タフな状況とかけまして、検品作業とときます その心は?

久々にものづくりのネタを書きたくなりました(笑。

 

じつは昨日からある製品の検品作業を

してまして。

 

正直に申しますと、外注さんにお願いする

前段階で不良が混ざってる事がわかったん

ですよ(汗っ。

 

まあ、全滅とまではならなかったのは不幸

中の幸いという感じなんですけどね。

 

でも肝心な作業を人まかせにしてしまった

自分の判断を猛省しております。

 

とにかく製品の均一化のために、めずらしく

まじめにイチから作業しております。

スポンサーリンク

違和感を見つける能力

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ(@kakedukzss)です。

 

ガキの頃から両親の経営?する工場に

出入りしてるうちに、町工場あるあるで

まんまと手伝わされるようになり(泣。

 

小学校時代は学校も大嫌いでしたが、

家に帰るのはもっとイヤだった記憶が

蘇ります(笑。

 

しかし何が幸いするのかわからないもので

その時に養った検品能力は今非常に

役に立っております。

 

モノによりますが、同じように見える数もの

の中から、不良品をハネるんですけど、

集中力と目が大事なんですよね。

 

ちなみに自分は近眼&乱視&色弱と

目の悪さは三冠王でして(笑。

 

20161105_232022

 

おそらくガキの頃に金属加工工場で

数え切れないくらい目に金属片が刺さり

眼科で手術するという経験をしている事が

原因ではないかと。

 

まあそれは単なる親へのあてつけですが、

とにかく検品能力と視力とは必ずしも

直結しないという事が言いたい訳です。

 

言ってみれば、それは違和感を見つける

能力なんですよね。

 

間違い探し的な感覚でしょうか。

 

スポンサーリンク

バイトが出ないタフな状況

 

いきなり話が変わりますが、フィールドが

タフな時ってバイトがハッキリ出ない事が

ありますよね。

 

土茶濁り

 

でも手に感じないだけで、実は食ってる

という事があると思います。

 

キャリアの長いベテランになると、過去の

経験からいろんなバイトの出方を知ってる

とは思うんですけど。

 

でも、若くてキャリアが浅い頃ってそうゆう

バイトがわからないんですよね。

 

ひたすら釣れない釣りを繰り返して、釣れ

ないリズムを体が覚えていって、バイトが

ないのが当たり前になって(笑。

 

でもたまに、意味不明に釣れたりする事が

あったりして悩むんですよ。

 

バイトは感じなかったけど、なぜか食って

いた、はて? みたいな(笑。

 

で、そうゆう状況が起こる時の共通点

みたいなのがわかってきて。

 

ラインでアタリをとる事ができるようになって

レベルが上がったような気がして(笑。

 

でもそのうち手にも感じない、ラインにも

変化を感じないバイトがある事がわかって

くるんですよ。

 

それが違和感を感じる能力なんですね。

 

何かが違う感覚

 

ものづくりにおいての検品というのは、

初見では違和感だけなんですよね。

 

同じものが並んでる中から何かが違うもの

を見つけるんですけど、明確な理由は

ないんですよ。

 

他の正規品と何かが違うんです。

 

切削加工品

 

その違和感を見つけるのは視力だけでは

ないんですよね。

 

例えばリールパーツでも数百数千という

数の中で数個ある不良を見つけるんです。

 

その中に一個しかないかもしれないし、

あるいはまったく無いかもしれない。

 

別に瞬時に見つける必要は無いけど、

見つけてしまうときは一瞬です。

 

もう違和感なんですよね。

 

まあ、良く見ないとわからない場合も

もちろんあります。

 

なので検品項目は数種類決めておくの

ですが、見つける時はいつも一瞬ですね。

 

ツール検品

 

よぉーく見ないとわからないというケースは

稀ですね。

 

苦ではない

 

数百数千ある品物を検品するのは、

特別好きではないですが、特に嫌いでは

ないですね(笑。

 

20160805_112152

 

一個一個梱包を解いて見るのはちょっと

めんどうですが、一箇所にまとめてある

パーツを見るのは苦ではないです。

 

これはたぶん自分にその能力があるから

なんですよね。

 

苦手な事をするのは誰だって苦しいです

からね。

 

自分の両親はいつも辛そうに検品作業を

してましたね。

 

で、不良を良く見落としてます。

 

今は高齢なのでどっちにしても見えません

が、自分が小さい頃から見えてません

でしたね(笑。

 

なので良く手伝わされてたのかもしれません。

 

結局サボらない事

 

あたりまえなんですが、不良率を減らす為

にはサボらない事ですね(笑。

 

ちゃんと寝て、集中して見る事です。

 

じつは週の始めに風邪をひいてしまい、

三日で30時間くらい寝てしまいました。

 

普段の一週間分の睡眠を三日で寝て

しまった訳です(笑。

 

でも寝てみてわかる事は、集中力が違う

という事ですね。

 

そしてたまに下仕事をイチから全部自分

でやってみる事です。

 

↓箸でネジ穴を確認してたり(笑。

20161105_103824

最後は原始的な方法で見てます↑

 

どの工程で不良が出るのかを肌で確認

する事ができますね。

 

どうも不良率が高いと思ったら、改めて

自分で全部やってみるとわかる事が多い

です。

 

過去にうまくいってた仕事でも、たまには

自分でやってみると良いですね。

 

タフな状況とかけまして、

検品作業とときます

その心は、

 

バイトは無いです。

 

お後がよろしいようで。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です