亀山湖ローカルトーナメントをすすめたいけど

以前このブログで、バスフィッシングがうまく

なるためには試合に出てみると良い、的な

事を書きました。

 

試合に出ると今の自分の実力が客観的

にわかるし、釣れるルアーや場所を知る事

ができるから、という事なんですよね。

 

そして試合を通してレベルの高い知り合い

ができて、釣りを教えてもらえるという事も

期待できるし(笑。

 

そんな試合ですが、ローカルトーナメント

なら、普段の装備にちょっとプラスすれば

すぐに出られるんですよ。

 

と、言いたいところなんですが、近年

トーナメントに対する判断が難しくなって

きてるようなんですよね。

スポンサーリンク

試合の功罪

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ(@kakedukzss)です。

 

じつは今回の記事は、当初亀山湖での

ローカルトーナメントに出る事をおすすめ

する記事を書こうと思ったんですよ。

 

でも、いろいろ調べてるうちに、簡単に

試合を薦めて良いものか、迷いが出てきて

しまってるんです。

 

チャプター房総表彰台

 

というのも、亀山湖のボート屋さんによって

試合を自粛してるお店が出始めて

きてるんですよ。

 

これはやはり、試合数が増える事でバスへ

のダメージが深刻化する事を考慮して、

という事なのでしょう。

 

ゴーマル君2

 

バスフィッシングは楽しい遊びですが、バス

がいなくなってしまっては本末転倒です。

 

まあ、釣り人が湖にいるすべてのバスを

釣り上げてしまう、という事はありえない

とは思いますが。

 

でも、確実に釣る事でバスにダメージを

与えてるのは間違いないですし、それが

試合となれば余計ですよね。

 

個人的には、バスフィッシングの魅力は

トーナメントにあると思っていて、亀山湖

のようなレンタルボートのフィールドでの

試合はすごくおもしろいんです。

 

試合前

 

このブログでも、その魅力を少しでもお伝

えしようと思って記事にしてるんですよね。

 

でもそれがバスそのものにダメージを与える

事を推奨してるような気がして、

躊躇してるのも事実です。

 

なんというか、難しい問題なんですよね。

 

スポンサーリンク

そもそも

 

じゃあバスを傷つけない為に、

バスフィッシングそのものをやらなければ

良いのでは?

 

と言われると、何も言い返せないのですが。

 

釣りという遊びがそもそも動物虐待だという

事をわかっててやってるので、その上でバス

を保護するのは矛盾してる訳なんですけどね。

 

でも、バスフィッシングという楽しみを続ける

のであれば、同時にバスを保護するのも

大切な義務だと思うんですよ。

 

浮き袋

 

自分が釣り上げたバスを大切に扱うのは

未来永劫バスフィッシングを続けたい

から、という事ですね。

 

それ以上でもそれ以下でもないです。

 

もしも屁理屈を言って、動物愛護の観点

からバスを大事にしろ、的な事を言うと、

じゃあ釣りをやめるのか?となってしまいます。

 

自分は釣りが大好きで、そのために決め

られたルールは守ってやってるつもりです。

 

チャプター房総朝のミーティング

 

ですがバスフィッシングが出来ないとなると、

そのルールには興味がなくなるでしょう。

 

もちろん、人に迷惑をかけるような事は

するつもりはありません。

 

でも、釣りが出来ないのであれば、バス

という魚には興味がなくなるでしょう。

 

もしも釣りをしなかったら、別にブラックバス

の生態や仕組みにはそれほど興味はない

と思いますんで。

 

あくまでもバスを釣りたいから、いろいろと

生態や習性を知りたい訳で、特にペット

としての興味はありません。

 

なので、絶滅危惧種を守る、的な感覚も

まったくないですね。

 

ゴミを拾う、湖を汚さない

 

湖を汚さない、というのは当たり前の話

ですよね。

 

でも、落ちてるゴミを拾うのか?というと、

バスフィッシングが出来なくなったら、

出来る自信ないですね(汗っ。

 

そもそも釣りができなくなったら、わざわざ

亀山湖には行かないと思います。

 

ダムサイト

 

きっと足を伸ばして、どこか堂々と

バスフィッシングが出来る湖まで

遠征するでしょう。

 

そして、その湖のゴミを拾うと思いますね。

 

その湖のバスを大事にして、その湖の環境

をよくする為の努力をすると思います。

 

ホームレイクってそうゆう事ですよね。

 

それが例えば、関東で釣りができない、

となれば関東以外のどこかの湖まで、

それこそ琵琶湖まで足を伸ばすでしょう。

 

日本でバスフィッシングができないとなれば

外国に目が行くと思います。

 

そして、その外国の湖のゴミを拾うと

思いますね(笑。

 

釣りとトーナメント

 

自分のバスフィッシングはトーナメントと

連動してます。

 

なので、バス釣りはできるけど競技はダメ、

となると、一気に魅力が半減してしまいます。

 

亀山湖でも、バスを釣る事自体はOKで、

でもトーナメントを開催するのはダメですよ

となると、今まで通りに通うのかは微妙です。

 

これは人によって価値観が違うので、

意見も様々でしょう。

 

純粋にバスフィッシングを楽しんでる人に

とっては、むしろありがたいのかもしれません。

 

リザーバー

 

そう考えると自分のバスフィッシングは

湾曲していて、純粋な楽しみではないの

かもしれませんが(汗っ。

 

それでも競技としてのバスフィッシングが

大好きなんですよ。

 

チャプター房総スタート

 

そして、その一番上にプロのトーナメントが

あって欲しい訳です。

 

トッププロ

 

今現在、これから自分がトッププロを

目指す事は無いと思いますが、競技は

一生続けると思います。

 

できれば全国各地の試合を経験したい

とも思ってますが、やっぱり亀山湖の試合

が一番おもしろいんですよね。

 

自宅から近いし、レンタルボート戦だし、

エレキ戦だし、景色が良いし。

 

なんと言っても、長年通って愛着が

ありますしね(笑。

 

できる事なら、この先もずっと亀山湖で

バスフィッシングとトーナメントができる環境

が続く事を切に願うばかりです。

 

そのために自分に出来る事があれば、

何でもやろうとは思ってます。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表