THE練習デー② 強風の亀山湖で修行してきた

先日11月9日、強風の亀山湖で練習を

してきた記事の続きになります。

 

雨上がりの朝は暖かく、風もまだ強くない

状況だったので、今考えればその時間に

カバーを撃ってれば何本か出たのかな?

とか思ったりもしたのですが(笑。

 

でもこの日はハリアー80もエスケープリトル

ツインも家に置いてきたんですよね、

あえて。

 

でも、皮肉にも攻撃的な選択のつもりが

これが致命傷になるんですよ(泣。

 

そんな訳で愚痴り記事の二回目です(笑。

 

スポンサーリンク

風が巻いている

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ(@kakedukzss)です。

 

今回は今シーズン最初のディープ修行で

亀山湖に来たんですが、午前中の早い

時間から強風に翻弄されてしまいます。

 

亀山湖強風

 

もともと亀山湖というリザーバーは山間部

という場所柄、風はあちこちから吹くので

特別ではないと思ってるんですが。

 

この日は本当に風が巻いていて、前後

左右、どこから吹くのかまったく風の向きが

読めなかったんですよね。

 

まあ、それでも今日は練習という意味で

やってる訳ですから、強風はむしろ望む所

という気持ちで続けます。

 

それにしても反応があるのに釣れないのは

本当にイライラします(笑。

 

この日はダウンショットに「ぶどう虫」という

渓流針をチョイスしてフッキングを重視して

たのですが、それでものせられず(泣。

 

ぶどう虫

 

そして、一瞬風が止んだタイミングに

集中力を高めて引いてみると、

狙ったラインでバイトが!

 

上がってきたのはデップリ太った

ナイスサイズのギルでした(笑。

 

ちょっと集中力が途切れてしまったので、

ここでちょっと休憩がてらカバーを撃ちに

いく事にします。

 

スポンサーリンク

カバーもキツかった

 

癒しを求めてカバーを撃ちにいったのですが

強風で、しかも風が巻いてる時はカバーも

キツいですね。

 

亀山湖強風本湖

 

いつものようにカバーに船を突っ込んで、

どっかの枝でも掴んでればボートポジション

は何とかなると思ってたんですが。

 

でもこの日は前後左右からランダムに強風

が来るので、船があちこちに振り回されて

全然止まってられません(泣。

 

亀山湖強風カバー

 

松下ボート桟橋対岸の竹ブッシュに船を

突っ込んでても、風で船の向きが

変えられてしまいまったく釣りになりません。

 

こうゆう時は離れた場所からピッチングで

狙ってやれば良いんでしょうけど、普段

やらないのでうまくできないんですよ(泣。

 

この日はハリアー80を置いてきたので、

ここ最近お気に入りのワイルドサイドWSC

63Mというショートレングスのロッドで

スモラバをピッチング。

 

タックルは申し分ないのですが、いかんせん

スキルが追いつかず、カバーを潰しまくり。

 

最初のカバーは自分の船で荒しまくって、

少し時間を置く事にしました(笑。

 

なんとかスモラバフィッシュ

 

主要なカバーを転々としながらも、まともに

釣りができる状況ではない感じで(汗っ。

 

この日のもうひとつの練習課題である

カバーネコですが、ただでさえスキルが無い

上にこの風ではまったく歯が立ちません。

 

これに関しては来年

宮城アングラーズ・ヴィレッジ

でも行って修行してきます(泣。

 

それはさておき、この日のカバーですが、

11月前半にもかかわらず結構反応が

ありました。

 

ただし、スモラバでのアプローチなのでサイズ

感はあまり大きくないよにも感じましたね。

 

それでもたまたま良いタイミングで入った

カバーでは少しまともなサイズをキャッチ。

これが大体35cmくらい。

 

B-1スケール

 

この前BURITSU編集長・北畠蘭知亜

さんに頂いたB-1スケールがちょっと根性

スケールになってて(笑。

 

実際よりも数センチ短くなってしまうという

恐ろしいスケールなんですよ。

 

まあ、自分が張るのミスっただけ

なんですけどね(汗っ。

 

それにしてもこの風ではスモラバも結構

キツいっすね。

 

20161109_130424

 

 

これも自分のような一般アングラーレベル

では頑張ったほうです(泣。

 

翼をもがれた鳥かよ

 

なんとかカバーで一本釣れたので、また

ディープに戻って修行を再開しましたが、

風が止む気配はまったくなく。

 

亀山湖強風夕方

 

いろいろ手を尽くしましたが、その後は

まともにバイトも出せず撃沈。

 

でも良い修行にはなりました。

 

で、頑張ったご褒美にラスト一時間カバー

をやる事を自分にゆるします(笑。

 

でもこの日はハリアーがないので、パワー

ベイトフィネス一本勝負。

 

で、めぼしいカバーを回っていきますが、

やはりまともに釣りができません。

 

これは自分にスキルがない事が一番の

理由ですが、やはりハリアーが無いのが

致命傷でした(泣。

 

実はまあまあバイトもあり、サイズを問わな

ければもう少し釣れたと思います。

 

でも、主要なカバーでは重いシンカーの

テキサスでしっかりと中層を把握できないと

自分の釣りにならないんですよね。

 

しかも風が強い時ほどシンカーの重さが

活きてくる訳ですし。

 

そして何よりバイトがあった時にラインの

テンションをとっさにコントロールする為には

ロッドの長さは超重要なんですよ。

 

ロッドが長いほど立てたロッドを寝かす事で

一瞬でスラックを作れますし、フッキングの

ストロークも充分にとれますから。

 

暴れる魚をカバーの真上から抜き上げる

のもそうですし、ネットが使えない状況では

本当にアドバンテージになるんですよ。

 

それがこの日は6.3フィートの、

強いと言ってもMパワーのロッドですから。

 

溺愛してるお気に入りのタックルですが、

この日ばかりは太刀打ちできませんでした。

 

結局バイトがあるもフッキングができずに

「ハリアーさえあれば」、と心の中でつぶやく

しかできませんでした。

 

まあ、ハリアーがあったらどんだけ釣れたかは

わかりませんが、気持ち的には納得だった

でしょうからね(笑。

 

やはりタックルは適材適所、使いやすい

と言っても、すべての状況でとは限りません。

 

ロッドの長さが活きる時もあれば、

その逆もある、という事を肌で感じました。

 

結果的には良い一日

 

結局魚はカバーでの一本と、朝に釣れた

チビっちゃいのが一本。

 

そして巨ギルが二本という結果(笑。

 

でも自分的には意味も意義もある、

良い一日でしたね。

 

まず、なまってたディープの釣りにカツを

入れる事ができました。

 

魚探の調整もまあまあできましたし。

 

ボトムの感覚も確かめられたし、ワームを

試す事もできました。

 

そのあたりの事は、追々記事にしていこうと

思ってます。

 

そして何よりハリアーを振る意味を再確認

できた事は良かったですね(笑。

 

今まで風が吹こうが雨が降ろうが、ハリアー

で乗り切ってきたという事を実感として

確認できましたから(笑。

 

今日みたいな状況になった時に、

物干し竿があると少々エレキを雑に

踏んでもアプローチが難しくてもロッドの

長さでなんとかなるな、と。

 

それにしても、せめてテキサスセットくらいは

もって行くべきだったと反省してます。

 

シンカーはあったのですが、浮き止めゴム

をもっていかなかったんですよね。

 

そうしたらシンカーだけがカバーに入って

ワームが落ちなくて釣りにならなかった(笑。

 

穏やかな日だったら、いろいろとケアできた

のかもしれませんが、自分のポジションも

まともにキープできない状況ではね。

 

この日は自分の撃ってるカバーに対して

向かい風でアプローチしてるところに、

今度は背中から強風が吹きつけてくる

状況(笑。

 

何度もカバーを自分でひいちゃって、

リグもラインもメチャクチャという感じでした。

 

亀山湖強風一日中

 

まあ、

それも含めて良い練習になったと思います。

 

でも、年内にもう一度カバーで良い魚を

釣っておきたいな。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表