2016カケヅカ.com的・記憶に残る魚オブ・ザイヤーをノミネート その①

去年の9月から始めた当ブログですが、当然去年はベスト5とか言っても全然意味がなかったんですよね(笑。

 

それは年末年始の頃なんて、ほとんど誰にも見られてなかったので、そんな事をしても意味がなかったんですよ。

 

それなら一本でも多く記事を書け、という感じですよね。

 

で、ありがたい事に、やっと年の初めから年末まで続きそうなので、今年の○○オブ・ザイヤーみたいなのが書ける訳です(笑。

 

今回は今年記憶に残った魚(もちろんブラックバス)を思い出してみますね。

2016年を振り返って

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

自分は基本的に、釣りに行くペースは多くないです。

 

平均すると、大体月に二回くらいでしょうか。

 

チャプター房総の試合の時などは、2日連チャンになるので、ほとんど月に一回ペースですね(笑。

 

それでも、昔毎週行ってた頃よりも、集中できてるし、デカい魚が釣れてます。

 

やっぱり中々行けない分、一回の釣りを大事にしてるおかげでしょうかね。

 

そんな感じで、今年も自分的にはまあまあ魚を釣りました。

 

特にチャプター房総ではよく釣ったと思います。

 

まあ、5戦中2戦ノーフィッシュですけど(笑。

 

その他にもプライベートでデカいやつが釣れてくれましたね。

 

それでは今年釣れた魚を振り返っていきますね。

 

①琵琶湖遠征で目の当たりにした57センチ・4月

 

琵琶湖57センチ

 

これはマジでデカく見えましたね。

 

今年の四月に、有名釣りブログのDeeePSTREAM管理人KenDさんに案内して頂いて、琵琶湖に遠征したときにジャークベイトに出た魚でした。

 

この時のジャークベイトはキレッキレでしたからね。

 

KenDさんがね(爆。

 

はい、自分が釣った魚ではありません(笑。

 

でも、間違いなく今期印象に残る魚ですから。

カケヅカ
ちなみに自分は2日間で完デコでございました。

 

②亀山湖での2016初フィッシュ・4月

 

この年はここまでノーフィッシュ続き。

 

チャプター房総の開幕戦でも見事にノーバイトノーフィッシュでしたから。

 

そしてようやく釣れたのが、この魚だったんですよね。

 

カバーフィッシュ

 

一応テキサスのカバー撃ちで獲りましたが、もしかしたらカバーの中にあったネストだったかもしれません。

 

ハリアー80にナイロン30ポンドで釣る魚にしては、エラくかわいいサイズでしたね(笑。

カケヅカ
この日はブログ読者でもある、横浜市のSさんと同船。なんとかカバーから良い魚を獲りたかったのですが、時期的にミッドスポーンだったのか、シャローにはネストだらけでしたね。まだカバーが炸裂するタイミングではなかったのかも(泣。

 

③チャプター房総第2戦で時合を逃さず獲った連続キロフィッシュ・5月

 

ここまでろくに釣れないまま挑んだ試合でした。

 

プラクティスでもまったく釣れず、なんの感触もないままでしたが、当日にうまくアジャストできて、キロ二本を含む計2600オーバーを釣る事ができたんですよ。

 

チャプター房総キロフィッシュ

 

カケヅカ
今まで自分の中にない考えで狙ったスポットに、半ば半信半疑で撃ち込んでバイトが出た時には、本当にびっくりしました(笑。まさにびっくりバイト。

 

④チャプター房総第3戦で終了間際にゴーマルでリミット・6月

 

今期一番のラッキーフィッシュでしたね(笑。

 

検量バッグ

 

チャプター房総の第3戦で、まさかのトップウエイトに貢献してくれたゴーマル君。

 

でも、内容は偶然の要素が強かったので、釣った感があまり強くないんですよね。

 

 

カケヅカ
この日は朝の受付時に、エントリーカードの記載漏れで200gのペナルティーをもらってしまったんですよね。その影響で、上位二人と僅差の三位まで下がってしまったという(泣。

 

⑤チャプター房総第4戦のプラクティスでカメラの前でキロフィッシュ・7月

 

翌日に試合本番を控えた前日プラクティスで、固定カメラを仕込んでおいて、何とか魚を釣るシーンが欲しくて、メインの場所をたたききったという、暴挙に出たんですよね(汗っ。

 

プラクティスフィッシュ

 

そのかいあって、笑える動画は撮れたものの、肝心の試合ではノーフィッシュという(泣。

 

まあ、自業自得なんですけどね。

 

カケヅカ
この時卸したてのハリアー80で掛けたんですが、リールがSHIMANOなせいか、途中リールが外れて超あわててるのが笑えます。

 

 

さて、前半はこんな感じでした。

 

釣行回数の割には、意外と良い魚が釣れてるんですよね。

 

続きはまた後日書きますね。

 

【2016カケヅカ.com的・記憶に残る魚オブ・ザイヤーをノミネート その①】を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です