フィッシングショーで見ておきたいSHIMANO(シマノ)の2017新作リール

今期はDaiwaリールの導入を検討してるんですが、当然SHIMANOにも欲しいリールがあるんですよ。

 

この春に登場する新作リールのパーツも作る事になると思うし、それは自分でも使う事になる予定ですしね。

 

今期色々釣りの幅も増やしたいので、それに合うリールがどれなのか、今のうちからチェックしておきましょう。

 

今回記事中の画像はすべてSHIMANOホームページよりお借りしてます

スポンサーリンク

気になるSHIMANO2017モデル

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukass)です。

 

これから全国で続くフィッシングショーでぜひ見てみたいと思うSHIMANOリールを並べてみます。

 

自分はリールに関してメチャメチャ詳しい訳ではないので、とりあえず概要を紹介して、実際にフィッシングショーで触ってきたら追加の記事を書こうかと考えてます。

 

それではザッと書き出してみましょう。

 

 

ベイトリール

 

カルカッタ コンクエスト BFS

● カルカッタ コンクエスト BFS HG[CALCUTTA CONQUEST BFS HG]

※LEFTモデルは2017年2月、RIGHTモデルは5月発売予定

54000円

 

 

NEW スコーピオンDC

● NEW スコーピオンDC [Scorpion DC]

※100、100HGは2017年2月、101、101HGは4月発売予定

37500円

 

 

クロナーク MGL

● クロナーク MGL[CHRONARCH MGL]

※2017年2月発売予定

35000円

 

 

バスワン XT

● NEW バスワン XT[BASS ONE XT]

※RIGHTモデルは2017年3月、LEFTモデルは5月発売予定

9500円

 

 

スコーピオンBFS

● スコーピオン BFS[Scorpion BFS]

※2017年5月発売予定

価格未定

 

スピニングリール

 

NEW コンプレックスCI4

● NEW コンプレックスCI4+[COMPLEX CI4+]

※2017年2月発売予定

35300円

 

 

NEW アルテグラ

● NEW アルテグラ[ULTEGRA]

※2017年2月発売予定

15800円~20000円

 

 

NEW サハラ

● NEW サハラ[SAHARA]

※2017年2月発売予定

8500円~9500円

 

NEW セドナ

● NEW セドナ[SEDONA]

※2017年3月発売予定

バリュープライス

 

 

自分セレクトでいくとこんな感じでしょうか。

 

ちなみにこれはSHIMANOのホームページでバス用と検索してヒットしたものです。

 

この他にもシーバス用として、

ベイトリール

 

NEW エクスセンスDC

● NEW エクスセンスDC[EXSENCE DC]

※右モデル:2017年3月発売予定
※左モデル:2017年4月発売予定

74000円

 

 

炎月

● 炎月

※2017年2月発売予定

30000円

 

など、バスフィッシングでも使えそうなものはありますね。

 

ただ、自分がソルトルアーの知識や経験がまったくないので、今回はバス用リールを中心に見てこようと思ってます。

 

とりあえずリールの詳細については、現時点ではSHIMANOホームページで確認してみてください。

 

今後いろいろ詳細を確認して、わかり次第記事にあげていこうと思ってます。

 

なにぶんタックルに関してのインプレや構造の紹介はまだまだ勉強中ですが、記事を通して自分自身が理解を深めていければと思っております。

 

スポンサーリンク

自分的注目は

 

さて、個人的に気になるのはスコーピオン BFSですかね。

 

この先ショートロッドでの軽量ジグ(スモラバではなく)やライトテキサスをやる際の使用を前提にどうかな?と。

 

なぜ気になるかと言えば、ホームページ上では肝心の詳細が未定となってるからですね(笑。

 

自分的希望を言えば、自重が160gほど(無理かな)で、価格が実売20000円前後(定価28000円くらい)になれば買いかな、という感じです。

 

これはフリップ用ではなくピッチングで使いたいので、16アルデバランと同じFTB採用なのはどうなんだろう?と気になるんですよね。

 

まあ自分は16アルデバランは持ってないんですけどね(笑。

 

あとは無意味にカルカッタコンクエストBFSが気になります。

 

多分スモールプラグを投げる展開は自分の中にないんですが、カルカッタコンクエストという名前だけで、何か気になってしまいますね。

 

インテリア用に一台買おうかな(笑。

 

ただし、どのリールもパーツを作る事になると思うので、すべての新作リールが自分にとっては無関係ではないんです。

 

実物の質感とマッチするように、それでいて自分の色が出せるように。

 

さらにHEDGEHOG STUDIO側の要望も取り入れてデザインする事になるんですよね。

 

なので今回のジャパンフィッシングショーでは、先取りしてしっかり実物を見て触ってこないと!

 

kakedzuka.com的リール関連記事はこちら↓

● 【まとめ】 リールメンテナンス関連記事 便利アイテムも

● リールメンテナンスアマがリール愛について語るよ その1

● 16メタニウムMGLの分解手順を公開 前編

かけづか
他にも多数ありますので良かったら見ていってくださいね。 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表