リールパーツ作ってますよ 設計段階からお見せします

先日のJBジャパンスーパーバスクラシックで

今シーズンの主要な大会はすべて終了

ですね。

 

アングラーにとってはこれからオフシーズン

に入っていく訳ですが、バスプロの方や、

メーカー関係者はこれからが本当に忙しい

時期に突入するんですよ(笑。

 

年明けの大型展示会ラッシュ、いわゆる

フィッシングショーに向けた準備が最も

あわただしくなく時期なんですよね。

 

まあ自分のような弱小メーカーにはあまり

関係ない話なんですが、それでも製品

開発は忙しくなります。

 

そんな中、また新規パーツを設計を始め

たので、今回はその工程を追ってみようか

と思います。

スポンサーリンク

ジュラルミン削りだし

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ(@kakedukzss)です。

 

現在新たにリールパーツのデザインを始め

たんですが、今回はスピニングリールの

を作る工程を紹介していこうと思います。

 

新たに、といってもじつは先行して発売

されているパーツだったりするのですが、

完全リメイクというか。

 

それまでのものが、あまりにも手が掛かり

過ぎて納期が長すぎるので

価格が高くなりすぎというか

 

それでやめてしまっていたものを改めて

リメイクするという感じですかね。

 

まあ、その前のものもデザインは自分が

担当したものだったのですが、削りは

外注さんにお願いしてたんです。

 

でも当工場にも複合加工ができる自動

旋盤が導入されたので、加工まで可能に

なったんですよ。

 

ならば、という事でデザインから見直して、

削りまですべて自分でやってしまおうという。

 

スポンサーリンク

二次元図面まで

 

設計からデザイン、モデリングから試作

フィッティングまでを一人でやるので

仕事は速いですよ(笑。

 

↓二次元図面を飛ばしてモデリング(笑。

3D CAD図面

 

カラーのサンプリングです↓

3Dモデリング

 

↓からの、二次元図面起こし(笑。

AUTO CAD図面D

 

普通は順番が逆なんですが、

まあ独学の我流なのでお許しを(笑。

 

ちなみに二次元CADはAUTO CAD LT

という結構メジャーなソフト。

 

うちにしてはめずらしいですが、なんと年式は

2013とちょっと古い(笑。

 

今はライセンス版の2017が最新みたいですね。

 

 

データ転送

 

そんなこんなでアウトラインができたらデータ

をマシンに転送します。

 

といってもUSBを差し込むだけですけど(笑。

 

↓パソコンからデータを抜いて

20161107_095716

 

↓マシンに差し替えるだけ

20161107_100603

 

まあ今どきのマシンは簡単で助かります。

 

昭和のマシニングセンタはRS232という

化石レベルの転送方法でしたから。

 

というか、今だにパソコンからマシンまで

有線で転送してる(汗っ。

 

そのうちパソコンの方が

対応できなくなるんだろうな。

 

さて、きょうあたりから削りにはいれるかな?

 

どんなのができるかお楽しみに。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表