冬にスーパービッグが釣れる人、釣れない人

亀山湖に通って足掛け20年以上になりま

すが、冬場にスーパービッグを釣った事が

ないんですよね。

 

よく、冬は体力のあるデカいヤツが食って

くるとか言いますけど、自分は一度も経験

がないんですよ。

 

ちなみにブランクから復帰する前までは、

冬場も関係なく毎週通ってました。

 

それでも1・2月の極寒の時期も毎週通っ

てたんですが、

気配すら感じた事がないですね(笑。

 

でも、周りでは釣る人がいて、実際に目に

したこともありました。

 

それは全国的によく聞く話で、おそらく狙って

釣ってるんだと思うんですよね。

 

自分には経験のない、でも憧れるこの話を

ちょっと考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

釣りのスタイル

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ(@kakedukass)です。

 

さて、冬はデカバスが釣れるという話ですが、

これは釣りのスタイルに大きく関係してると

思うんですよね。

 

自分の場合、冬に獲ったバスの最大サイズ

はせいぜい1500~1600gで、しかも

コンディションが良い45~6cmというところ。

 

これは狙ってるのがディープで、エサを大量

に食ってるヤツなんだと思うんですが、

そこでのマックスサイズだと考えてます。

 

なので、それ以上のサイズとなると、全然

違う釣りをしないと出会えないと思ってるん

ですよね。

 

まず、ディープでは何をやってもゴーマルは

出ないと確信してます(笑。

 

スポンサーリンク

季節感のないやつ

 

亀山湖のレコードサイズというと、やはり

ロクマルオーバーになりますよね。

 

で、

もちろん自分は獲った事はありません(笑。

 

まあ、ロクマルとなると相当に難易度が高い

と思うのですが、その理由はやはり常識が

通用しないからだと思います。

 

つまり常識で考えると、狙って獲れるサイズ

ではない、という事になるんですよね。

 

そもそもスーパービッグサイズとなると、通常

のセオリーとは関係ないような場所や

タイミングで釣られてるように感じます。

 

特に冬場のビッグサイズは、

とんでもないシャローで釣れたりとか(笑。

 

そう考えると、自分は冬場にシャローで釣り

をする事がないんですよね。

 

たまに真冬にシャローをやる事はありますが、

日当たりの良い土のバンクでラバージグを

ズル引きするような釣りなんですよ。

 

で、釣れるサイズは悪くはないのですが、

せいぜいキロアップくらいですよね。

 

やっぱりそれは常識の範囲内の釣りだという

事なんでしょうね。

 

試合

 

自分が冬場のスーパービッグに出会えない

理由がディープばかりやってるから、という事

なんですけど、それには試合が大きく関係

してるんですよね。

 

自分がローカルトーナメントに出てる頃は、

一年を通してのポイント制だったんですよ。

 

それは1月から12月まで、必ず月に一回

決まった週の日曜日に開催されるんです。

 

つまり、年に12戦休みなく開催されるので、

常に試合で良い成績を収める事を考えて

るんですよ。

 

良い成績というのは、ナイスサイズでリミット

を揃えるという事を一番に考えるので、

スーパービッグを狙うという事はしないんです。

 

試合でスーパービッグを狙うという事は、

ノーフィッシュのリスクが高くなるので、

よほど見えてないとやりませんよね。

 

それが冬場となれば、一本釣るのも大変

なので、まずはリミットを考えるのが優勝への

近道なんですよ。

 

亀山湖のトーナメントはローカルといえど、

かなりレベルが高いので、ハイシーズンは

中々勝てません。

 

そんな自分が狙って勝てる時期が

冬だけだったんですよ(笑。

 

なので、スーパービッグを狙うロマンよりも、

試合で勝つ事の方を優先していたという。

 

じつは一番狙いやすい時期

 

そんな冬の釣りなんですが、じつはスーパー

ビッグを狙うには一番狙いやすい時期だと

思うんですよね。

 

これはバスプロや有名人の方もメディアで

そう言ってますよね。

 

理屈は上でも書いたように、冬の低水温

でも動ける体力があるのでエサを食う事が

できるという。

 

そうは言っても、最低限の体力の消費で

充分なエネルギーを体に取り入れたいので

大きなエサを捕食すると言われてます。

 

そう考えると、人が少なくなる真冬に

ビッグベイトなどのデカいルアーで、実績の

ある場所をやりきる事ができれば。

 

確率的にデカいヤツが釣れるという事に

なるんでしょうか。

 

まあ、

そんな簡単ではないんでしょうけど、単純に

人が少なくなって、その中でデカいルアーを

投げてるだけで釣れそうですよね(笑。

 

今年の冬は試合の予定はないので、思い

切ってスーパービッグを狙うのもおもしろい

かもしれないですね。

 

キャリアだけは長い自分ですが、今まで

チャレンジした事がない釣りなんですよ。

 

いままで冬でも、下手に?釣れてたので、

やる事がなかったのですが、この冬は修行

としてチャレンジしてみようかな(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表