冬のバスフィッシングはなぜスキルアップになるのかを考えた

最近めっきり寒くなって、そろそろ冬支度を

しておかないとダメですよね。

 

ところで、みなさんは冬ってオフシーズン

ですかね?

 

自分は一番好きなシーズンですけどね、

マジで。

 

だってフィールドが空いてるじゃないですか。

 

何をするにもストレスなく練習できますよ。

 

冬はまさにスキルアップにはもってこいの

シーズンですよね♪

スポンサーリンク

狙って釣る

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ(@kakedukzss)です。

 

さて、みなさんはこの冬はどこのフィールドに

出かける予定でしょうか。

 

南極

 

人によっては、寒い時期はトラウトの管理

釣り場に通うというケースもあるかと思い

ます。

 

トラウト

 

それはそれで楽しいし練習にもなると思い

ますが、自分は基本的にバスフィールドに

行きたいですね。

 

まあ、亀山湖にいきたいです(笑。

 

亀山湖強風夕方

 

理由は単純に釣れるから。

 

リザーバーの冬って狙いどころはハッキリ

してるので、釣れるまでひたすらやり込むと

結構魚を手にできるんですよね。

 

自分の場合は手堅く魚を触るなら深い

ところをライトリグで、日中暖かい日は

カバーもやりますね。

 

以前記事で書いたのですが、

冬にスーパービッグを釣った経験が一度も

ないんですよ。

 

なのでこの冬は過去のデーターを参考に

一発狙ってみたいとも思ってます。

 

寒い時期のバスフィッシングって狙わないと

釣れないので凄く練習になるんですよ。

 

スポンサーリンク

釣れない時間が練習時間

 

ところで、冬って釣れないイメージが先行

してると思いますけど、他の時期も結構

釣れないですよね(笑。

 

ノーフィッシュ

 

ハイシーズンでも意外とデコるし、真夏の

日中は冬よりキビしいと思いますよ。

 

で、

その釣れない時が練習の時なんですよ。

 

キャストを同じリズムで続けたり、ルアーの

アクションを確認したり。

 

手を変え品を変えて、

なんとか魚に近づけるように考えますよね。

 

その時間は貴重な練習時間な訳ですが、

それが真夏の日中とかだとキツいですよ。

 

灼熱2

 

だって暑いじゃないですか(笑。

 

熱中症で命の危険だってあるし、何より

釣れる気がしない(笑。

 

自分の感覚だったら、それよりも真冬の方

が全然釣れる気がしますけどね。

 

たしかに寒いので体はキツいですけど、

それは防寒をしっかり対策すれば

意外と快適にすごせるんですよ。

 

真夏はいくら脱いでも暑いでしょ?(笑。

 

バスは冬眠しない

 

まあ、夏場には夏場の対策があるので、

別に夏をdisる訳ではないんですよ。

 

ただ、冬にも冬の対策があるので、決して

デスシーズンでは無いと言う事を言いたい

んですよね。

 

そもそも、バスは冬でも必ずエサを獲ってる

ので、釣れない訳がないと思うんです。

 

昔雑誌の記事で、水中カメラマンの方が

真冬に水の中を撮影してたら、バスが

元気に泳ぎ回ってたらしいですよ(笑。

 

実際真冬でもバスが釣れる事は多々

あるし、決して冬眠してるという訳では

ないみたいですね。

 

ただし、冬の釣りはサイズによって極端に

いる場所が分かれるように思います。

 

やはり小さくて体力の無いヤツはプロテクト

エリアに多いし、やる気のある太ったヤツは

オープンエリアでベイトについてるな、と。

 

同じエリアで痩せてるバスとコロコロのバス

が釣れる事は経験ないですね。

 

エア抜き

 

漁港のようなプロテクトエリアでもデカいの

は外側の風がバンバン当たってる方で

釣れるように思います。

 

昔正月の釣り初めは霞ヶ浦のボートドック

の外壁で済ませたものです(笑。

 

なぜか正月に行く釣り初めはホゲった事

ないですね。

 

ハイシーズンのほうがよっぽどデコってました

(爆。

 

さて、

スキルアップについて書こうと思ってたのに、

なんか冬の思い入れの話が中心になって

しまいました(笑。

 

なので次回は自分の経験上冬に手堅く

釣れる(釣れた)方法を紹介しますね。

 

まあディープのドラッギング以外のね(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





2 件のコメント

  • 雪が積もるような日に釣りに行くと、
    特定の場所だけ雪が積もっていなかったり
    または積もった雪が溶けるのが早い場所があったり。

    「その特定の場所」だけ何かの影響により地表温度が高いということが
    雪のお陰でわかったりします。

    あとは放射冷却の厳しい冬の朝、湖面から立ち上る蒸気が多い場所とか。

    冬でしか判らないことって多くありますよね。

    あとは確かに冬のほうが釣りに集中できますね。

    • 冬の釣り、結構やられてますね。自分はさすがに今は雪の日は行きませんが(笑。
      四駆に乗ってる時は関係なく行ってましたけどね。でも本当に冬には冬にしかわからない事がありますよね。
      あとは釣れた時の感動は絶対冬ですよね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です