【16メタニウムMGL XG】にAvail90mmハンドルはどうなのか

昨年購入してまだ入魂のない16メタニウム。

 

ほとんどノーマルで使う事なくカスタムパーツを組んでしまってたのですが、ハンドルを85mmにしてたんですよね。

 

それで巻物に使ってみたら重過ぎて使いにくかったので、今回90mmに取り替えてみたので感想を書いてみます。

XGにはまだまだ重い

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

昨年買った16メタニウムMGL XGに85mmのハンドルをセットした写真をSNS等にアップした際に、各方面の方から「重くてつかえないでしょ」的なご指摘を頂いてました(笑。

 

しかし世の中をナメている?自分は、「まあ何とかなるでしょ」くらいに考えて、それでスピナーベイトを巻くつもりでいました。

 

ところがドッコイ先人の意見は的中し、まんまと使いにくさを体感する事になった訳です(汗っ。

 

そんな訳で今回新たに90mmと、今までより5mm長いハンドルに付け替えてみたんですよ。

 

ノーマルが約96mmなので、それよりも6mm短い事になります。

 

自分としてはノーマルのハンドルがどうしてもしっくりこなくて、回した時にカクカクしてしまうというか。

 

まあXGはエクストラハイギヤ(8.5)なので、それを巻きで使おうという考えがそもそも異常な事なんですけどね(笑。

 

チョイ投げチョイ巻きにはgood

 

その16メタニウムMGL XG90mmハンドルを持って、先日亀山湖で試したきたんですよ。

 

亀山ダムプロガイド170201_075612

 

その日はスーパーロコ板山さんのガイドでバックシートだったので、釣りを教えてもらいながらという感じでした。

 

メタルジグの遠投みたいな釣りは全く無く、板山さんでもカバーに近づいてショートキャストでアプローチする場面も結構あったので、もちろん自分も同じ事をマネしてみたんです。

 

ロッドの予備を持ってきてたので、釣りにあわせてリールを付け替えます。

 

そこでスタッガーワイド4インチの水面直下テロテロ巻き(仮名)を試した時に、カバーをやるような強めのロッドを勧められたんですよ。

 

そこでもっていたSHIMANO EXPRIDE170M-PFに16メタニウムMGL XGをセットしてやってみたら、これが中々良い感じでした。

 

今までもてあましていたEXPRIDE170M-PFですが、ようやく使いどころが見付かったような気がしてきましたね(笑。

 

それは良いとして、この釣りは結構ショートキャストでカバーを狙っていくのですが、キャスト精度は超重要。

 

板山さんはキャストの重要性は相当重視してるようで、口を酸っぱくして何度も言ってましたからね(笑。

 

亀山ダムガイド74

 

そこに今回スプールのテストも兼ねていた16メタニウムMGL XGで、キャスト後にラインスラックをすばやく取ってスタッガーワイドを泳がせるのには90mmのハンドルが違和感なく使えました。

 

まあ引き抵抗は小さいので、クランクなどとは違いますが、逆にショートレンジでも巻きには回転軸が小さいのは良いのかも、と感じましたがどうでしょうかね。

 

これは今後練習して良いセッティングを出していきたいと思いました。

 

何というか好きなジャンルの釣りなんですよね、ショートレンジのカバーって(笑。

 

フリップの前に魚を探す意味でやると効率よいかも。

 

タックルの数量

 

さてそんな訳で16メタニウムMGL XGに90mmのハンドルを合わせてみたのですが、これは結局何が正解なのか良くわからないですね。

 

亀山ダムプロガイド170201_091314

 

 

ある釣りにはこのハンドルが良い感じだと思えたし、でももっと抵抗の大きなルアーを長いレンジでやったら重くてやりにくいでしょう。

 

でもそんな場合はそれに合わせた別のタックルを用意するのが良いように思います。

 

つまりやりたい釣りに合わせてタックルを組むのは釣りの楽しみの一つですからね(笑。

 

自分はまだまだ持ち駒が少なく、釣りも知らないという事がわかりました。

 

いや、わかってはいたのですが、あまりその部分を見ようとしてなかったというか。

 

もっと沢山の釣りをしてみないとわからない事がありますね。

 

今回は一つ自分の中に答えがみつかりましたが、次にやってみたらまた違和感を感じるかもしれません。

 

でもそうしたら、また柔軟に状況に合わせていくようにします。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です