2016クライマックスエリート5 優勝 関和 学プロ

昨年の大怪我から大復活のタイトル獲得。

 

2016年度のエリート5が茨城県北浦で

行われたようです。

 

今までどの湖で開催されるのか、などは

まったく公表されずミステリーレイク形式?

なトーナメントでした。

 

今回はJB TOP5最終戦からバサーオール

スタークラシック、そして今回のエリート5と

3週連続で霞ヶ浦水系での試合が続いた

形ですね。

スポンサーリンク

完全復活

 

エリート5表彰台

↑写真はご本人のFBからお借りしました

 

初日僅差の2位から逆転したようです。

今回の出場選手は成績順に、

1北大祐

2五十嵐誠

3小森嗣彦

4青木大介

5関和学

(敬称略)

となってました。

 

この中で関和選手以外の4名は先週の

オールスタークラシックにも出場してました

から3週連続の試合という事になりますね。

 

その中で、本来であればオールスターに

出てるはずの関和選手ですが、昨年の

試合で右足を粉砕骨折という大怪我に

見舞われる事に。

 

それまで好調を維持していたシーズンを

棒に振る事になってしまいます。

 

スポンサーリンク

壮絶なリハビリの

 

それでもご本人のブログでは悲痛な思い

を押し殺してファンに向けてメッセージを

発信し続けてました。

 

そしてそのブログでしか知りえませんが、

壮絶なリハビリとの戦い。

 

ご本人曰く、毎回意識を失うレベルの

激痛だとか。

 

怪我の後の2015シーズン、

そしてオフの間に復活を信じ続けてきた

リハビリの効果が実り見事トーナメントに

復帰。

 

その2016シーズンは好調を維持して

総合5位まで順位をあげました。

 

第4戦の桧原湖戦では4位お立ち台。

ここは去年大怪我を負った因縁の会場

でもありました。

 

過去の怨念?を断ち切るべく挑んだその

試合でお立ち台に立つあたりは想像を

絶する精神的タフさが必要だったでしょう。

 

絶対に復活するという強烈な意思の元

見事な復活を果たされました。

 

そして今回のクライマックスエリート5優勝。

 

本当におめでとうございます。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表