ダイワ【17タトゥーラSV TW】の両サイドカップは樹脂製だった

さてさてジャパンフィッシングショー2017関連記事を怒涛の更新です。

 

ちょっと忘れないうちに書かないと自分でも訳がわからなくなってしまいそうなので(笑。

 

今回は自分が購入をマジで検討しているDaiwaタトゥーラSV TWです。

 

実際に触ってきた結果として、自分はおそらく買う事になりますね。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

タトゥーラの正義とは

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

今期人生初めてのDaiwa製ベイトリールを買うべく、最も注目していたのが17タトゥーラSV TW 8.1Lです。

 

17タトゥーラSV TW

 

今回ジャパンフィッシングショー2017で実機をみてきたので紹介したいと思います。

 

17タトゥーラSV TW 8.1L

ギヤ比 8.1

自重 200g

最大ドラグ力 5Kg

標準糸巻量 16lb-40m~80m 14lb-45m~90m

メーカー希望本体価格 25900円

Daiwaホームページより

 

さて、タイトルにも書いてますが、17タトゥーラSV TWの両サイドプレートは樹脂製という事です。

 

これには各方面から落胆の声が聞こえてきそうですが、価格と性能を天秤にかけた結果がこうなったんでしょうね。

 

17タトゥーラSV TWサイドプレート

 

自分が目にしたSNSでのやり取りでは、サイドカップが樹脂であるなら、剛性の問題で巻き取り感が良くないのではないか?、という心配の声です。

 

まあ確かに、タトゥーラと言えば元々本場アメリカにおいて、タフな使用にも耐えられるように開発されたという話も聞いた事がありますからね。

 

それがタトゥーラという冠?があるのに、剛性よりも価格を取った、と見られても仕方がないのかもしれません。

 

ただ、自分は17タトゥーラSV TW、購入するつもりなんですよね。

 

スポンサーリンク

入門機として最適

 

今回の17タトゥーラSV TWですが、意外とマニアックなファンの方に支持されてきたようにも思います。

 

17タトゥーラSV TWコスメ

 

でも自分としては、人生最初のDaiwa製ベイトリールとして最適だと考えてまして(笑。

 

やはり価格の安さは魅力なんですよね。

 

しかし、後々の事を考えると、ただ安いだけのリールは買うべきではない、という考え方があるのも事実。

 

これについては、もちろん今現在も自分の中で変わりありません。

 

そして今回の17タトゥーラSV TWですが、これは末端の安かろう悪かろう的なリールなのか?、という疑問には、そうではないと言えます。

 

たしかに魅力的な価格ではありますが、実売2万円くらい(多分)でこの性能だったら、まずまず使えるところなんじゃないかな、と。

 

フルメタルを望んでた方には残念でしたが、自分のようなフリッパーには、むしろちょうど良いリールだと思ってしまいます(笑。

 

亀山ダムのような湖では、結構使いまわせて良いんじゃないかと思えるんですよね。

 

パーミングは問題なし

 

17タトゥーラSV TWパーミング

 

なんとなく予想はついてたのですが、パーミング時にビス穴に中指かかかるという問題は大丈夫そうです。

 

実際にロッドに付けてないのでわかりませんが、この感じならおそらく干渉はしないでしょう。

 

ボディーは意外とコンパクトで、ロッドにセットしても握りやすそうでしたね。

 

一応ハリアー80にセットする予定なんですが、時期は違っても、同じDaiwa製なので問題なくセットできると思ってます。

 

スタードラグがやっぱりチャチだけど、それはまあ、しょうがないかな(笑。

 

まあ、おそらくハンドル周りはカスタムする事になるでしょう。

 

スプールシャフトは長い

 

これはちょっと気になって、担当の方に聞いてみたのですが、スプールのシャフトが長いんですよ。

 

17タトゥーラSV TWスプール

 

で、その理由がズバリ単価の問題だという事。

 

Daiwaの担当者さんが言うには、スプールのシャフトが長い方が加工しやすく、結果よりやすく加工できるんだとか。

 

これはスプールを削る時に、支持する点が離れてるほどスプールの芯が出しやすいという事だと言ってました。

 

と言う事は、スプールってシャフトを差し込んでから削ってるんですね。

 

自分が思ってた工程とは違ってましたね(汗っ。

 

ちなみにSHIMANOの担当さんも、単価はともかく、スプールの精度を出すためには有効な方法だと言ってました。

 

逆にスプールのシャフトが短いのは、精度をだすのが凄く大変だという事です。

 

あとは使ってみて

 

これは自分の性格なんですが、いざ買うと決めたものに関しては、あまり詳しく見ないようにします(笑。

 

買う前にいろいろみてしまうのは、買わない理由にしかならないので。

 

って、これではインプレにならないのですが、今回の17タトゥーラSV TWは買う価値があると判断しました。

 

これは感覚の問題です。

 

17タトゥーラSV TWクラッチオフ

 

人によってはスルーという方もいるでしょう。

 

でも、この値段なら、例え買う前のイメージと違っても、まあブログのネタくらいにはなるだろう、という(笑。

 

けどまあ、本当に使えるリールじゃないかと思ってるんですよ。

 

普通にピッチングとかショットキャストとかでは、微妙な差はわからないですから。

 

でも、この後別記事で書くスティーズA TWも結構気になってるんですよね。

 

そっちは正真正銘フルメタルボディーなんですよ。

 

でも迷ってる訳じゃなくて、17タトゥーラSV TWの他に買うのかどうか迷ってるだけです。

 

17タトゥーラSV TWは買います。

 

買ったらまた使用感などをインプレしますね。

 

 

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo422252[2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

購入はこちらから

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
    東京都足立区在住
    ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表