紙に書いた事は実現するというお話

自分が去年読んだ本の中に良く書いてあった言葉ですが、「紙に書いた事は実現する」という。

 

これは一冊ではなくて、複数冊、しかも別の作者の方が書いてるのに、偶然なのかわかりませんが同じような事が書かれてるんですよね。

 

そしてそれは思いあたる節が多々あるので自分の体験談と共に書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

パソコン使った仕事したい

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukass)です。

 

今日も直接釣りとは関係なくてすみません。

 

まあこのブログが完全に釣りだけのブログという訳でもないんですけどね(笑。

 

ところで自分は今パソコンに向かうのが仕事のひとつです。

 

リールパーツを削るにあたってデザインから設計製造をするのに、CADを使って図面を引くんですよ。

 

でもそれは、結構良い年になってから始めたんですよね。

 

自分は30代後半までパソコンに触った事がなかったので、いまから10年くらい前は図面が書けなかったんです。

 

もともとFAXで流れてきた図面でものを作ってました。

 

しかも当時は溶接屋だったので、今のように精密な図面ではなかったんですよね。

 

スポンサーリンク

無料ブログ

 

結婚して娘が産まれた頃、なんとなくパソコンを買ってみました。

 

でもそれが楽しくて楽しくて(笑。

 

自分がこんなにパソコン作業が好きだったとは、その年になって意外な発見でした。

 

とにかくインターネットにはハマって、まあいろいろやったんですが、その数年後には無料のブログをやってました。

 

もちろん誰からも読まれない、ただの日記みたいなものでしたが、「その中にパソコンを使って仕事が出来たら良いな」、的な事を書いてるんですよ。

 

それが今ではパソコンが主な仕事になってますからね。

 

そして「将来的にバスフィッシングに関わる仕事で食っていきたい」、という事も書いてました。

 

それはもう少し後で、この仕事を始める前の年くらいだったと記憶してますね。

 

そのブログは大して更新もしてないし、アクセスはほとんど無かったので、本当にただの日記のようなものでした。

 

なにか思いついたら書きとめておく、くらいのメモ帳くらいの感覚でしたが、その中に書いた事が今、実現してるんですよね。

 

書く事は勇気がいる?

 

意外と紙に書くって勇気がいるんですよ(笑。

 

例え誰にも見られないとしても、自分の夢を紙に書くって躊躇しますからね。

 

これは実際にやってみるとわかりますが、恥ずかしいのとバカらしいのとで、中々自分の本音を書けないもんなんですよ。

 

「今の仕事を辞めて釣りの仕事がしたい」、なんて当時はまったく想像も付かなかったですからね。

 

でもそこで、紙に書いた事が実現するなら、自分のやりたい事を不特定多数の人が見る可能性のあるブログに書いたら、さらに実現の可能性が高まるのでは?

 

みたいな疑問が湧き出してきたんですよ。

 

最初はノートの余ったスペースに書いていた小さな夢が、だんだん新しいノートを買ってわざわざ書くようになって、ついに公のブログに書いてしまうようになってました。

 

この頃の自分は釣りブランクで、自分としては釣りをする事はもうないと思ってたんですよね。

 

でも不思議な感覚で、「自分はまた釣りをするだろう」、と根拠のない確信が芽生えてました(笑。

 

書くと行動する

 

そのあとに東日本大震災があって、家を建て直したり、三番目の子供が産まれたりしてバタバタしたんですが。

 

そのドサクサにまぎれて?、ついに釣りに関わる仕事にシフトしてしまったんですよね(笑。

 

これは変な意味で、震災を経験したおかげで、「生きてるだけで丸もうけ」という有名人の言葉そのままに捨て身になれたという感じでしょうか。

 

自分の中で決心して書いた事って脳が覚えてて、そのタイミングが来るとちゃんと行動するようになってるんですね。

 

まったくアクセスのない無料のブログでしたが、それでもそこに書くのは凄く悩んで、意を決して公開ボタンを押したんですよ。

 

なので、頭のどこかで「書いた以上やらなくては!」という脳からの命令があるんでしょうね。

 

本当に何の根拠のなく、今の仕事に繋がる話に飛びついて、そこから偶然が重なって今に至るという訳です。

 

チャンスを嗅ぎ取る

 

紙に書くという作業は自分の中に付箋を貼るようなものかもしれませんね。

 

どんな状況にあっても、本当に実現したい夢があると、それに繋がるチャンスの匂いを嗅ぎ取る嗅覚が鋭くなってくるように感じます。

 

「あ、これはもしかしてチャンスなのかも?」、と思えるようになってくるんですよね。

 

それが大した事じゃなくても、何か繋がる匂いがするというか、それを自分のやりたい事につなげようと意識するというか。

 

ただそのへんを歩いてるだけでも、頭の中に貼った付箋が常にチラついてますから、そうゆう意識で日々を生活していくようになるんですよ。

 

なので、ちょっとした事でも「これはチャンスなんじゃないか?」、と思えるんですよね。

 

まあ、思い込みが激しくなるとも言えますが(笑。

 

行動するのは無料なので

 

今の仕事をするために行動した事は、とくに凄く初期投資をして始めた訳ではありません。

 

もちろん切削機械を導入したのには投資をしましたが、それは方向変換してから一年後くらいの話です。

 

そのまえにラダーを作ったりしてたのは、仕事の合間に趣味でやってた事ですから。

 

それも仕事が溶接屋だったので、その中で出来る事を考えてやっただけでした。

 

でも、その行動から今の仕事に繋がってますからね。

 

何もしなければ今の環境はありませんでした。

 

やっぱり何か行動する事は大事ですが、それはお金がなくても大丈夫です(笑。

 

自分の場合は労力だけに近かったですね。

 

まあパソコンを覚えたのは大きかったですが(笑。

 

当時手持ちから十数万円でノートパソコンを買うのは痛かったですが、そんなくらいですね。

 

あとはほとんどネットでの情報でオークションに出品したり、ホームページを作ったり、ブログを書いたり。

 

そのほとんどは無料で何とかなりました。

 

自分の場合は極端ですが、ちょっとした目標みたいなものでも紙に書いてとっておくと、実現しますよ。

 

騙されたと思ってぜひやってみてください。

 

本当に騙されてたとしても、代償は無料ですよね(爆。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表