【バスロッドとシングルフットガイド】の関係がわかってきたぞ

先日、自分の溺愛するフリッピングロッド【ハリアー80】がなぜオールダブルフットガイドではないのか?、という記事を書きました。。

 

それが意外な反響を頂きまして、自分でもよく理解してなかった部分が解明されてきたように思います。

 

貴重な情報を頂いた読者の方には感謝です。

 

そしてわかる範囲ですが、バスロッドとシングルフット・ダブルフットそれぞれのガイドの特徴を書いてみますね。

スポンサーリンク

ロッドとガイドの相性

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukass)です。

 

自分は今までロッドとガイドの相性についてはあまり深く考えてきませんでした。

 

ハリアー80ガイド

 

ダブルフットガイドは頑丈で、シングルフットガイドは軽い、ぐらいにしか認識してなかったんですよね。

 

近年マイクロガイドセッティングが主流になりつつありますが、だったらすべてのロッドをダブルフットガイドにした方が軽くて丈夫なんじゃないか?、とすら思ってました(笑。

 

しかし、当たり前ですがロッドとガイドの関係はそんな単純なものではありませんでしたね。

 

とりわけ、ダブルフットガイドはロッドとの相性が非常に重要らしい、という事を教えていただいたんですよ。

 

ハリアー80ダブルフットガイド

 

硬くて強いロッドならオールダブルフットガイドにしておけば良い、というものでは無いらしいですね(汗っ。

 

スポンサーリンク

ダブルフットガイドのデメリット

 

ここで改めてダブルフットガイドとシングルフットガイドの特性の違いをまとめてみます。

 

今回ツイッターでやり取りさせて頂いた読者の方に有益なブログを教えて頂き、非常に参考になりましたので紹介させていただきます。

ジェノクロス もっくんの 『GENOCROSS from 紀ノ川』からダブルフットガイドの使いドコロ。 という記事で詳しく解説されてました。

 

引用させていただくと、↓

オールダブルフットガイドを採用すべきではないと僕が思うのは以下のケース。
①柔らかい、よく曲がるブランクス
②肉厚の薄く、ハイテーパーなブランクス
③ファーストテーパーなブランクス

中省略

③のケースですが、ダブルフットガイドはブランクスの曲がりを阻害してしまう場合があるので、ファーストテーパーなロッドに採用してしまうとティップ~ベリーあたりのガイドに負荷をかけ過ぎてしまうことが多いと思います。

↑引用ここまで

 

もともとハリアー80がなぜオールダブルフットガイドではないのか?、という疑問からガイドの事を考え始めたのですが。

 

それはどうもテーパーに大きく関係してる可能性が出てきました。

 

ハリアー80はカタログスペックで133gと軽量です。

 

そして他のフリッピング用ロッドに比べるとブランクスが細い方に感じるんですよ。

 

そしてロッドテーパーは結構なファースト気味なんです。

 

ある読者の方の見解では、ロッドが曲がり始めて最初に止まる部分までをシングルフットガイドにしているのでは?、という事でした。

 

ハリアー80の場合は全部で9個ついているガイドのうち、トップから五番目までがシングルフットガイドで、そこから下はダブルフットガイドというセッティングです。

 

ハリアー80

 

このロッドはバット部分が極端に太い訳ではなく、全体的に細い感じなんですが、その曲がりはかなりのファーストテーパーであると感じてました。

 

ただ、8フィートという長さですから、通常の7フィート以下のロッドで言うところのレギュラーテーパーくらいかもしれません。

 

そのテーパーで魚が掛かってもバットまで曲がる事はまれで、キロフィッシュくらいまでなら大きく曲がる部分はロッドの半分くらいまででしょう。

 

で、思えばその良く曲がってる部分までがシングルフットガイドだった、という訳なんです。

 

つまり、ロッドの良く曲がる部分をあえてシングルフットガイドにしている、という事でしょうか。

 

スピニングロッドがオールシングルフットガイドの訳

 

さて、ここでスピニングロッドがオールシングルフットガイドな訳を考えてみます。

 

これはやはり良く曲がる事が前提なので、ダブルフットガイドにするとブランクスにクラックが入りやすく破損の原因になるという事だと思われます。

 

そしてもうひとつ、すべてのガイドが下向きにセットされてるのもシングルフットガイドにされてる理由かな、と。

 

かつて(今も?)ベイトロッドでもトップガイドから何番目かまで下向きにセットされたベイトロッドがありましたよね。

 

ガイドがひねってついている(ツイストガイド?)タイプのロッドはやはり、下向きのガイドはシングルフットガイドだったのでしょうか。

 

これはロッドの曲がりの時のひねりでガイドに負担がかからないからシングルフットガイドの方が良いという判断でしょうかね。

 

たしかにスピニングロッドは基本的に柔らかくてロッドが曲がる方向が一定に近いですよね。

 

ベイトはその点、常にロッドにひねりの負荷がかかってますし。

 

ロッドとガイドの関係は奥が深いですね。

 

これからはもっとガイドのセッティングを気にしてロッドを扱いたいと思いました。

 

20161221_121837

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表