2017フィッシングショーシーズンが始まりますね

一昨年までは大阪フィッシングショーにお手伝いとしていってたんですよ。

 

もちろんHEDGEHOG STUDIOとAvailブースです。

 

まあ、会社の方針で去年からフィッシングショーには出展しなくなったので、今は普通に一般客としていくんですけどね。

 

そのフィッシングショーシーズンがもうすぐ始まりますね。

 

スポンサーリンク

フィッシングショーシーズン

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

これから春にかけての釣り業界は、大型展示会、いわゆるフィッシングショーが続きますよね。

 

幕開けは1月20日(金)21日(土)22日(日)に横浜で開催されるジャパンフィッシングショー2017でしょうか。

 

その後2月4日(土)5日(日)で大阪フィッシングショー2017

 

そして2月18日(土)19日(日)の名古屋キープキャストと続く感じでしょうかね。

 

今年はジャパンフィッシングショー2017は行く予定ですが、後の二つは未定ですね。

 

行った先ではなるべく多くのものを見てこようと思ってます。

 

去年とは大分意識が違うな(笑。

 

スポンサーリンク

各社のリールを導入予定

 

さて、そんなフィッシングショーでいろいろ確認したいのがやはりリール群ですね。

 

今年はいろんなリールを導入してみようと思ってまして、AbuやDaiwaも使う事になるかもしれません。

 

Abuに関しては現在abu revo ltx bf8を一台所有してるのですが、どうも出番が少なくて(汗っ。

 

ハンドルのガタ付きが解消されればもっと出番が増えるとおもうんですけどね。

 

というのも、普段自分が使うリールはHEDGEHOG STUDIOAvailフルカスタムばかりでして。

 

これは仕事上という事があるからですが、そのおかげでハンドルやハンドルノブはカッチリしたものばかり使わせてもらってるんですよ。

 

そうなると、ノーマル状態でガタつきがあるものは気になってしょうがないんですよね(汗っ。

 

早くカスタムパーツが充実することを祈ってる状態です(笑。

 

最新ロッドも楽しみ

 

自分の釣りの幅が狭いので、現在あまりロッドの本数を持ってないんですよ。

 

今期はもっとロッドを増やしたいと思ってるので、今度のフィッシングショーではロッドもいろいろ見てまわりたいと思ってます。

 

そのなかでも、やはり話題のレジットデザインと、今期モデルチェンジが発表されているSHIMANO EXPRIDEは気になりますね。

 

そのEXPRIDEですが、なんとラインナップに1711XHというのがあるらしいのです。

 

これはやはり北米に狙いを絞った仕様なのかもしれませんが、自分的には一本あっても良いと思ってまして。

 

安価なフリッピングロッドの登場をまっていたので、実物を見るのが楽しみです。

 

ただしカタログ上での売値が32000円となってますので、実売でも2万円台と思われますが。

 

ブログ効果

 

なんか今年は去年までと違ってフィッシングショーが楽しみなんですよね。

 

これって自分がブログを書いてるから、というのがあるんですよ。

 

去年はブログを書き始めて間もなかったので、そうゆう意識が低かったんでしょうね。

 

もっと読者の方の心に刺さる記事を書きたいので、そのためには自分がもっと動かないとダメだと思うんですよ。

 

でも、釣りは全然行けてないので、そんな暇があったら釣りの練習しろ、と言われそうですが(笑。

 

それでも自分のためにも、今年はしっかり見てこようと思ってます。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表