【カスタムクラッチはエンジニア泣かせ】 再生産を真剣に悩む

これまでに作ったクラッチを改めて見直してみましたが、結構作ったんですね(笑。

 

一応作ったクラッチは各色一個ずつストックしてるのですが、意外とデッドストックに対して問い合わせを頂くので、現品を販売できるようにした方が良いのか悩んでます。

 

まあ、HEDGEHOG STUDIOの判断ですが、再生産は悩みどころですね(汗っ。

スポンサーリンク

値段の付けようがない

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

この仕事を始めた初期の頃から各社のリールのクラッチを手がけてきました。

カスタムクラッチ#意外とレア物#欲しい人は欲しい#旧カルコン#13メタニウム#15ジリオン#TATULA

欠塚実さん(@kakedzuka)がシェアした投稿 –

 

このクラッチ達はマシニングセンタという機械で削るんですが、中々複雑な形なので、図面化するのも大変だし、プログラムを作るのもマシンの段取りをするのも大変です。

 

正直、仕事を始めた当初にマシンの事を覚える為に取り掛かった仕事でした。

 

なので、製品に対して単価を考えてやった仕事ではなかったんですよね。

 

最初のAbuのクラッチなどは、モノとして成立するまで4ヶ月かかってますから(笑。

 

これを単価に計算すると、一個数万円というレベルの話になってしまいますね。

 

まあ、その時点で単価の付けようがなかったんですよ。

 

スポンサーリンク

売れない商品

 

まあ、いちいち弱音を吐いててもしょうがないのですが、クラッチって他のパーツに比べて売れないんですよ(笑。

 

ただ好きで作ってたので、値段を考えてませんでしたね。

 

それでも沢山売れれば次々と作れるんですが、クラッチって売れないんですよ。

 

カスタムパーツの順番って、ハンドルとかスプールとか、スタードラグとかキャップ類とかが先ですよね。

 

亀山ダムプロガイド170201_075612

 

そうなると、クラッチって最後なんですが、結構値段が高いし(笑。

 

それでいて、取り替えたからと言って、釣課に直接関係ある訳でもないですからね。

 

これが難しいところなんですよ。

 

じゃあ少量だけ作って、好きな人にだけ売れば良いのでは?、とも思うのですが。

 

それはそれで、一個の値段がバカみたいに高くなってしまいますしね。

 

これまで売っていた単価は何だったんだ、という事になっちゃいます。

 

激マニアな人がいる

 

それでも結構頻繁に問い合わせを頂きます。

 

あのクラッチはもう作らないんですか?、みたいな。

 

作ろうと思えば、もちろん作れるわけですが、お金にならないと辛いんです。

 

まあ最近ブログに、お金にならない事をするためにお金を稼ぐ、的な記事を書きました。

 

なので儲からないクラッチも作ろうと思ってます。

REVO-LTX-BF8 clutch new color 6color

欠塚実さん(@kakedzuka)がシェアした投稿 –

 

ただしタイミングがあるんですよ。

 

生活がありますから、優先順位はお金になるものから先に作らないとダメなんです、ぶっちゃけ。

 

でも自分の作るクラッチを愛してくれる激マニアな方が存在するのも事実なんですよね(笑。

 

そういう方が1人でもいるという事は、やはりまだまだ作ろうと思う訳です。

 

実は偶然の産物

 

自分の仕事の中に3D CADでモデリングするという業務があります。

 

作りたい製品を三次元で立体図面を作るんですよ。

 

でも実はクラッチを作る時に3D CADは導入前でした(笑。

 

つまり二次元の図面しかない状態で作ってたんですよ。

 

これが何を意味するかというと、複雑な曲面の加工に関しては勘でやってた訳です(爆。

 

つまり今の形のクラッチの道筋ができたのは偶然なんです。

 

たまたま刃物を走られた時に、ふと思いついて削ってみたら凄く感触が良かったんですよ。

 

それが09アルデバランのクラッチでした。

 

09アルデバラン_153302

 

依頼それを元に作ってきましたが、やはり09(12アルデバランBFSにも対応)アルデバランのクラッチを超えるものが中々作れず。

 

こうやって偶然で産まれた傑作?を上回るのって超絶難しいんですよね。

 

カスタムクラッチの今後

 

さて、数少ないマニアの方は心配してるかもしれませんので、改めて発表しておきます。

 

まだまだクラッチは作りますよ。

 

ただし、上にも書きましたがタイミングがあります。

 

今の仕事の内容は楽しい事だらけで、優先順位は決められないんですよ。

 

どの仕事から手をつけるのか、どの仕事が最優先なのか、わからなくなっちゃうんです。

 

一つ一つこなしていくだけなのですが、今期またマシニングセンタでの仕事をする際に、どこかのタイミングでクラッチを作る事になると思います。

16メタニウムカスタムクラッチ#13と兼用#打痕付きB品#アウトレット出品あるかも

欠塚実さん(@kakedzuka)がシェアした投稿 –

 

どうか今しばらくお待ちくださいね。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表