ハリアー80にどんだけすがってるのか実感した一日

本場アメリカでもない日本の、

しかもただのアマチュアアングラーなのに

フリッパーを名乗ってる自分ですが(笑。

 

まあ、ブログでキャラを立てるための道具

としてフリッピングという言葉をただ利用

しているだけだと思われてるでしょうか。

 

でも残念?な事に、自分の片腕である

ハリアー80を持ってないと、こんなに苦労

する事になるんだと痛感してます。

 

自分でも気付かないうちにフリップという

メソッドにすがりきってた事を実感して

しまいました(笑。

 

先日の亀山湖での事です。

スポンサーリンク

苦しい状況ほど

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ(@kakedukzss)です。

 

前回亀山湖釣行についての愚痴を散々

書かせてもらったばかりですが、今回も

ちょっと愚痴になってしまいますね(笑。

 

これはもう、後悔と言っても良いレベルの

話ですが、いつ何時でも自分のメインの

タックルは置いてきちゃダメだよ、

という話です(笑。

 

11月のタックル

 

まあ正直、余裕ぶっこいてたんですよね。

 

一年で一番得意だと自負している秋冬

のディープの釣りでけっこう釣れるだろう、と。

 

ところがどっこい、自分がとてつもなくヘタに

なっていたのと、凶悪な風が追い討ちを

かけてきて、まったく釣れず(汗っ。

 

でも、練習だと割り切って、いろいろと

修行したので、ストップフィッシングのラスト

一時間前から本気のカバー撃ちで

締めくくろうと思ったのですが。

 

ハリアー80がないと、風が吹いただけで

こんなに釣りにならない自分がいるとは。

 

よく釣れる穏やかな日だったら、どんな

タックルでも何とかなります。

 

でも苦しい状況ほど、信頼できるタックル

じゃないと信じてできませんよね。

 

スポンサーリンク

メソッドとしてのフリップ

 

バスフィッシングのメソッドというと、いろいろ

ありますが、フリッピングももちろんそうなん

ですよ。

 

当たり前ですが、釣り方とタックルは連動

しているので、専用のタックルがないから、

他のもので代用しよう、

とはいかないんですよね(笑。

 

ハリアー80

 

例えばライトリグをやるのに専用タックル

が無かったら、何かで代用できますかね?

 

ディープクランクをやるのに専用タックルが

ないからといって、短くて投げにくいロッド

では釣りになりませんよね(笑。

 

いくらバーサタイルと呼ばれるロッドが

あったとしても、フリッピングにはどうしても

専用のタックルが必要なんですよ。

 

8フィートの長さと強さ、ナイロン30ポンド

ライン、そしてリグのシステム。

 

ヘビーカバーに打ち込む為にはシンカー

ストッパーなどの小物も必要不可欠

なんですよね。

 

なにより、そのシステムでの釣りの間合い

が自分の中に染み付いてる訳です。

 

それは自分が苦しい状況になった時ほど

助けてくれるものなんですよね。

 

システムとして完成されてしまってるので、

ちょっとの違いなら出来なくないですが、

まったく違うと別のメソッドですよね。

 

強風でのカバー中層

 

11月前半の亀山湖、気温高めで強風、

これはまだまだカバーの釣りが成立しますね。

 

でも、水深10mあるようなカバーの中層

を狙うには、適当にやっても釣れないです。

 

やっぱりルアーがどの層にあるか、とかを

しっかり把握しないとキビしいですよ。

 

この時は2.7gのスモラバをPEラインの1号

でやった訳ですが、これだとフォールの最中

しかチャンスがないんですよね。

 

水面からカバーの下数mまでをしっかり

把握して、中層で止めてやらないとバイト

チャンスを作ってやれないんです。

 

この日の風だとスモラバで中層を把握

するのはキビしかったと思います。

 

しっかりしたウエイトのテキサスでないと

自分には無理がありました。

 

釣れた一本も偶然の要素が大きいですね。

 

20161109_130347

 

この日はこの後もハッキリとしたバイトが

あったのですが、まったくフッキングに

持ち込めず、くやしい思いをしました。

 

やはりカバーでは、自分の任意の水深で

バイトが出せないとキツいですよね。

 

思い込みは危険

 

結局この日のカバーはまだ全然秋だった

という事でした。

 

亀山湖強風本湖

 

普段フィールドに出てないくせに、寒いから

もう冬の釣りが良いだろう、と勝手に思い

込んでたんですよね。

 

ちょっと前に記事に書いた、過去には

12月はまだまだ秋、とか言ってたくせに(笑。

 

なのに、もうディープだけで何とかなると

勝手に思い込んでしまったのがマズかった。

 

しかも、やるならディープだけでやりきれば

よかったのに、ついカバーもやってしまうから

どっちつかずになってしまうという(汗っ。

 

デカギル

 

季節の変わり目をナメてましたね。

 

練習は練習ですが、あらゆる可能性を

否定してはいけないという、良い勉強に

なりました。

 

まあ、いつも苦い思いをして、勉強ばかり

してるんですけどね(笑。

 

今後は何があっても絶対にハリアー80は

もって行くことにします!

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です