ルアーを1分止めるってスゴイ事だよね

もうすぐ12月になってしまいますが、この時期の釣りはすでに冬にシフトしてる方も多いと思います。

 

秋の延長でやっても釣れる場合はありますが、今年は寒くなるのが早かったですからね。

 

11月の時点で都内にも雪が降ったりして、すっかり防寒の用意も済ませてしまっていたり(笑。

 

その冬の釣りですが、よく「冬はステイ」という事を聞きますが、実際にどのくらいルアーを止めておくものなんでしょうか?

スポンサーリンク

ソフトルアーとハードルアー

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

さて、自分は冬の釣りで、ルアーをステイさせる事をあまり意識した事はありません(笑。

 

いきなりタイトルと違う事を言いますが、これは亀山湖があまりステイをする事に効果がないから、というように考えてるんですよ。

 

利き足操船

 

そうは言ってもルアーを止める事はあって、テキサスリグの中層シェイクをしていて、シェイクをやめて止めておいた時に食ってくる、というタイミングはあります。

 

でも冬に意図的にロングステイさせる事はほとんど無いんですよね。

 

まあ、そいゆう場所を狙ってないだけかもしれませんが(笑。

 

これがハードルアーになるとどうなんでしょうか。

 

よくサスペンドミノーやサスペンドシャッドで、長めにステイさせて食わせるとか言いますよね。

 

サスペンドシャッド

自分には経験がないのですが、どのくらいの時間止めてるんでしょうね。

 

まさか本当に一分止めるんでしょうか(汗っ。

 

だとしたら、とても自分には待てないですね。

 

スポンサーリンク

ちゃんとした1分

 

一度きっかり一分を計るために、ルアーをキャストしてから腕時計で確認しながら止めておいたんですよ。

 

まあ長いですよね(笑。

 

Minute

 

そう考えると、普段の釣りではルアーを水に付けてから、ほんの数秒で上げてしまってる、という事です。

 

自分では1分くらいシェイクしてるつもりでしたが、長くても20秒~30秒くらいだと思いますね。

 

でも、経験がないという事は、意識してやったら釣れるのかもしれません。

 

この冬は意識してロングステイというヤツをやってみようかな。

 

でも、1分って長いですよね。

 

オープンウォーターの1分

 

カバーの中層を、カバーにラインを持たせて1分止めるのは具術的にはそれほど難しくないですよね。

 

でも、オープンウォーターで1分止めるのは相当に難易度が高いです。

 

オープンウォーター

 

その場合はもちろんハードルアーでの釣りになりますよね。

 

ワームリグで1分止めるためには、水深が浅いところでボトムにステイさせるか、リーダーを超長くしたダウンショットをやるかのどちらかでしょう。

 

それにしても、オープンウォーターでルアーを止めておくのは至難の業です。

 

仮に船をアンカーなどで停泊させておいても、沖には波もあるし風も吹きます。

 

ラインが流されてルアーは引っ張られて動いてしまいますから。

 

つまり、ルアーを止めるという事は、自分は忙しく動かなくてはいけないんですよ。

 

自分が動作をしない事が、ルアーを止めてる事にはならないんですね(汗っ。

 

これはハッキリ言って、プロの領域ではないでしょうか。

 

ルアーを止めるのは意識の問題

 

結局、ルアーを止めるという事は、自分の意識の問題だと思うんですよ。

 

ルアーに意図的にアクションをつけたり、ボトムを感じてズル引きしたりするのはステイではないですよね。

 

でも、自分が何もしないと、ルアーによっては自発的にアクションしてくれる事もあります。

 

ノーシンカーのフォーリングなんかは、ルアーによって全然アクションが変わりますが、それは人間の方ではコントロールできない部分ですよね。

 

ルアーを止める事、という事をなぜおこなうのか?、というと、結局釣るためな訳ですから、結果的に釣れればOKですよね。

 

釣れればOK

 

それは人によって言い回しが違いますから、「止めてる時に食った」と言っても、実際は止まってなかったかもしれないし(笑。

 

でも、間違いないのは、その人はルアーを意識して”止めてた”んですよ。

 

水の中のルアーがどうなってたかはわかりませんが、止める事を意識したら釣れた、というのが大事な事ですよね。

 

釣り人は再現性を求めますから、この先同じような状況になったら、また止める事を意識するのでしょう。

 

でも同じように釣れなかったりして、もがくんですよね。

 

それにしても、やっぱり1分ってすごいです。

 

そんな事をやってると、すぐに1時間経っちゃいますよね(笑。

 

【ルアーを1分止めるってスゴイ事だよね】を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事はこちら↓

● 五十嵐誠選手のウイニングルアー【イガジグ】が衝撃的すぎる!

● Fecoルールに抵触しないハードルアー 水に浮くのははほとんど使用可能

● 【VERSUS VS3080】 がキレイになったのでルアーを入れてみる その2

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





2 件のコメント

  • 中学生の頃、トップウォータープラグを水面に浮かべたまま
    犬の散歩をしていたおじさんとの話に2~3分程夢中になっていたら
    バゴッという音と共に45cmが釣れました。

    ロングステイさせるなら「ながら」が良いですよ。
    パン食べながらとか。

    • まあ、自分は一分ステイは無理っぽいです(笑。ながらステイも性格的に難しいですね。せっかちなもんで(笑。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です