大体のパーツはどうにかして入りますからね。

 

こうしておかないと、機種とパーツ名を覚えられないんですよ(笑。

 

チャック付きポリ袋_131339

 

これで小さい袋に一つの機種から外したパーツを入れて、それらをまとめて大きい袋に入れるという事もやってます。

 

パーツにグリスやオイルがついたまま保管しておけて、なおかつホコリが付着するのも防げるので重宝してます。

 

まあ、普通はここまでややこしくならないですよね(笑。

 

自分なりの精一杯の工夫です、という話でした。

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



2 件のコメント

  • はじめまして。NBC会員の者です。今期、房総チャプターに参加しようと思い、情報集めなどしてた所、こちらのブログを見つけ、参考にさせてもらってます。元JBだったり年齢だったり、かなり近いようです(笑)

    • コメントありがとうございます。チャプター房総楽しいですよ。まあどこのチャプターもそれぞれ良さがあるとは思いますが(笑。亀山湖は景色も良いので良かったら今期一緒に試合できると楽しいですね。お待ちしてます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
    東京都足立区在住
    ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表