【努力が娯楽】 釣り人の努力は楽しい

世の中の釣り人で気付いてない人も多いと思いますが、楽しんで釣りをしてるのは、関係ない人から見たら努力してるようにしか見えてないと思うんですよね(笑。

 

寝不足で長距離運転して、暗いうちからクソ重たい荷物を船に積み込んで、その後ほぼ一日立ちっぱなしが、あるいは歩きっぱなし。

 

これは好きじゃない人から見たら、ただの修行ですよね。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

釣りは過酷なはずなのに

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

釣りが大好きなみなさんは、自分では気付いてないかもしれませんが、大変な努力家です。

 

努力

 

そうゆう自分もそうだと自負しております(笑。

 

この情熱を学校の勉強に活かせてれば、もう少し良い学歴だったと真剣に確信しております。

 

それほどまでに釣りにかける情熱はすごいんですよね。

 

でも不思議な事に、自分としてはそれほど頑張ってる感がないんですよね。

 

ただ好きな事をしてるだけ、という感じで。

 

もしも自分がすごく辛いけど、頑張って努力してると思ってたら、もしかしてそれほど釣りが好きではないのかもしれませんよ(笑。

 

苦行

 

辛そうに釣りしてる人

 

釣り人同士はすぐに仲良くなりますよね。

 

住まいとか年齢とか職業とか関係なく、いきなり話が盛り上がります(笑。

 

でも時に、あまり盛り上がらない人がいたりします。

 

なんか愚痴っぽくて、何がしたいのかわからない人。

 

多分釣りが好きじゃないんでしょうね。

 

釣りが嫌い

 

だったら何で釣りしてるんでしょうか(笑。

 

その人にとっては釣りじゃなくても良いんでしょう。

 

周りの仲間がやってるからとか、なんとなくかっこよいからとかね。

 

そういう人は釣りがうまくなるのは辛いでしょう。

 

努力をするのが大変でしょうからね。

 

欲しいものを我慢して、より釣れるであろう釣り道具やルアーなどを買わなくてはいけない訳ですからね。

 

もしもそれを買わなくて済むのなら、お姉ちゃんがお酒をついでくれるお店で楽しく飲めるのにね。

 

そうゆう人は自分達とは方向性が違いますよね(笑。

 

一番の娯楽が釣り

 

今現在は釣りの為に生きてます、といったら大げさでしょうか(笑。

 

仕事も家族も、釣り以外の楽しみも、釣りをするために調整してます。

 

家族

 

日々の生活のすべては、釣りに行くための修行ですね。

 

嫁と子供と一緒に過ごす時間は大事ですけど、自分が一生釣りを我慢するのは人生つまらないんですよ。

 

一度は完全にやめようと思った釣りですが、やっぱりやめられないですよね。

 

今一番の娯楽が釣りなので、そのほかの事は大体我慢できます。

 

別に飲みに行けなくても、好きなものを食べられなくても、釣りに行ければまあいーや、という感じで(笑。

 

エア・フィッシング

 

今自分は釣り行くペースはすごく少ないんですけど、そのためにいろいろ調整するのは楽しいです。

 

釣りって、フィールドでルアーを投げてる時だけじゃないんですよね。

 

家で仕事してる時も、頭の中では釣りしてますから。

 

次に行った時はあのルアーを試そうとか、あの場所であんな事を試してみようとか。

 

今週は天気がこうだったから、週末はあのへんが良いんじゃないか、とかね。

 

なので、365日釣りの事を考えない日はないです。

 

これは釣り好きな人はみんなそうなのでは?

 

努力が楽しいと思えるのは釣りのおかげ

 

そんな訳で、自分では努力してるつもりはないのに、無意識に頑張っちゃってるんですよね。

 

仕事を一生懸命やるのも、釣りがあるからですよね。

 

家族にサービスするのも、釣りに行きたいから、というのが絶対ある訳で(笑。

 

いろいろとやらなければいけない事を一つ一つ潰して、そのご褒美に釣りがある訳です。

 

その釣りが、別に朝早いとか、運転が大変とか、お金がかかるとか全然問題ないですね。

 

もしもそのための努力が辛いと思うなら、一度釣りを止めてみるとわかりますよ。

 

本当に好きなら、結局また釣りに戻って来ちゃいますからね(笑。

 

仕事関連記事はこちら

● 釣り関係の仕事をしたいけど、今の仕事は辞められないという方へ

● 好きな仕事と家族の関係 父親の仕事は死ぬほどいやだった

● 【仕事を辞めたい】とか【楽しくない】と思う人に薦めるたった一つの方法

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

2 件のコメント

  • バスフィッシングをやられている方に
    「始めて釣ったブラックバス覚えてますか?」と質問したら

    恐らく99%の方が「何歳のときにルアーは何で釣りました」って
    かなり正確に覚えているでしょうね。

    私も初めて釣ったブラックバスは25年経った今でも鮮明に覚えています。

    釣りって「一生モノの記憶を手に入れる」趣味なんだと思いますよ。
    ここまで鮮明に感動の記憶を残すような趣味は他に無いでしょうね。

    「いつか訪れるその一瞬の為に」
    バサーに限らず釣り人は日々の努力を怠らないのでしょう。

    ランカーサイズ釣った瞬間の脳内麻薬の分泌量って他の何かじゃ味わえないですよね。

    • 初めて釣ったバス覚えてますよ。産まれて初めて投げたルアーの第一投目で釣れたんですよね(笑。小さかったですが。そのときはチョロい釣りだと思ったんですけどね。今では何て難しい釣りなんだと思いますけど(笑。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です