【宮城アングラーズヴィレッジ】の足元カバー撃ち

管理釣り場【宮城アングラーズヴィレッジ

を始めて体験したという記事の続きです。

 

前回は沖のフローティングカバーにスモラバ

を背負わせる釣りを書きました。

 

で、今回はちょっと視点を変えた釣りを

紹介したいと思います。

 

まあ誰にでも出来る釣りなので、公開した

時点でもう終わってるとは思いますが(笑。

 

いろいろ実験

 

宮城アングラーズヴィレッジ

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

ファーストキャストから3連続でキャッチして

そのあとも小刻みに移動しながら、

同じように釣っていきました。

 

宮城アングラーズヴィレッジフィッシュ

 

まあ、パターンは一つ掴んだので、いろいろ

と実験してみます。岸にいるヤツをサイトで

狙ってみたりしましたが。

 

どれに反応するのか、あるいは反応しない

のか、まったく食わせられません(汗っ。

 

しかも岸にいる魚体はキズだらけの真っ白

で、身動きしないヤツなんですよね。

 

これは死に掛けてるのかもしれません。

 

沖でスモラバに食ってくるヤツはキレイな

魚体で良く引いて元気があります。

 

これは狙ってもしょうがないのかな?と思って

たら理由がわかりました。

 

スタッフさんが魚の活性を上げて釣りやすく

するための粉エサのようなものを巻くんですが

それを巻いた時だけ動いて捕食してました。

 

つまり、弱り過ぎてそれ以外のエサを捕る

体力は無いヤツなんでしょうね。

 

あまりに可哀想なので、狙うのは完全に

止めました。

 

足元のカバー

 

さて、ここからはサイズアップを狙ってみるの

ですが、沖で釣れるヤツは狙いどころが

良くわかりません。

 

健康でキレイな良い魚体も釣れるのですが、

沖の中層をフワフワと漂わせる系の釣りは

ちょっと苦手なもんで(汗っ。

 

沖の中層一点シェイクの他に、違う釣りで

捕りたいと思って目を付けたのは足元。

 

激浅なんですが、釣りの法則にある

深いエリアの浅いところ、浅いエリアの

深いところ」という事で(笑。

 

やや深くなっているところに絡むリーズ系の

カバーの中にスモラバを入れ込んでやると

普通に釣れるんですよ。

 

これもなぜか誰もやらないんですよね(笑。

 

でも、サイズもコンディションも明らかに

良いんですよ。

 

これは本当に足元で、6.3フィートのロッド

で、垂らしもロッド1本分無いくらいの長さ

でやりました(笑。

 

さて、こいつらはなぜここにいるのか?

 

 

体力のあるヤツが良い場所を陣取る

 

ここにもっと沢山通って色々と観察すれば

もっとわかるんでしょうけど、今はあくまでも

仮定でしかないのですが。

 

この規模のフィールドですからバスの居場所

はある程度決まってるのかもしれません。

 

事実この日足元で釣れた場所は大体

限られてるんですよ。

 

箱を一周する間に5、6箇所で決まって

釣れる感じでした。

 

つまり、同じ場所に次々とバスが入って

くる感じでしたね。

 

そして釣れるやつはどれもキレイで健康な

やつでした。

 

腹がパンパンで、良く食ってるだろうな、

と思える固体ばかり。

 

でも、岸際の何もないところには細くて

キズだらけのヤツがジッと動かずに見える

んですよ。

 

これはやはり、何らかのエサを取りやすく

身を隠せる良い場所を強い固体が占領

してるんでしょうね。

 

バスにも個性や性格があって、釣られる

ヤツは何回でも釣られてしまうので、

ドンドン弱っていくという。

 

釣られないヤツはうまくエサを捕って体力を

温存してるんだと思います。

 

超接近戦のカバー撃ち

 

でもこれって、普段亀山湖でやっている

超接近戦のカバー撃ちのオカッパリ版

だなぁ、と思いました(笑。

 

むしろ船でやるより簡単で、気をつければ

完全にステルスチックに近づけますから。

 

おそらくバスはこちらの姿が見えないので、

圧倒的に釣り人優位なんですよ。

 

釣り人優位

 

野池などの経験がある人ならわかると思い

ますが、あえて岸から離れたところから

アプローチする事ってありますよね。

 

それと同じで、管理釣り場でも岸際に

良い魚が潜んでるんですよ。

 

まさに灯台元暮らし(笑。

 

人口的なリーズのカバーにも魚が付くん

ですが、そこはその下がオープンなんですよ。

 

もしもエビ系のえさを捕食してるとしたら、

そこには一時的にしか寄らないでしょうね。

 

エビなどの甲殻類を捕食するなら、土底で

ボトムから植物が群生してるところが良い

のはわかります。

 

そこのアウト側では全くアタリがなく、むしろ

岸べったりの方でバイトが集中しましたね。

 

岸べったり

 

ワーム単体ではアタリなし

 

ここでさらなる実験として、スモラバでは無く

ワーム単体ならどうなんだろう?と。

 

という訳で、超ライトテキサスをリグって

試してみました。

 

それがまったくバイトが出ないんですよ(笑。

 

いや、これには笑いましたね。

 

もう気持ち良いくらい反応がなくなって、

ルアーでこんなに変わるものかとビックリ

でした。

 

今回は時間がなくて、このあと暗くなって

しまったので、ストップフィッシングになって

しまったんですよ。

 

なので、スモラバに戻したら再びアタリが

出たのかは検証できませんでした。

 

でもおそらくあれだけ釣れたんですから、

またポロポロ釣れたでしょうね。

 

なるほど、ノーシンカーワッキーとかには

全然反応がないので誰もやらなかったの

でしょうかね。

 

中には釣れた人もいたとは思いますが、

こんなに早いペースで魚が入ってくるとは

考えなかったのかもしれません。

 

やはり甲殻類を捕食している体力のある

固体がルアーをセレクトして食ってくる、

というパターンで合ってると思います。

 

甲殻類を食ってる魚

 

釣れ方はホントにイージーで、どれも

ガッポリ食ってきましたから。

 

それほど大きくないけど楽しい

 

こうやってパターンを見つけるのは例え

魚がいるとわかっている管理釣り場でも

楽しいですね。

 

サイズはせいぜい40くらいまでですが、

超小さいのも釣れませんでしたし。

 

抜き上げ

 

平均して30センチ前後といったところで

しょうか。

 

この日は本当に気楽に、でも真剣に手を

抜いて楽しめました。

 

利き手にロッドを持って、左手には荷物か

もう1本ロッドを持って歩いたんですよ。

 

フッキングから抜き上げまでを完全に片手で

行ってたので、たまに手がコキってなって

ましたね(笑。

 

不真面目に、でも本気でふざけるのは

勉強になりました。

 

たまには管釣りも良いですね。

 

また来年行きたいな。

 

この日の使用タックル

 

ロッド:WILD SIDE WSC63M

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド レジットデザイン ワイルドサイド WSC 63M
by カエレバ

リール:SHIMANO12アルデバラン BFS

 

ライン:SHIMANOセフィアG5 1号

シマノ ライン Sephia G5 PE 150m PL-E55N 5C 0.6
by カエレバ

ルアー:ティムコ ベイトフィネスジグファイン2.7g

ティムコ(TIEMCO) PDLベイトフィネスジグファイン 012 スモークタイガー 2.7g
by カエレバ

トレーラー:フラッシュユニオン アバカスシャッド2.8

FLASH UNION(フラッシュユニオン) ルアー アバカスシャッド 2.8インチ #016テナガエビ
by カエレバ

他の管理釣り場釣行記はこちら↓

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表