【ブラックバスの共食い】子供の頃に飼ってたブラックバスの話

もちろん今の規制が出来る前の話ですが、子供の頃に近所のペットショップでブラックバスの稚魚が売ってたんですよ。

 

値段がいくらだったかは忘れてしまいましたが。

 

その時は欲しくて欲しくて、親に頼んで水槽を用意して飼い始めたんですよね。

 

毎日エサをやったりしてお世話をしたんですよ。

 

その時に観察したことは、今となっては貴重な経験でした。

 

スポンサーリンク

フィッシュイーター

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukass)です。

 

子供の頃にブラックバスを飼ってた事があったんです。

 

小学生の頃だから、気が遠くなるくらい昔の話です(笑。

 

その時にあげてたエサはお小遣いで買った金魚か、水元公園(東京都葛飾区にある公共の公園)の池で釣ってきたクチボソとかタナゴでした。

 

その時は近所のペットショップから稚魚を数匹買ってきたんですが、最終的には一匹になってしまったんですよね。

 

共食いで。

 

ちゃんとエサをあげてたのに、バスがバスを食っちゃうんですよ。

 

一匹減り、また一匹減りで残り二匹になった時に事件は起きました。

 

同じくらいの大きさだった稚魚が、段々個体差が出てきて片方だけ明らかにデカくなってしまったんですよね。

 

そしてある朝、片方のバスがもう片方のバスに食われてしまってたんですが、驚いた事にデカい方が食われてたんです。

 

一回り小さい方のバスが、大きい方のバスを頭から咥えてたんですよ。

 

朝起きてその光景を見た時はマジでビビりましたよ。

 

スポンサーリンク

共食い

 

たしか最初は5匹くらい飼ってたんですよね。

 

稚魚の時はアカムシをエサにしてました。

 

これが良く食べて、すぐにある程度まで大きくなるんです。

 

そしてある時期から共食いが始まって、最後は一匹になるまでやるんですよね(汗っ。

 

他にエサがいるのに共食いをするのは、縄張り意識なのか、同じエリアにいる外敵とみなしてるのか。

 

まあ、今思えば30センチもなかったように記憶してますけどね。

 

でも数ヶ月で見る見る大きくなっていきましたから。

 

今バスを模したルアーがありますけど、製作した人はこれと同じ経験をしたんでしょうかね。

 

野生のバスでも共食いするという話は聞きますが、本当のところはどうなのかわかりません(笑。

 

今度バス型ルアー使ってみようかな。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



4 件のコメント

  • YouTubeで自身と同じくらいの大きさのバスを口内に詰まらせたまま弱ってるバスの動画を見た気がします。

    米人さんが「oh! crazy…」って呟きながら
    喰われたバスを引き抜いて救出してました。

    私的には「アホちゃうか…」と脳内で翻訳されました。

    ビッグベイト投げてるとビッグベイトより小さなサイズのバスが釣れたりする事はよくありますからねー…。

    バスって変な魚ですねー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表