【釣れないから買う】から【釣れるから買う】へ

スランプの時って釣り道具を買っちゃうんですよね。

 

でもそれって根本的な解決にはなってない事が多くないですか?

 

まったく新しいジャンルの釣りを始める時の買い物は良いんですが、今までの釣りのテコ入れで買うのは凄く後ろ向きですよね。

 

今まさにその恐れが自分にあるので、転ばぬ先の杖として書いておきます。

スポンサーリンク

同じジャンルの違う道具

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukass)です。

 

これからやってくる?お買い物シーズンに向けて、自分に対しての戒めとして、無駄なものを買わないように書いておこうと思いました(笑。

 

今年は魚探の購入を予定してまして、その他欲しいロッドやリールもあるので、なるべくそれ以外の衝動買いを避けなくてはならない訳です。

 

shopping1

 

さて、現在絶賛スランプ中でして、この冬に入ってまともな魚が釣れておりません。

 

元々冬は大好きで、1年でもっとも得意な時期だと自負してたんですが、まったくもってクチ番長状態。

 

そうなると道具のせいにしたくなるのが典型的な中級者アングラーであります(笑。

 

キャリアだけは長い自分ですが、最近タックルについても考えが深くなり、つい新しいロッドやリールに目がいってしまうんですよね。

 

でも考えてみると、今釣れないのは完全に自分が魚を見失ってるからで、特にバラしを連発するとか、タックルのせいではないんですよね(汗っ。

 

これまでやってきた自分の釣りがあるので、ここで違うタックルを導入すると、余計に見失ってしまうのではと思うんですよ。

 

そのジャンルでのタックルは、まだ買う時期ではないんですよ。

 

スポンサーリンク

もがき足りない

 

自分の場合、へたにキャリアが長いので先入観が多すぎるのかもしれません。

 

この釣りはこうゆうもんだ、的は考えになりがちなんですよね。

 

でも釣りやフィールドは刻々と変化し続けてる訳ですから、それに合わせて自分も進化していかないとダメなんですよ。

 

nature-walking-animal-strong

 

で、その考えになった時に、間違った方向に行ってしまうとおかしい買い物をしてしまうんですよね。

 

こんなはずじゃないのに」、という思考で新しいタックルを買って、今までうまくいった試しがありません(笑。

 

例えば自分の本来のスタイルであるフリッピングにおいて、釣れないからと言って新しいロッドを投入すると、すべてのリズムがおかしくなるでしょう。

 

自分は意外とバリエーションが乏しいので、ワームを他のものに変えただけでも釣れなくなってしまうくらいです(汗っ。

 

なので、迷ったらすぐに戻れるような軸がないと、大変な事になってしまいそうな気がするんですよ

 

今の状況で出来る事を、まだ全然やってないと思うんですよね。

 

なので、そこでテコ入れにタックルを買っても自分の場合は余計ダメになってしまいますね。

 

圧倒的にフィールドに出てる人なら良いんでしょうけどね(笑。

 

新しいジャンルとは

 

これまでにやった事がない釣りがあるんですよ。

 

触った事はありますが、自分の中にほとんど経験値がない釣り。

 

例えばビッグベイト

 

ガンタレルで良い思いをした事があるんですが、それも完全な付け焼刃でしたね。

 

専用のタックルがまったくなかったですからね。

 

14カルカッタコンクエスト101にナイロン30ポンドくらいだったでしょうか。

 

ロッドは手持ちの硬めのロッドを代用してましたので、どうもキャストは恐る恐る、という感じですし。

 

こうゆうところには新しいタックルの導入は効果的だと考えてます。

 

可能性がある釣りなので、専用タックルの導入で、より効果的に練習できますからね。

 

あとはネコリグ

 

これはまったく釣れないので、まずは有名バスプロの方のコピーから入ろうかな、と(笑。

 

手持ちのタックルでやっても、まったくのノー感じなのは問題ですよね。

 

とりあえず釣ってる人のマネをして、感覚とかを体感しないと釣れる気がしないですよ。

 

なのでそのタックルは良しとします(笑。

 

魚探

 

これは単純に興味があるんですよ。

 

今の魚探でも自分のレベルには問題ないのかもしれません。

 

ただ、進化してる今時の魚探を使ってみたいという興味ですね。

 

GARMIN2

 

 

こうゆうのはワクワクの部分が大きいので、対価を払う価値があると考えてます。

 

負の要素でものを買うと大抵失敗するんですが、未来への投資はワクワクがあるのでそれだけでも価値があるんですよ。

 

魚探に関しては、買ったけど全然使えない、という事はないと思うんですよね(笑。

 

でも、じつは魚探関連のパーツを作って、テストと称して今後フィールドに行く機会を増やす作戦だというのは内緒です。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表