巻きと撃ちを同じロッドでやるのはアリか?

世の中にある「何々用」と呼ばれるロッドは

メーカー側がそう言ってるだけで、

実際は何に使っても良い訳ですよね。

 

だから撃ち用のロッドで巻きをやっても

全然OKだし、逆もそうなんですよ。

 

ただし、ちゃんとしたメーカーさんなら専属の

フィールドスタッフや作り手さんが実際に

テストをした上で何用と謳ってる訳で。

 

最初から状況とルアーに合わせた上で

コンセプトが決まった状態で進めて行くので

しょうからね。

 

つまりメーカー側が、例えばビッグベイト用

と謳ってれば、それを使うのに最も適した

ロッド、という事になるんですよね。

 

それを踏まえた上で、ロッドの使いまわし

について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ロッドの専門性

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ(@kakedukzss)です。

 

最近ディープの記事ばかり書いてますが、

ハイシーズンのメインスタイルはフリッピング

なんですよ。

 

琵琶湖のマットでパンチングをやるような

1オンス超えのシンカーは使いませんが、

5/16オンスがデフォルトですね。

 

IMG_6603

 

これは亀山湖にしては結構重いシンカー

だと思うのですが、フリッピングロッドなら

問題なく背負える重さです。

 

で、この釣りを他のロッドでやろうとすると

すごく無理があって、その部分では代用は

効かないと言い切れますね。

 

自分がフリッピングに使うのはハリアー80

なんですが、逆にこのロッドを他の釣りに

使おうとしても、それもダメですね(笑。

 

一度長さを生かしてディープクランクに良い

のではないかと試してみたんですが、硬い

しテーパーが先に寄りすぎててまったく

使えなかったのを覚えてます(笑。

 

やはりここまで専用化されたロッドの場合

使いまわしはキツいですね。

 

スポンサーリンク

ショートロッドの場合

 

ここで自分としての結論を言ってしまうと、

バーサタイルを謳うなら、ロッドは短い方が

良いという事です。

 

そもそもロッドの長さというのはルアーありき

なんですよね。

 

ハードルアーをロングキャストしやすいとか

カバー撃ちでフッキングパワーを最大限に

生かしたいとか。

 

フリッピングなどはその典型で、その起源は

20フィートののべ竿に少しの垂らしで

やってたとか(笑。

 

より遠くからより効率よくバスを釣るための

方法のひとつがロッドの長さなんですよね。

 

そうなると、短いロッドの有効性とは

なんでしょうか?

 

それはズバリ取りまわしですよね。

 

ロッドの使いやすさのひとつに

ショートレングスというのが絶対あるな、と。

 

つまり短いというだけで使いやすいんです。

 

まあ、フィールドによってロッドの使いやすさ

は違うでしょうけど、

少なくとも自分のホームレイクである

亀山湖では短いのは武器ですよね。

 

結論

 

これについてはいろいろなご意見があるとは

思いますが、ここでは短いロッドなら巻きと

撃ちの両方に使えるとしておきます(笑。

 

実際自分が今年買ったワイルドサイドの

WSC63Mの場合はウエイトさえ合えば

どちらでも使いやすいと思います。

 

1/2のスピナーベイトでも、スモラバでも

同じロッドでやれてますから。

 

まあ、巻き偏差値低いのでスピナーベイト

は使えてるのか微妙ですが(笑。

 

でも状況によってはテキサス用のロッドで

スピナーベイトを巻いたりするという話も

聞きますしね。

 

意外と深いテーマなのかもしれませんが、

巻きと撃ちを同じロッドでやれる事もアリ、

としておきます。

 

ただしフリッピングロッドで巻きをやっても

釣れないと思いますよ(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表