【個人釣りブログ】こんな人は絶対釣りブログを書くべき!

先日は個人ブログについて、「こんな人は向いてない」という記事を書かせてもらいました。

 

本当に、人にエラそうに言えるほどのブログを書いてるのか?、と言われると全然そんな事はない弱小ブロガーなんですけど。

 

でも、ブログをやってると読者の方のリアルな反応がわかったり、データで自分の数字がわかったりして楽しいんですよ。

 

いろんな裏技があるんですが、何よりもコンテンツがしっかりしてると、数字は絶対伸びてきますからね。

 

釣りというコンテンツは特に個人ブログに向いてると確信してます。

 

その中でも、無料で書いてる人の中で、この人は個人ブログに移行するべきだ、という人のタイプをあげてみたいと思います。

SPONSORED LINK

メーカーやサポートの縛りが無い人

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

前回と間逆なお話になりますが、今回は個人ブログを書くべきだ、と思う人を挙げてみたいと思います。

 

ただし、これはあくまでも自分が思うだけでいろいろとその人なりの事情があったりすると思います。

 

自分もまだまだブロガーとして、プロとして食っていけるレベルでもないので、単なる思いつきで言ってるだけだという事をご理解くださいね。

 

まず、どこのメーカーからも商品の提供やサポートを受けてない方。

 

これはトーナメントやメディアに露出する際に、特定のメーカーからサポートを受けてないという事も含まれます。

 

まあ、これは世の中のアングラーはほとんどが当てはまる事になりますよね(笑。

 

つまり世の中のほとんどの方は個人ブログをやるのに向いているとも言える訳です。

 

ニッチな分野の人

 

個人ブログをやるという事を難しく考えてる人がいますが、自分の場合はまったく最初は何も考えてませんでした。

 

特にコンテンツもなく、ただ日常の事を書き殴ってるだけでしたが、ちょっとした思いつきで、釣りの事を書き始めたんですよ。

 

そうしたら、自分でも気付かないうちに?楽しくなってきて、書かずにはいられない、という感じになったんですよね。

 

それは亀山湖に特化した、しかも自分の釣り方だけをピックアップした記事だけを書いてたんですよ。

 

亀山湖湖畔

 

同じ釣りでも、人気のロッドとかリールや新作ルアーなどを取り上げて、実際に使った事を記事にしてる人もいますよね。

 

でも、そうゆう方(企業?)の運営してるブログは沢山あるので、その中で差別化するには、中々難しいと思います。

 

でも、あるひとつの分野で特化してるものがあれば、固定のファンがついてくれると感じてます。

 

例えば、琵琶湖というジャンルで言えば、そのテーマでブログを書いてる人は沢山いますよね。

 

琵琶湖

 

 

でも、琵琶湖でも、一年通してパンチングしかやらないとか、巻物しかやらないとか。

 

あるいは、その中でもさらに特定の釣りばかりしている、とか。

 

つまり、ニッチな分野であるほど、その人の得意分野なので、他の人には書けない特異な記事になるんですよね。

 

そして、そういう記事は実際に琵琶湖に通うアングラーだけでなく、単純に読み物として面白いんですよ。

 

考えてみれば、自分たちが読んでいる釣り雑誌の記事も、自分に関係のある事以外の記事もおもしろいじゃないですか?

 

つりブログの面白さって、そうゆう部分もあると思うんですよね。

 

強みがある人

 

これはニッチ分野とも関係してるのですが、その人だけの強みがあると、他の人との差別化ができて、読まれやすいんですよ。

 

例えば、釣りに関して英語が得意だとか、外国の釣りに精通してる、というのは今絶対的に強いですよね。

 

この人のブログとかはすごいですよ↓

 

要は需要がどのくらいあるか、という事がブログにもとめられる重要な部分だと言えるんですよ。

 

ただし、インターネットの一番の強みは先行者優位というのが絶対なので、先に始めた人にはまず勝てないです。

 

なので、これからブログを書くなら、何かの二番煎じではなく、自分だけが人よりも先行してるものが望ましいですね。

 

ちなみに自分の場合は、亀山湖に関してブログを書いてる人はすでに沢山いて、ただ亀山湖の事を書いてもだれにもみられなかったでしょう。

 

それが亀山湖でフリッピングするという、一見結びつかないような二つのワードをうまくコンテンツに出来たと思ってます。

 

違和感のあるワード同士を組み合わせた事で、他の人にはない独自性がコンテンツになったんですよね。

 

亀山ダム崩落フリッピング

 

これは特に狙った訳ではなく、昔から実際に自分が実践してるメソッドだったので、文章にするのは全く苦労しませんでした。

 

むしろ世の中に訴えて、自分の釣りを認めてもらいたい、という熱が記事に伝わったと確信してます(笑。

 

でも、世の中のアングラーは少なからずこうしたオリジナリティーを誰もが持ってるのではないでしょうか。

 

自分の場合はわかりやすかったので、文章にするのは簡単でした。

 

でも、世の中の誰もがやっている釣り、例えばネコリグだったら、それと何かを組み合わせる事で、いくらでも独自性を作れると思いますよ。

 

最初のキッカケがあれば、コンテンツは勝手に増えていくものです。

 

書く楽しさと、読まれる喜びを体験すればブログが楽しくてしょうかなくなりますね。

 

鉄の心臓

 

最後になりますが、ある意味一番大事な資質かもしれません(笑。

 

批判を受けた時に、ブレない精神力が絶対に必要なんですよ。

 

例えば芸能人がそうだと思うんですが、ファンがいれば必ずアンチファンも存在する訳ですよね。

 

これがブログの場合は、読んでもらってもいちいち感想をコメントしてくる人は少ないですよね。

 

それよりも、批判的なコメントをくれる人の方が多いと思います。

 

それが適切な指摘の場合、その人には感謝ですが、意味のない批判も多くあるんですよ。

 

お前の顔が気に入らない、とか(笑。

 

有名ブロガーさんの本には必ず、誰もが通る道だと書いてありますが、匿名で記事やブログを辛辣に批判してくる人はいます。

 

これがアメブロでは運営会社の方で削除してくれるので、作者の目には入らないらしいですね。

 

まあ、それがいちいち作者に届いてたら、芸能人は大変でしょうからね(笑。

 

でも個人ブログの場合はそれらをすべて受け入れなくてはなりません。

 

最初はそうでもないですが、サイトが大きくなってくると、だんだん批判的なコメントは増えてきます。

 

それを受け止めて、ある部分はスルーしていかないと心が壊れてしまいます(笑。

 

自分の場合は、誹謗中傷に関して匿名の人のコメントはオールスルーですね。

 

というか、実名で誹謗中傷してきた人は今までに1人もいません(笑。

 

つまり誹謗中傷に関してはオールスルーで良いという事ですね。

 

長くなってしまいましたが、このように個人ブログをやるのは、楽しい事が多い反面批判もあります。

 

それらを全てひっくるめて、楽しいと思える人なら、ブログ運営は絶対に楽しいと言えますね。

 

釣りブロガーは今どんどん増えてると思いますが、まだまだ空いてる椅子はあると思ってます。

 

まあやってみてダメなら、止めるなり戻るなりできますから、この冬トライしてみませんか(笑。

 

【個人釣りブログ】こんな人は絶対釣りブログを書くべき!】を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事はこちら↓

● 【個人釣りブログ】 こんな人は向いてない

● 【釣りブログ色々】アメブロは資産にはならないよ

● 【釣りブログ色々】アメブロで書いてるブロガーさんへ

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから



SPONSORED LINK





SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表