ラインの結び目の残り糸ってどうしてます?

ナイロンの30ポンドの結び目って

結構デカいんですよね(笑。

 

で、

テキサスをリグるとラインの結び目から

余り糸が出てると気になります。

 

なので根元からカットしちゃうんですけど、

トルクをかけた時に抜けちゃわないか

気になったりもするんですよね(汗っ。

 

他の方はそのあたりどうしてるのかな?

 

根元からカットする派?

 

根元からカット

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

自分のメインスタイルはカバーテキサスの

フリッピングなんですが、リグを作る時に

気になる事があるんです。

 

ラインをカットした後の残り糸って

どのくらい残してます?

 

自分は根元までカットしてしまうんですよ。

 

でも、

厳密には根元から1.5mmくらいは

残すんですけどね(笑。

 

やはりスッポ抜けが怖いんですよ。

 

でも、テキサスの場合は必ず

ビーズをかませるんですが、それと余り糸が

バランス悪いような気もして(笑。

 

水に入ってしまえば、ほとんど

関係ないレベルだとは

思うんですけどね。

 

ハングマンズノット

 

ハングマンズノット

 

フリッピングを始めた頃はフロロを

使ってたんですよ。

 

たしか12ポンドくらい(笑。

 

で、ブチブチ切られてましたね。

 

それから段々強くしていったんですが、

フロロの20ポンドとか、

とても使えませんでした。

 

今から10年以上前なので、

当時のフロロが硬かったのかも

しれません(笑。

 

あとは当時の亀山湖のロコに

すごく釣るヤツがいて、

太いナイロンを使ってたんですよね。

 

これは何かあるんじゃないか?

と思ってマネしてナイロンの25ポンドを

使ってみたのが最初でした。

 

たしかDUELの「X-TEX コブラ」

というヤツ。

 

フロロの芯にナイロンをコーティングした

ハイブリッドラインという謳い文句

だったように記憶してます。

 

で、

それがすごく使いやすかったんですよ。

 

ただ、今度は

スッポ抜けが頻発したんですね。

 

その時はユニノットで結んでたんです(笑。

 

結び目から余り糸を一センチくらい

出してもスッポ抜けたんですよね。

 

なので、いろいろ調べましたね。

 

そこで、「アメリカのバスプロの半数は

ハングマンズノットを採用してる」、

という記事を見たんですよ。

 

ハングマンズノット

 

試してみたら、そこからスッポ抜けは

今まで一度もありませんね。

 

絶対的に信用してるノットになりました。

 

長くなりましたが、それから

ナイロンの30ポンドの結び目は

根元からカットするようになったんです。

 

ハードルアーは数ミリ残す

 

ただし、これはテキサスに限った話で、

ハードルアーなんかは3mm程

残しますね。

(あまりやらないですが)

 

ハードルアー

 

特に意味はないんですが、

何となく(笑。

 

でも、小さいシャッドとかの場合

泳ぎに影響ってでるのかな?

 

まあ、ラインも細いから

そこまで影響なさそうですけどね。

 

ハードルアーじゃないけど、

ラバージグも数ミリ残しますね。

 

ラバージグ結び目

 

スッポ抜けがどうこうよりも

結んで終わり、というルアーだから

意味なく残してしまう(笑。

 

シンカーやビーズが干渉しない、

とういのが気持ち的にあるし。

 

考えてみたら、シンカーが誘導式って

テキサスとキャロくらいのもんかな?

 

エスケープリトルツインテキサスリグ

 

ほとんど影響しなくても、

なんか結び目からラインを残したく

ないんですよね。(笑。

 

1センチでも気にしない?

 

何の記事だか忘れてしまいましたが。

 

あるバスプロの方は結び目から

残ったラインは1センチあっても

気にしないそうです(笑。

 

1mmじゃなくて、1センチですよ。

 

つまり10mm。

あたりまえですが。

 

↓1センチってこんな感じ(笑。

20161006_091507

 

でも関係なく釣れるんだそうです。

 

それを聞くと、何ミリ残すとか

どうでも良いと思えてしまいますね(汗っ。

 

結び目の根元からカットしたくて、

ラインニッパーは色々使いました。

 

良くあるラインカッターから、

今ではちょっと高級なラインニッパーまで。

 

ハサミタイプは根元から切れないので

あまり使わないですが、

PEラインには使う事ありますね。

 

でも、この前買ったラインニッパーが

細いPEラインもスパっと切れるヤツなんで。

 

元々根元から切れなかったから

カットした後に

ラインが余ってたんですよね。

 

それが、今は逆に根元から

キレイに切れるようになって、

心配になってきちゃいました(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

2 件のコメント

  • 自分はほとんどパロマーノットです。
    結び方簡単で結束強度もあります。

    他は漁師結びを使いますね。

    ヒゲの長さはあんまり気にした事ないですー。

    • 確かにパロマーノットが最強という説がありますよね。ただ、結束強度にバラつきが出やすい、という話もありますよね(汗っ。
      でも、結局結びなれた方法がその人にとって一番かもしれないですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です