【まめ知識】車のヘッドレストでロッドを押さえる

今回の記事の内容について、ロッドの破損をした事例があるそうです。自分は今までに破損した事はありませんが、判断は自己責任においてお願いします。

 

去年ロッドソックスが大流行?しましたよね。

 

自分も購入してみたのですが、なるほど快適でした。

 

そこで、それに乗っかってもう一つ快適にロッドをまとめる方法を紹介します。

 

知ってる人は知ってると思いますが(笑。

スポンサーリンク

長距離移動に

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

これ知ってる人多いかもしれませんが、車のヘッドレストでロッドを束ねる方法をご存知ですか?

 

じつは相当昔から実践してて、もしかしたら20年以上前からやってましたね(笑。

 

もちろん今でも普通にやってるのですが、それでも一緒に釣りに行った知人が驚いてたので紹介しますね。

 

車のヘッドレスト

 

やり方は簡単で、上の画像のように束ねたロッドを後部座席のヘッドレストにはさむだけ。

 

ロッドソックスとの併用でさらに快適になりました。

 

移動中の車の中で束ねたロッドのティップがカチャカチャ鳴るのって気になりますよね。

 

ロッドソックスを使う事でそれは解消されたんですが、その前まではこの方法でロッドを固定してました。

 

単純に車の振動などでロッドが暴れないだけでもやる価値はあると思うんですよね。

 

タダだし(笑。

 

スポンサーリンク

どんな車でも

 

やり方はいたって簡単。

 

よほど特殊な車でなければヘッドレストって簡単に外れますよね。

 

ヘッドレストを外す

 

そうしたらロッドを置いてもう一回ヘッドレストを差すだけです。

 

ヘッドレストを差す

 

あとは適当な強さで押さえるだけ。

 

簡単すぎて大したキモもありませんが、強いて言えば座席を倒す角度を調整してロッドの座りが良いところで固定してやる、というぐらいでしょうか(笑。

 

車別利用法

 

自分の車はTOYOTAのNOAH(ノア)なんですが、このタイプのミニバンだと後ろから前に向かってロッドを置くのが良いです。

 

まあ当然ですが、これだと天井ギリにティップがいくようにセットすれば助手席に人が乗ってもロッドが気になりませんから。

 

自分の場合はハリアー80があるので、グリップを外しても7フィートあるのは、あまり角度をつけられませんけどね(笑。

 

それでも助手席の人の頭に当たらないくらいの角度はつけられますよ。

 

で、この方法は助手席の足元にバットをおいて、後ろに向かっておくこともできるんですよ。

 

なので小さめの車や1人での釣行ではスペースをかなり節約できるのではないでしょうか

 

スペースの有効利用

 

昔JBに参戦していた時はTOYOTAのハイラックスサーフに乗ってたのですが、12フィートのアルミボートをカートップしてました。

 

その時は車内に15馬力のエンジンとガソリンタンク、エレキとバッテリー、50リッターのライブウェルにフルデッキ。

 

そのほかにもタックルに着替えやらなんやらをすべて積んでましたから。

 

もう、四駆の車が完全にワンシーターになってましたからね(笑。

 

そうなると必然的にロッドは助手席に積むしかなくて。

 

シートを少し倒して角度をつけて、ロッドティップを後ろ向きにしてヘッドレストで固定してました。

 

でもまあ、この方法は周りの人もやってましたけどね(笑。

 

自分が発見した訳ではないですが、特にお金がかかる訳でもないし、試すだけ試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

その他関連記事はこちら↓

● 【エレキの延長コード自作】を最小限の道具と材料でする方法

● ダウンショットリグの結び方を2つ紹介するよ

● 【アイテム10選】バス釣りローカルトーナメントに出るなら持ってて損のないもの

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です